【Contact Form 7】海外スパムをreCAPTCHAでブロック【無料】

WordPress

WordPressサイトのお問い合わせフォームに「Contact Form 7」を使っていて、海外からのスパムにお悩みの方向け。

 

WordPressサイトContact Form 7で作成したお問い合わせフォームを設置すると、海外経由の怪しい書き込みが増えるようになります。

  • 怪しい商品(よく分からない薬品が多い)
  • アダルト系のサービス

ちなみに、この手の書き込みはツールを使って、Contact Form 7を使っているサイトを対象に無差別に書き込んでいるだけなので、サイト側で対策しておけば、海外からのスパムをブロックする事ができるようになります。

そこで、この記事では、Googleが無料で提供しているお問い合わせフォームのスパム登録をブロックする「reCAPTCHA」をContact Form 7に実装する方法を紹介します。

スポンサーリンク

Contact Form 7のスパム登録はGoogleのreCAPTCHAでブロック

Contact Form 7のスパム登録は、Googleが無償で提供している「reCAPTCHA」というスパムブロックサービスを追加すると、ロボットによるスパム登録をブロックできるようになります。

 

他サイト等で、下図の「私はロボットではありません」と記載されたチェック項目を見たことはありませんか?

上図のreCAPTCHAをContact Form 7」に追加することで、ロボットによるスパム登録をブロックできるようになります。

 

それでは早速reCAPTCHAの追加方法について解説していきます。

なお、Contact Form 7が設置されているという前提で解説しますので、もし、インストールしていなければ「【WordPress】お問い合わせフォームを簡単設置!Contact form 7の使い方」という記事で設置方法を解説していますので、是非どうぞ。

 

Contact Form 7のフォームにreCAPTCHAを設置する手順

Contact Form 7で作成したお問い合わせフォームにreCAPTCHAを設置する手順を解説します。

  • 手順①:GoogleアカウントでreCAPTCHAにログイン
  • 手順②:reCAPTCHAを設置するサイト情報を登録

上記のとおりです。

手順①:GoogleアカウントでreCAPTCHAにログイン

Contact Form 7でreCAPTCHAを設定するには、最初にサービスの登録をしておく必要があります。

ダッシュボード>お問い合わせ>インテグレーション を選択します。

インテグレーションの画面が表示されたら、右上にある「google.com/recaptcha」をクリックします。

GoogleのreCAPTCHAのサイトに移動しますので、画面右上にある「My reCAPTCHA」というボタンをクリックします。

Googleアカウントのログインを求められますので、お持ちのGoogleアカウントにログインします。

ログイン後、reCAPTCHAの設定画面が表示されます。

手順②:reCAPTCHAを設置するサイト情報を登録

reCAPTCHAを設置するサイト情報を登録します。

各項目の詳細は次のとおりです。

  • ①Label:適当に名前を入力して下さい(お問合せフォームなど)。
  • ②Choose the type of reCAPTCHA:reCAPTCHAのタイプを選択します(reCAPTCH v2を選択しておけばOKです)
  • ③Domain:あなたのサイトのドメインを入力します。
  • ④Accept the reCAPTCHA Terms of Service:サービスの利用規約の同意を求められますので、チェックを入力
  • ⑤Send alerts to owners:問題が発生した場合、アラートメールを送信するかどうかですが、チェックを入力しておけば良いです。
  • ⑥Register:登録ボタン

全て入力後、登録ボタンをクリックすると、「Site key」と「Secret key」などが発行されます。

使用するのは①「Site key」と、②「Secret key」だけで他は使用しません。

手順③:発行されたSite keyとSecret keyをプラグインに登録

発行されたSite keyとSecret keyをプラグインに登録しますので、Contact Form 7の設定画面に戻ります。

ダッシュボード>お問い合わせ>インテグレーション を選択します。

「キーを設定する」を選択します。

先程取得した「Site key」と「Secret key」をコピペして、保存をクリックします。

これで、reCAPTCHAを使用する準備完了です。

手順④:フォームにreCAPTCHAを設置

フォームにreCAPTCHAを追加します。

ダッシュボード>お問い合わせ>コンタクトフォーム を選択します。

reCAPTCHAを設置するフォームを選択します。

フォームの編集画面が表示されましたら、reCAPTCHAを設置します。

送信ボタンの上に設置するため、[submit “送信”]の上にスペースを作り、reCAPTCHAボタンをクリックします。

reCAPTCHAボタンをクリックすると、画面が開くので「タグを挿入」ボタンをクリックします。

[recaptcha]というタグが入った事が確認できます。

タグが入りましたら、「保存」ボタンをクリックして設定を保存します。

フォームを確認してみると、「私はロボットではありません」と表示されました。

以上でスパム登録をブロックするreCAPTCHAの設置は完了です。

 

まとめ

以上、Contact Form 7経由のスパム登録をGoogleのreCAPTCHAを設置してブロックする方法を解説しました。

reCAPTCHAの設定から設置まで、10分~15分ぐらいあればできますので、スパム登録にお悩みの方は、是非、reCAPTCHAを使ってみて下さい。

 

ちなみに、スパムコメントの対策はされていますか?もしまだ対策していなければ、併せて対策してきましょう。

スパムコメントの対処法は以下の記事で解説していますので、是非どうぞ。

 

人気記事【無料あり】オンラインプログラミングスクールおすすめ3選【通学不要】

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました