お風呂でタブレットを使いたい←Fireタブレットがおすすめ【便利すぎ】

お風呂でタブレットを使いたい←Fireタブレットがおすすめ【便利すぎ】ガジェット

Amazonファッションタイムセール祭り[開催中]

  • 浴槽に入りながら動画を視聴したり、本を読んだりできる最適なタブレットを探しているよ。
  • 水に濡れて壊れたら嫌だから安い方が良いけど、動作が遅いのも嫌だよ。
  • 安くてサクサク動くタブレットがあれば知りたいよ。

この記事では、こういった疑問にお答えします。

スポンサーリンク

お風呂で使うタブレットはFireタブレットがおすすめ【結論】

ネットで「タブレット」と検索すれば分かるとおり、価格の安いタブレットから、高価なiPadまで、最新機種のおすすめがわんさか表示されます。

普段使いのタブレットをお探しなら、高価でスペックの高いiPadを選択しても良いと思いますが、お風呂で動画を視聴したり、本を読んだりしたいという方はAmazonのFireタブレットがおすすめです。

 

Fireタブレットは「Amazon Fireタブレットに防水機能はある?【結論:ない】」という記事でも解説しているとおり、防水機能がありませんので、万が一水没させてしまうと、故障する場合がほとんどです。

そのため、「防水機能があるタブレットの方が良いのでは?」と思うかもしれませんが、それでもあえて、Fireタブレットをおすすめするのには理由があります。

 

お風呂で使うタブレットにFireタブレットをおすすめする理由5つ

お風呂で使うタブレットにFireタブレットをおすすめする理由は下記5つです。

  • 安いから壊れた時の精神的なダメージが少ない
  • 水濡れによる破損でも無償交換に対応した保証がある
  • 動画やYouTubeが見れる
  • Kindleの読み上げ機能で読書できる
  • 情報のインプットやアウトプットができる

上記のとおりです。

安いから壊れた時の精神的なダメージが少ない

お風呂でタブレットを使うと、普通の部屋で使うよりも壊れるリスクは上がります。

何万円もするような高価なタブレットをお風呂で使って、落下などダメージで画面を傷つけてしまったり、水濡れで壊してしまったりしたら精神的なダメージは大きいです。

 

でも、Fireタブレットは数千円から1万円前後で買えるタブレットなので、万が一画面を傷つけてしまったり水濡れで壊してしまっても精神的なダメージは少ないです。

 

ちなみに、下記の機種は1万円を切る価格で買えます(セール時は4,000円OFFで買えます)。

水濡れによる破損でも無償交換に対応した保証がある

Fireタブレットは購入後90日間(Fire HD 10は1年間)の限定保証がありますが、落下や水濡れによる破損は保証の対象外となっています。

しかし、有償の「延長保証・事故補償プラン」に加入すると、延長保証・事故補償の期間内であれば、画面が破損したり、水濡れで壊れてしまっても、1度だけ新品と交換してもらえます。

 

ちなみに、保証の価格は次のとおりです。

頻繁にお風呂でタブレットを使う方は、保証に入っておけば、万が一破損してしまっても新品に交換してくれるので安心です(1ヶ月当たりの負担額は100円程度です)。

 

そんなに頻繁にお風呂にタブレットを持ち込まないし、万が一壊れても安いから新品を買うという方は、保証に入る必要はないです。

動画やYouTubeが見れる

Fireタブレットは、Amazonプライムの会員であればプライムビデオの視聴はもちろん、YouTubeの視聴やほとんどの動画配信サービスの視聴ができるので、お風呂の中で動画が楽しめます。

プライム会員に入っていなくても使えます

Fireタブレットはプライム会員以外の方でも使えます。

プライムビデオは見れませんが、動画配信サービスやYouTubeは普通に視聴できます。

詳しくは以下の記事をどうぞ。

Kindleの読み上げ機能で読書できる

kindle本をお持ちの方は、Fireタブレットがあれば読み上げ機能を使って耳で読書ができます。

 

例えば、入浴中はテキストを読んで、シャワーを浴びたり体を洗っている時に読み上げ機能を使って耳で読書するという使い方ができます。

詳しくは「FireタブレットでKindle本を読み上げる方法【手ぶらで読書】」をどうぞ。

 

ちなみに、「移動時間に効率的に読書したい←kindle端末がおすすめ【快適】」という記事でも解説しているとおり、一部のkindle端末は防水機能がありますので、読書メインの方はFireタブレットではなく、kindle端末もありだと思います。

情報のインプットやアウトプットができる

Fireタブレットは普通のタブレットとして使えますので、お風呂の時間にWebブラウザやニュースアプリ、SNSアプリを使って情報のインプットができます。

また、メモアプリ(Google Keep、Evernoteなど)を使って情報のアウトプットや、アイデアを思いついた時に保存することもできるので、お風呂の時間を有効活用できます。

 

お風呂で使うFireタブレットを選ぶ時の注意点1つ

非常に便利なFireタブレットですが、お風呂で使うFireタブレットを選ぶ時の注意点が1つだけあります。

  • Fire7を選ぶのは避けるべき

上記のとおりです。

Fire7を選ぶのは避けるべき

Fireタブレットは6種類(Fire7、HD8、HD8PLUS、HD10、HD10PLUS、HD10エッセンシャルセット)ありますが、お風呂でFireタブレットを使うならFire7は選ぶのは避けるべきです。

理由は2つあります。

  • モノラルスピーカーだから音がよくない
  • Fireタブレットシリーズで処理速度が最も遅い

上記のとおりです。

モノラルスピーカーだから音がよくない

Fire7はモノラルスピーカーなので音が良くないです。

Fire7以外の機種はデュアルステレオスピーカー(Dolby Atmos)なので、動画を視聴したり音楽を聴く方はFire7以外のタブレットがおすすめです。

Fireタブレットシリーズで処理速度が最も遅い

Fire7はFireタブレットシリーズで最も処理速度が遅いです。

処理速度の遅さはストレスの原因になります。

一日の汚れと疲れを落とすリラックスタイムに、処理速度が遅いタブレットを使っていたら余計なストレスが増えてリラックスできません。

しょうもないストレスを増やさないためにも、Fire7は避けるべきです。

コンパクトさを重視している方はFire7もあり

音質や処理速度よりも、「お風呂で使うのだからコンパクトな方が便利」という方は、Fire7はありだと思います。

 

比較表を見ればわかるとおり、Fire7が最もコンパクトです。

 Fire 7(2019)Fire HD 8/8 PLUS(2020)Fire HD 10 / HD 10 PLUS(2021)
ディスプレイ7インチ
1024 x 600
(171 ppi)
8インチ
1280 x 800
(189ppi)
10.1インチ
1920 x 1200
(224ppi)
サイズ192 x 115 x 9.6mm202 x 137 x 9.7mm247 x 166 x 9.2mm
重量286g355g465g/

しかも、セール時は3,980円で購入できますので、これぐらいの価格なら試し買いしても良さそうな気もします。

 

お風呂でFireタブレットを使う時におすすめな防水グッズ

最後に、お風呂でFireタブレットを使う時におすすめな防水グッズを紹介します。

  • ジップロック
  • 防水カバー

上記のとおりです。

ジップロック

ジップロックのジッパーはWジッパーによる2重ロックなので、水漏れの心配がほとんどありません。

透明性も高いので、コンテンツが見にくくなるということもありません。

 

何より、使い捨てなので手入れしなくて済むので楽です(水滴の乾燥跡を拭く手間が省けます)。

価格もLサイズ(24枚入り)で500円ぐらいなのでコスパが良いです。

ちなみに、筆者は過去、ジップロックに入れたタブレットを浴槽の中に何度も落とした経験がありますが、ジップロックの中に一滴でも水が入ったことは一度もありません。

防水性は優れていると思います。

 

唯一のデメリットは、スタンドが無いので立て掛けが難しいということです。

ジップロックにFireタブレットを入れて使う場合、倒れないようにバランスよく置くか、手で持って使うことになります。

防水ケース

ジップロックはビニールがペラペラで強度が不安という方は、防水ケースがおすすめです。

防水ケースは手入れが面倒ではありますが、大事に使えば長期間使えますので、コスパは高いと思います。

防水ケースはビニールが厚いので、落下による破損リスクが低いのも特徴です。

 

また、スタンド機能付きの防水ケースを買えば、浴槽の端にタブレットを立て掛けて使うこともできます。

 

まとめ

以上、お風呂でタブレットを使いたいという方向けに、コスパの高いAmazon のFireタブレットを紹介しました。

お風呂は水濡れによる破損や、落下による画面が傷つくリスクが常に付きまといますので、高価なタブレットではなく、安価で動画視聴や読書などができるFireタブレットを使って、快適なお風呂タイムを過ごしましょう。

 

 

人気記事【Fireタブレット】アプリで見れる動画配信サービスまとめ【快適】

人気記事Audible(オーディブル)で多読を効率化【スキマ時間に読書】

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました