【RPA】UiPath(ユーアイパス)なら無料でツールを使えます【条件あり】

RPAツール

様々なRPAツールがありますが、いずれも高額で「ちょっと試してみよう」と気軽に導入するには結構ハードルが高いです。

そこで、試用期間のあるRPAツールが無いか調べていたところ、条件次第では無料で使う事ができるRPAツールがあったので、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

UiPathなら条件付きではあるが、無料で使うことができる

UiPath(ユーアイパス)社が提供しているRPAツール「UiPath」なら、無料で使う事ができます。

UiPath(ユーアイパス)

RPA ロボティック・プロセス・オートメーション | UiPath
UiPathは、RPAプラットフォームのグローバルリーディングカンパニーです。RPAやAIによる業務自動化や働き方改革、お客様満足度の向上、すべての人がロボットと働く未来を実現します。

UiPathは、定型業務を自動化するためのロボットを作成するRPAツールです。ロボット作成にあたり、プログラミングの知識は必要としません。

Actibity(アクティビティ)と呼ばれる個々の動作をドラッグ&ドロップで指定し、個々の動作をフロー化することでロボットを作成していきます。

アクサダイレクト、三井住友銀行、ワーナーブラザーズ、モーニングスター、hp、HUAWEI、電通など、大手企業の導入実績があります。

参考リンク:UiPath株式会社、会社説明資料参照

コミュニティエディションなら無料で使える

UiPathには「Community Edition(コミュニティエディション)」というライセンス形態があり、こちらのバージョンであれば無料で使う事ができます(無料体験という位置づけですね)。

UiPath RPA Platform無料評価版 Studio&Cloud | UiPath
無料でUiPath RPA Platformを試しましょう。お客様の環境に応じて、クラウド版・オンプレミス版を選択いただけます。

ただし、無料で使用するは条件があります

コミュニティエディションを使用するには条件があり、下記の条件のいずれかに該当すれば、UiPathを無料で使用する事ができます。

  • 売上が100万ドル未満かつ端末数が250台未満の小規模事業者(個人含む)
  • 非営利団体
  • 教育、若しくは研究機関

年商1億円以上の企業がUiPathを利用する場合は無料体験版(60日の評価版)を試用することになります。

無料体験版はトップメニューにある「トライアルを始める」から申込できます。

 

UiPathのインストールまでの流れ

それでは早速、UiPathをインストールしてみたいと思います。

UiPathのダウンロード

まずはコミュニティエディションのページに移動して、UiPathをダウンロードします。

UiPath RPA Platform無料評価版 Studio&Cloud | UiPath
無料でUiPath RPA Platformを試しましょう。お客様の環境に応じて、クラウド版・オンプレミス版を選択いただけます。

画面の一番下まで移動すると、「COMMUNITYエディションのダウンロード」という出現しますので、こちらをクリックします。

①名前とメールアドレスの入力を求められます(ツィッターアカウントの入力は任意)ので、②入力後に「COMMUNITYエディションのダウンロード」をクリックします。

登録時に入力されるメールアドレスの注意点
UiPathは一定期間ごとライセンスの再認証が必要となるため、認証をパスしないと、UiPathを継続して使うことができなくなります。

そのため、捨てアド(使い捨てのメールアドレス)等を使用して登録した場合、新たにアカウントを作り直すことになる可能性もあるので、よく使うメールアドレスで登録することをおすすめします。

登録が完了すると、UiPathのダウンロード画面に移動します。

画面中央にある「こちらからダウンロード」をクリックするとUiPathをダウンロードできます。

確認メールにもダウンロードリンクがありますので、どちらかでダウンロードして下さい。

ダウンロードボタンをクリックするとウィンドウが立ち上がりますので、「保存」を押してダウンロードして下さい。

UiPathのインストール

ダウンロードしましたら、UiPathをインストールします。

UiPathのアイコンをダブルクリックし、インストールウィザードを立ち上げます。

UiPathの設定画面が立ち上がりますので、「Start Free」をクリックします。

登録時に入力したメールアドレスの入力を求められますので、①メールアドレスを入力し、②「Activate」をクリックして下さい。

Activateが完了するとブラウザが立ち上がり下記画面が表示されます。これで、UiPathのインストールは完了です。

UiPathのインターフェース

UiPathのインターフェースは英語です。英語が苦手な方はとっつきにくい印象を受けるかもしれませんが、日本語マニュアルや動画マニュアルが用意されていますので、マニュアルを見ればある程度は使えるようになると思います。

マニュアルはトップページに案内があります。
https://www.uipath.com/ja/

4つのプロジェクトの中から選択できます

ロボットを作る時は、4つのプロジェクトの中から選択してロボットを作っていきます。

Brank空のプロジェクトを作成します。
Simple Process簡単なフローチャートのテンプレートが用意されており、フローチャートを使用してプロジェクトを作成します。
Agent Process Improvementマウスクリックやキー入力の動作を覚えさせたり、レコーディング機能を使って、プロジェクトを作成します。
Robotic Enterprise Framework工数の多いプロジェクトを作成する場合に使用します。エラー発生時の処理や初期化設定など、業務で使用するような処理が用意されています。

試しに何か作ってみたいのですが、パッと思いつく定型業務が出てこないので、実際の使い方については次回ご紹介したいと思います。

 

まとめ

以上、無料で使用できるRPAツール「UiPath」の紹介と、UiPathの入手方法について解説しました。

RPAツールの多くは高額ですが、「UiPath」なら無料から利用できますので、RPAに興味をお持ちの方は、是非、「UiPath」をお試しください。

【RPA】UiPath(ユーアイパス)が最新バージョンでは日本語対応
無料で使えるRPAツールの「Uipath」を使ってみたいけど、インターフェースが英語だから気軽に使えないな。 日本語化されれば気軽に触れるけど、英語が苦手だから触れないよ。 無料で使える(条件あり...
【UiPath】メルマガの配信作業をRPAで自動化する手順を解説【アスメル】
「メールマガジンを書く」のは誰にも任せることなく全て自分で執筆してきましたが、配信作業はルーチンワークなので、外注さんに原稿を渡し、後の配信作業に全て外注さんにお任せしていました。 執筆した原稿はチャットワークで外注さんに渡して、「お願い...
【RPA】UiPathでデータスクレイピング(Webページ情報を自動収集)【悪用厳禁】
データスクレイピングができるWebツールはいろいろありますが、RPAツール「UiPath」を使えばWebツールを使わずに、検索結果の収集や、Webサイトから直接情報を収集することができます。 この記事では、RPAツール「UiPath」を使...

 

人気記事【無料あり】オンラインプログラミングスクールおすすめ3選【通学不要】

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました