【無料】DJIフライトシミュレーターで実機環境でドローンの飛行練習を体験【超リアル】

ドローン

無料で使えるドローンのフライトシミュレーターをお探しの方向け。

 

ドローンのトップメーカー「DJI」から、実機環境でドローンの飛行練習を体験できる、無料から使える本格フライトシミュレーターがあります。

実機さながらのリアルなグラフィックで、ドローンの挙動も実機に近く、実際の送信機にも対応しているため、ドローンの操縦を練習できます。

この記事では、無料から使える本格フライトシミュレーター「DJIフライトシミュレーター」を紹介します。

 

なお、iPhoneアプリで使えるフライトシミュレーターをお探しの方は、以下の記事をどうぞ。

iPhoneアプリでドローンの操縦練習ができる!ドローンシミュレーター4選
ドローンに興味があるけど、飛ばすのが難しそうだからシミュレーションアプリで練習してみたいよ。 ドローンを買ったけどなかなか操作に慣れないよ。スマートフォンアプリで練習できるシミュレーションアプリとかあるかな? 実際のドローンに...
スポンサーリンク

実機環境でドローンの飛行練習ができるDJIフライトシミュレーター

DJI – Introducing DJI Flight Simulator

DJIフライトシミュレーターは、パソコン(Windows 10)専用の本格フライトシミュレーターで、実際の送信器を接続して、フライトシミュレーションができます。

公式サイト:DJIフライトシミュレーター

 

これから200g以上のドローンの購入を検討している方はもちろん、すでにドローンをお持ちの方の練習にもおすすめです。

 

DJIフライトシミュレーターの推奨環境
  • 推奨インストール要件:GeForce GTX 1060 グラフィックスカード搭載のWindows 10
  • 対応送信機:Phantomシリーズ、Mavic Air/接続ケーブルはmicroUSB(micro B to USB Aメス)が必要

 

DJIフライトシミュレーターでできること

DJIのフライトシミュレーターの特徴は3つあります。

  • 3種類のフライトモード
  • 様々な視点切り替え
  • 包括的な物理演算エンジン

上記のとおりです。

3種類のフライトモード

DJIのフライトシミュレーターは、3種類のフライトモードで練習することができます。

  • Pモード:GPS受信状況下でのフライト
  • Aモード:ATTI(手動操縦)
  • Sモード:スポーツモードで最大速度で飛行可能

様々な視点切り替え

FPV(First Person View:1人称視点)で操縦できることはもちろん、操縦者の立ち位置からの視点など、様々な視点から操縦切り替えができます。

包括的な物理演算エンジン

ドローンは機体が軽いため、風の影響をもろに受けます。

地上と上空では風の強さが異なりますし、風の強さによってはドローンが風に流されたりしますので、海や山、崖などの複雑な地形では風の流れが複雑で、とっさの操縦判断が必要とされます。

こうした地形による影響を包括的な物理演算エンジンにより、リアルに体験することができます。

 

DJIフライトシミュレーターで練習できるドローン

DJIフライトシミュレーターで練習できるドローンは、以下の機体から選択する事ができます。

  • Mavicシリーズ(AIR、PRO、ZOOM、Enterprise)
  • Spark シリーズ
  • Phantomシリーズ
  • Inspireシリーズ
  • Matrice 200シリーズ

機体は一般コンシューマー向けのドローンから、産業用ドローンのマトリスシリーズまで、DJIの主要ドローンで飛行練習をする事ができます。

 

DJIフライトシミュレーターを使う手順

DJIフライトシミュレーターの利用手順を解説します。

  • 手順①:インストールファイルのダウンロード
  • 手順②:アカウントの作成
  • 手順③:ソフトウェアのインストール

上記のとおりです。

手順①:インストールファイルのダウンロード

まずはDJIの公式サイトにアクセスし、インストールファイルをダウンロードします。

以下のリンクをクリックして、DJIの公式サイトに移動して下さい。

公式サイト:DJIフライトシミュレーター

公式サイトのトップページが表示されますので、画面下までスクロールします。

一番下までスクロールすると、下図のような画面が出現しますので、無料トライアル版の「ダウンロード」をクリックします。

インストールファイルをダウンロードしますので、ダブルクリックしてインストールして下さい。

ソフトをインストールして、下図のような画面が立ち上がったらインストール完了です。

手順②:アカウントの作成

続いてアカウントの作成を行います。

ソフトをインストールするとログインを求められますが、初めての方はアカウントが無いと思いますのでアカウントを作成しましょう。

赤枠内の「Register」をクリックします。

ブラウザが立ち上がりますので、必要事項を入力します。

①メールアドレスとパスワードを入力し、②ロボットではないという事にチェックを入れ、③規約の同意にチェック入れて、④「SUBMIT」をクリックします。

下図のアカウント画面が表示されますが、この段階では仮登録なので、メールボックスを確認してください。

仮登録時に入力したメールアドレスを確認すると、認証メールが届いていますので、赤枠内の「here」をクリックします。

以上でアカウントの本登録は完了となります。

シミュレーターに戻り、作成したアカウントでログインして下さい。

手順③:ソフトウェアのインストール

DJIフライトシミュレーターにログインすると、さらなるソフトウェアのインストールを求められます。

画面左下にある「INSTALL」をクリックします。

2.53GBのファイルをダウンロードするので、しばらく待ちます。

インストールしたら完了です。

「START」をクリックするとDJIフライトシミュレーターが起動し、機体の選択画面が表示されます。

パソコンのスペックが低いと殆ど動きません。ある程度のスペックは必要となりますのでご注意ください。

 

まとめ

以上、超リアルなドローンの飛行練習ができる「DJIフライトシミュレーター」を紹介しました。

DJIフライトシミュレーターはグラフィックが綺麗なのはもちろん、ドローンの挙動が実機に近い程リアルですので、200g以上のドローンの購入を検討している方は、ドローンを購入する前にDJIフライトシミュレーターで飛行練習をしておきましょう。

 

参考までに、200g未満でも本格フライトを楽しめるドローンを以下の記事で紹介しています。少しでも興味がありましたらぜひ参考にして下さい。

【2020年】200g未満のおすすめドローン4選!初心者でも本格フライトが楽しめる機体を紹介
200g未満のおすすめのドローンをお探しの方向け。 改正航空法の規制を受けない200g未満のドローンで、室内で飛ばすような小さなドローンではなく、本格的なドローンを購入する前の練習用になるような性能の良いドローンをお探しですか? ネット...

 

また、ドローンではありませんが、DJIのスマホ用ジンバルOSMO MOBILE 3 に少しでも興味がありましたら、以下の記事をどうぞ。

【DJI Osmo Mobile 3 Comboレビュー】スマホ動画撮影の手ぶれはジンバルで解消!
「DJI OSMO MOBILE 3」の情報をお探しの方向け。 スマホ用ジンバル「DJI OSMO MOBILE 3」に興味があるけど、本当に手ぶれのない動画を撮影できるのかな? 興味はあるけど、購入して微妙だったら嫌だから、購...
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました