【WordPress】固定ページの使い方【パーマリンクや階層の設定】

【WordPress】固定ページの使い方【パーマリンクや階層の設定】WordPress

WordPressで固定ページの使い方を知りたい方向け。

WordPressでHTMLページのような静的ページを作る場合、固定ページを使ってページを作成します。

この記事では、固定ページの使い方について解説します。

 

本記事では、旧エディタによる固定ページの使い方を解説しますので、新エディタ「グーテンベルク」の使い方をお探しの方は、「WordPressの新エディタ「Gutenberg(グーテンベルク)」の使い方を解説。」をどうぞ。

スポンサーリンク

WordPressの固定ページで作成するページ

WordPressの固定ページで作成するページは、「【Webサイト】ページ構成(サイトマップ)の考え方を解説【サンプルあり】」でも解説しているとおり、更新の必要がほとんど無いページを作成する時に使います。

例えば、以下のようなページは更新するような事が殆どありません。

  • 会社案内
  • 事業内容
  • お問い合わせ
  • 個人情報保護方針

このようなページは固定ページを使って作成します。

 

WordPressの固定ページの使い方

固定ページの使い方を5つ解説します。

  • 固定ページで新しいページを作成する方法
  • 固定ページのパーマリンクを編集する方法
  • 固定ページで親子関係を作る方法【階層】
  • 固定ページにアイキャッチ画像を設定する方法
  • 固定ページをパスワード保護する方法

上記のとおりです。

固定ページで新しいページを作成する方法

固定ページで新しいページを作成する方法を解説します。

ダッシュボード>固定ページ>新規追加 を選択します。

下図の画面が表示されますので、①ページのタイトルを入力して、②本文を記載し、⑤「公開」をクリックするとページを追加することができます。

各番号の詳細は次のとおりです。

  1. ページのタイトル
  2. ページ本文
  3. 下書として保存(編集途中なので第三者に見られたくない場合はここをクリックします。)
  4. プレビュー(どのように表示されるかをチェックできます。)
  5. 公開(ページが公開されます)

その他の機能については後ほど解説します。ひとまず基本的な5つだけは抑えるようにしましょう。

固定ページのパーマリンクを編集する

固定ページにタイトル・本文のいずれかを入力して数秒待つか、「下書きとして保存」をクリックすると、本文の下にパーマリンクが表示されます。

例えば、タイトルに「会社案内」と入力する、パーマリンクも日本語で「会社案内」と表記されます。

これはこのまま保存せずに、半角英数字に変更してから保存するようにしましょう。

日本語表記のままにしておくと様々なエラーを引き起こす原因にもなりますし、検索エンジン対策上あまり好ましくありませんので、面倒でも半角英数字に変更しましょう。

編集ボタンを押すと簡単に変更できます。

パーマリンクを英語表記に変更する具体的な理由については「【SEO】URLは日本語表記と英語表記(半角英字)どちらがSEOで有利?」をどうぞ。

固定ページのパーマリンクに「-2」と付いてしまう時の原因

パーマリンクを編集していると、パーマリンクの最後に自動で「-2」というような数字が付け足されてしまうことがあります。

原因と対処法は「【WordPress】パーマリンクに自動で「-2」が付く原因と対処法を解説」をどうぞ。

固定ページで親子関係を作る方法【階層】

固定ページでは、親子関係、つまりページの階層を作る事ができます。

親子関係の具体的なイメージは下図のとおりです。

上記の例では、会社案内という親ページの下に、代表挨拶やアクセス情報といった子ページがある、という事になります。

親子関係の設定方法

親子関係を作る方法は非常に簡単で、右側にある「固定ページの属性」というメニューで親を選択するだけ設定できます。

固定ページにアイキャッチ画像を設定する方法

固定ページにアイキャッチ画像を設定する方法は、「【WordPress】ページ内に画像やアイキャッチを挿入する方法【固定ページ・投稿共通】」をどうぞ。

固定ページをパスワード保護する方法

固定ページをパスワード保護する方法は「WordPressでサイト全体・ページ単位をパスワードで保護する方法」をどうぞ。

 

固定ページの追加機能【Lightningテーマ】

Lightningテーマをインストールしている方向け

Lightningテーマをインストールすると、固定ページに様々な機能が追加されます。

  • ①VK_ExUnitソーシャルボタン:固定ページにソーシャルボタン(SNSボタン)を表示させたくない場合、チェックを入れると表示されません。
  • ②アイキャッチ画像:アイキャッチ画像を設定できます。詳しくは「固定ページでアイキャッチ画像を設定する方法」をどうぞ。
  • ③挿入アイテムの設定
    • 子ページ一覧の表示:子ページ一覧をボックス形式で表示させる事ができます。
    • 現在のページの先祖階層からの子ページリストを表示:親子関係のあるページをリスト表示させる事ができます。
    • お問い合わせ情報の表示:チェックを入れると、ページの下部にお問い合わせ情報を表示させる事ができます。
    • HTMLサイトマップの表示:チェックを入れるだけでサイトマップを出力できます。
  • ④メタキーワード:固定ページにメタキーワードを追加できます。
  • ⑤OGPタイトル:OGPを設定しておくと、URLがSNS等で共有された際、設定したタイトルを表示することができ、ユーザーに内容を伝えることができます。
  • ⑥CTA設定:ページの下部にCTAを設定できます。詳しくは「【WordPress】LightningテーマのCTAを設置する方法【成約率アップ】」をどうぞ。
  • ⑦アイキャッチ自動挿入:チェックを入れると、アイキャッチ画像を挿入した際、固定ページ上部にフルサイズで自動的に表示されます。

 

まとめ

以上、WordPressの固定ページの使い方を解説しました。

色々な機能があり、迷うかもしれませんが、最初のうちはタイトルと本文ぐらいしか使わないと思いますので、操作に慣れてきたら色々な機能を試してみましょう。

 

 

人気記事【無料あり】オンラインプログラミングスクールおすすめ3選【通学不要】

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました