起業家のお金の使い方

「起業家のお金の使い方」とタイトルを記載していますが、私が過去にやってきた「お金の使い方」を元に、説明していきたいと思います。

プロフィールにも書いていますが、私は金銭的に余裕の無い、追い詰められた状態からビジネスをスタートしました。

金が無い状態でビジネスをはじめた訳ですが、独立したいという方から相談を受けると「お金が無いからビジネスを始める事が出来ない」という言い訳をされる事が非常に多いです。でも、私からしたらそれはナンセンスな話で、お金が無いからこそ、ビジネスを始めた方が良いと思うのです。

大きなお金が無くてもビジネスをスタートできますし、まったくお金が無い状態でビジネスを始めた人でも、頑張る人、結果を出す人というのが多いのですが、そのような方は、お金の使い方に特徴があります。

今回は、お金持ちになっていく人の特徴について、説明していきたいと思います。

あなたの収入は?

会社・アルバイトの収入、ビジネスからの収入を合計した金額があなたの月収入になります。

この月収入から生活に必要なお金や経費を差し引いたものが、プラスマイナスゼロ、若しくはマイナスにならない程度に生活されていると思います。

上手くいかない人、貧乏になる人の特徴

上手くいかない人や、貧乏になっていく人の特徴の一つに、「自分の収入から出ていくお金について、あまり考えていない」という事があげられます。無駄遣いは論外ですが、無駄遣いもせず、倹約している人でも同じことが言えます。

どういうことかといいますと、倹約している人でも、自分が払ったお金がどのような性格・性質のものであるかという事を知らないのです。知らないからこそ、効率の悪い倹約をしてしまい、結果的に、苦しんでしまい、お金に苦労してしまうのです。

きちんとした知識があれば、そこまで苦しい思いをする必要は無くなります。

財布から出費していくお金

財布から出ていくお金は、様々な分析方法がありますが、今回は固定費と変動費の2つに分けて説明します。

固定費
家賃、通信費、ローン(車、家)等、毎月の支払額が決まっている費用を固定費といいます。

変動費
水道光熱費(季節によって変動します)、レジャー費、被服費、飲み代等、毎月の支払額が決まっていない費用を変動費といいます。

ビジネスをスタートする際、殆どの場合で、お金が無いところからビジネスをはじめる事になるのですが、ビジネスを始めるための最初の資金はどうしても必要になります(多くは必要としませんが)。

しかし、お金が無い場合はどうやって最初の資金を捻出したらよいのでしょうか。

起業家のお金の使い方

私たちは、お金が無い中、どうやって最初の資金を捻出したのかというと、最初に、固定費を削減するところから着手しました。そして、削減された中から毎月一定額を自己投資し続けたのです。

ここが、上手くいく人とうまくいかない人の大きな分岐点となります。

殆どの方が、節約してお金を捻出しようと考えた場合、変動費を削ろうとします。水道を小まめに止めたり蛇口を絞ってみたり、新しい洋服を買うのを我慢したり、外食を減らしたり等、もちろん、これらも有効な策ではあります。私もこのような節約をしていた時期がありました。

しかし、最も効果が高い削減方法は、固定費を減らす事なのです。

毎月決まっている支払いをいかに減らす事が出来るか?という事が、お金が無い中でも一定のお金を捻出し、そして毎月一定額を自己投資し続け、お金を新たに生み出す力をつける事ができるようになるのです。

変動費は文字通り変動しますから、一定額を投資し続ける事が非常に難しいです。しかし、固定費であれば、毎月金額が決められていますので、削減もしやすく、一定額を投資しやすいです。ですから、固定費を見直した方が良いのです。

固定費の削減に着手し、削減できた一部を自己投資に回す。そうする事により、お金を獲得する力をつける事ができ、収入が上がるようになるのです。だからこそ、上手くいくようになるのです。

ノマドワーカーとして自由なライフスタイルを実現させるには、自分で稼ぐ力が必要です。常に自己投資を意識して、稼ぐ力をどんどんつけていきましょう!

ノマドになるためのノウハウを無料で公開

初期投資ゼロ!ネットビジネス初心者でもパソコン1台だけで収入を得る方法を無料で公開!
このノウハウをキチンとマスターして実践する事により、時間に縛られることなく、自由なライフスタイルを実現できます。1日1時間、毎日継続するだけで実現できる、最短で稼ぐ方法とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする