不労所得を得るにはどうしたらよいか?(ほったらかしで稼ぐ)

ノマドワーカーのみならず、誰もが「不労」「片手間」「ほったらかし」で収入を得たいと考えていると思います。これが実現できれば、損得勘定を考える必要が無く、面白いビジネスや、自分の好きなビジネスに集中できるようになります。

そんな誰もが憧れる「ほったらかしで稼ぐ」という事について、説明していきたいと思います。

最終的にはここを目指した方が良いのです。

ただ、最初から目指さない方が良いですし、最初から実現するのは非常に難しいです。

というのも、実力が無いとほったらかしで稼ぐ事は出来ないので、まずは実力をつけていく必要があります。

ほったらかし半減の法則

ほったらかしを実現させるには、

  • DRMの全ての自動化(集客、教育、販売)
  • ツール(ステップメール等)
  • サイトの強化
  • 自動化ツール

上記4つを使う事により、実現可能となります。

しかし、これらは、実力が半減して反映されるという注意点があります。その理由は、自動化した際、時事ネタを織り込むことが非常に難しく、感情的価値が少なくなってしまうからです。

感情的価値、つまり、同じことに興味を持っている人や、同じ出身地の人、若しくは共通のものがある場合等、人は、共感できるものがあると感情的価値が上がる傾向にあります。

また、共感の例として、昨日ニュースになった記事や、話題になった話をメルマガのネタにした場合、反応を得やすい傾向があります。なぜなら、みんなが興味ある事なので、反応を取りやすいです。しかし、自動化すると、こうした事ができなくなるので、必然的に反応が取り難くなります。

ですから、ひたすら自分の腕を磨くことに注力する必要があるのです。

具体的な方法論として

  • 仕事をマニュアル化して人にやってもらう。
  • 仕事をシステムに任せてシステムにやってもらう。
    (今あなたに説明しているのも、斉藤本人でなく、斉藤がサイトというシステムを活用して公開しています)

これらをきちんと構築する事により、「不労」「片手間」「ほったらかし」は実現可能となります。

「不労」「片手間」「ほったらかしを実現させるために

ビジネスが仕組化されるまでは、ひたすら腕を磨き、ひたすら面白い生活をする。そうすると、実力の半分しか出さなくても、ライバルに打ち勝つことができるようになります。

ですから、この状態に、自分の実力やライフスタイルを持っていく事で、「不労」「片手間」「ほったらかし」というものが、本当の意味で実現できる事になります。

「不労」「片手間」「ほったらかし」は私も目指していますし、最終的には辿り着きたいと常に考えています。ですので、私と共に、是非、目指していきましょう!

ノマドになるためのノウハウを無料で公開

初期投資ゼロ!ネットビジネス初心者でもパソコン1台だけで収入を得る方法を無料で公開!
このノウハウをキチンとマスターして実践する事により、時間に縛られることなく、自由なライフスタイルを実現できます。1日1時間、毎日継続するだけで実現できる、最短で稼ぐ方法とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする