【WordPress】ランディングページが作れるテーマ13選【無料あり】

マーケティング

WordPressでランディングページが作れるテーマをお探しの方向け。

 

独自ドメインのWordPressサイトを運用していれば、ランディングページ(LP)も独自ドメインで運用したいところです。

WordPressには、ランディングページ作成に対応したテーマがいくつかあります。

テーマを使えば自分でランディングページが作れるようになりますから、広告代理店やWeb制作会社、外注に依頼する必要がなくなります。

この記事では、ランディングページが作れるWordPressテーマを有料・無料あわせて13テーマ紹介します。

 

「WordPressにこだわってないし、独自ドメインじゃなくても良いから、手っ取り早くランディングページを作りたい!」という方は、以下の記事をどうぞ。
スポンサーリンク

ランディングページ作成に特化した有料テーマ5選

最初に、ランディングページ作成に特化した有料のWordPressテーマを5つ紹介します。

  • Colorful:初心者でもブログ感覚でランディングページが作れるテーマ
  • MeVIUS:豊富なヘッダー画像素材で様々なジャンルのランディングページが作れるテーマ
  • KITEKITE:かわいいデザインのランディングページが作れるテーマ
  • LIQUID LP:シンプルで美しいランディングページが作れるテーマ
  • OptimizePress:ウェビナーや会員サイトが作れるAPI連携可能な高機能テーマ

上記のとおりです。

Colorful:初心者でもブログ感覚でランディングページが作れるテーマ

「Colorful(カラフル)」は、初心者でもブログ感覚で簡単にランディングページが作れる、ランディングページ作成に特化したテーマです。

「Colorful(カラフル)」の公式サイトはこちら

 

Colorfulを使えばセールスレターはもちろん、メルマガ登録ページ、セミナー告知ページなど、様々な種類のランディングページを簡単に作成する事ができます。

ステップバイステップでランディングページの背景から、見出しの作り方、ブレッドの作り方、ボタンの設置、文字装飾、Q&A枠の設置方法などの解説がありますので、初心者の方でもプロが作ったような見た目の良いランディングページが作れます。

 

設置が難しいメルマガ登録フォームも、国内のメール配信システム(エキスパ、Jcity(ジェイシティ)、アスメル、その他)に合わせて、分かりやすい解説動画がありますので、解説動画を参考にしながら自分で設置できると思います。

ちなみに、Colorfulは買い切りのテーマなので、一度購入すれば複数のURLで運用しても料金は変わりません。

 

Colorfulの特徴
  • ランディングページ作成専用のWordPressテーマ
  • 操作方法のマニュアルが充実(動画による解説が分かりやすい)
  • デザインが苦手でも、自分でおしゃれなランディングページが作成できる
  • カウントダウンタイマー・ホバーウィンドウ機能を実装
  • テーマアップデート対応
  • ライセンス:複数サイトで利用可能
  • 価格:8,760円(税込)
「Colorful(カラフル)」の公式サイトはこちら

MeVIUS:豊富なヘッダー画像素材で様々なジャンルのランディングページが作れるテーマ

「MeVIUS(メビウス)」は、アフィリエイターにも大人気なランディングページ作成に特化したテーマです。

「MeVIUS(メビウス)」の公式サイトはこちら

 

様々なジャンルのサイトで使えるプロのデザイナーが用意した豊富なヘッダー画像素材(1つのジャンルで3パターン)が用意されており、文字あり・なしのパターンを含めると、全2,052枚の中から自由に画像素材を利用できます。

また、購入者ページにランディングページを作成するマニュアルが用意されているので、初心者の方でも以下3ステップでランディングページを作る事ができます。

  1. すでに用意されているキャッチコピー入りのヘッダー画像や素材を選択する
  2. デザインをブロックのように組み込む
  3. テキストを書き換える

カウントダウン機能等はついていませんが、シンプルなランディングページを手軽に作成したいという方向けのテーマです。

 

MeVIUSの特徴
  • ランディングページ作成専用のWordPressテーマ
  • 操作方法のマニュアルが充実(動画による解説が分かりやすい)
  • プロのデザイナーが用意した2,052枚のヘッダーデザインが使える
  • テーマアップデート対応
  • ライセンス:複数サイトで利用可能
  • 価格:7,980円(税込)
「MeVIUS(メビウス)」の公式サイトはこちら

KITEKITE:かわいいデザインのランディングページが作れるテーマ

「KITEKITE(キテキテ)」は、かわいくておしゃれなデザインのランディングページを作成したい方向けのランディングページ作成に特化したテーマです。

「KITEKITE(キテキテ)」の公式サイトはこちら

 

キテキテの特徴は、簡単におしゃれなデザインのランディングページが作成できることです。

デザイナーが作成した500種類以上のデザイン素材が用意されており、チェックボックスやよくある質問(Q&A)ボックス、メルマガフォームのデザインも用意されています。

デザインの他にも、カウントダウンタイマーや、アニメーション、画像スライダー、ナビゲーションメニュー、フッター誘導コンテンツなど、様々な機能が実装されています。

 

KITEKITEの特徴
  • ランディングページ作成専用のWordPressテーマ
  • デザインが苦手でも、シンプルでおしゃれなランディングページを作成できる
  • テーマ導入マニュアルあり
  • 500種類以上のデザインパーツ
  • カウントダウンタイマー・アニメーション機能、フッター誘導コンテンツを実装
  • テーマアップデート対応
  • ライセンス:複数サイトで利用可能
  • 価格:9,820円(税込)
「KITEKITE(キテキテ)」の公式サイトはこちら

LIQUID LP:シンプルで美しいランディングページが作れるテーマ

「LIQUID LP(リキッドLP)」は、シンプルで美しいランディングページを簡単に作成できる、ランディングページ作成に特化したテーマです。

「LIQUID LP」の公式サイトはこちら

 

リキッドLPの特徴は、あらかじめ3種類のサンプルページが用意されていることです。

プロダクト、リード、サービスの3種類のサンプルページが用意されており、用途にあったサンプルを選んで編集するだけで、スピーディにランディングページを作成する事ができます。

また、ランディングページに必要な要素(よくある質問と答え、リスト、料金表、ステップ、アイコン、ギャラリー等)が用意されているので、要素を組み合わせることでプロが作ったようなランディングページを作ることができます。

 

LIQUID LPの特徴
  • ランディングページ作成専用のWordPressテーマ
  • シンプルで美しいデザイン
  • 3種類(プロダクト、リード、サービス)のサンプルページあり
  • 操作マニュアルも用意
  • 1ヶ月間のメールサポート有
  • テーマアップデート対応
  • ライセンス:複数サイトで利用可能
  • 価格:9,900円(税別)
「LIQUID LP」の公式サイトはこちら

OptimizePress:ウェビナーや会員サイトが作れるAPI連携可能な高機能テーマ

「OptimizePress(オプティマイズプレス)」は、ウェビナーや会員サイトが作れるAPI連携可能な、ランディングページ作成に特化した海外製のテーマです。

「OptimizePress」の公式サイトはこちら

 

作成できるランディングページは、セールスレターやメルマガ登録ページだけでなく、ウェビナーページ、会員サイトなどを作成する事ができます。

ランディングページのデザインは300以上あり、用途に合わせて様々なデザインから選択できます。

また、オプティマイズプレスには「LiveEditor」という専用のエディタが用意されており、ブロックを積み重ねるかのように、簡単にレイアウトを変更する事ができます。

さらに、MailChimp、Paypal、Stripe等といった様々なWebアプリと統合できるため、集客・セールス・決済・フォローといった流れを自動化できるランディングページを作成する事もできます。

多機能でインターフェースは英語なので、中上級者向けのテーマではありますが、一歩進んだWebマーケティングを行いたいという方には最適なテーマです。

オプティマイズプレスの導入方法は「テーマ」、「プラグイン」の2種類から選択可能

今回は「テーマ」として紹介していますが、オプティマイズプレスでは、全く同じ機能を持ったプラグインも提供しています。

既にWordPressサイトを運用していて、ページデザイン統一化させたいという方は、プラグインをインストールすればランディングページが作れますし、オプティマイズプレスのデザインをベースにランディングページを作りたい方は、テーマを購入すれば良いという事になります。

 

OptimizePressの特徴
  • ランディングページ作成専用のWordPressテーマ
  • 海外製テーマでインターフェースは英語な
  • 300以上のテンプレートが用意されている
  • API連携で、MailChimp、Paypal、Stripeなどの様々なWebアプリと統合可能
  • テーマアップデート対応
  • ライセンス:複数サイトで利用可能
  • 価格:$99~

「OptimizePress」の公式サイトはこちら

 

ランディングページ作成機能付きの有料テーマ5選

ランディングページ作成機能付きの有料テーマは5つあります。

Webサイト(ブログ)とランディングページのサイトデザインを統一したい方は、ランディングページ作成機能付きのテーマがおすすめです。

  • THE・THOR:おしゃれで洗練されたデザインのページが作れるテーマ
  • ALBATROS:シンプルで綺麗なページが作れるテーマ
  • Emanon Pro:Web集客に特化したビジネスサイト向けテーマ
  • FAMOUS:ブランディング構築に特化した美しいサイトが作れるテーマ
  • OOPS!:初心者でも成約率の高いランディングページを作れるテーマ

上記のとおりです。

THE・THOR:おしゃれで洗練されたデザインのページが作れるテーマ

「THE・THOR(ザ・トール)」は、おしゃれで洗練されたデザインのページが作れるランディングページ作成機能付きのテーマです。

「THE・THOR(ザ・トール)」の公式サイトはこちら

 

ザ・トールは、おしゃれ美しいサイトを誰でも簡単に作れる国内トップクラスの「デザイナーズテーマ」です。

デザインだけでなく、アクセスや収益アップをサポートする「集客・収益化支援システム」が搭載されており、サイトの収益化をサポートしてくれます。

また、最先端のSEO対策を網羅し、国内最高水準の高速表示を実現したテーマです。

 

THE・THORの特徴
  • ランディングページ作成機能がある、Webサイト・ブログ向けのテーマ
  • デザイン着せ替え機能を使えばデザイナーが作ったデモサイトと同じサイトが作れる
  • 操作マニュアルも用意
  • テーマアップデート対応
  • ライセンス:複数サイトで利用可能
  • 価格:14,800円(税別)
「THE・THOR(ザ・トール)」の公式サイトはこちら

ALBATROS:シンプルで綺麗なページが作れるテーマ

「ALBATROS(アルバトロス)」は、シンプルで綺麗なページが作れる、ランディングページ作成機能付きのテーマです。

「ALBATROS」の公式サイトはこちら

 

アルバトロスは、Webサイト・ブログ向けのテーマなので、ランディングページ作成に特化したテーマのように画像素材等は用意されていませんが、Webサイトやブログとデザインを統一したい方や、シンプルなランディングページを作りたいという方におすすめなテーマです。

テーマの操作マニュアルも用意されていますので、初心者の方でも簡単に使えます。

 

ALBATROSの特徴
  • ランディングページ作成機能がある、Webサイト・ブログ向けのテーマ
  • シンプルで美しいデザイン
  • 操作マニュアルも用意
  • テーマアップデート対応
  • ライセンス:1回の購入で1サイト
  • 価格:7,980円(税込)
「ALBATROS」の公式サイトはこちら

Emanon Pro:Web集客に特化したビジネスサイト向けテーマ

「Emanon Pro(エマノンプロ)」は、Web集客に特化したビジネスサイトが作れる、ランディングページ作成機能付きのテーマです。

「Emanon Pro」の公式サイトはこちら

 

エマノンプロは、ランディングページの構成を6つに分けて作る事ができることが大きな特徴です。

申し込みフォーム(Contact Form 7)、CTAの設置、商品・サービス説明、FAQセクション、お客様の声、スマートフォン向けのフッター誘導など、ランディングページに必要な項目を個別に設定できるため、初心者の方でもランディングページを作る事ができるようになっています。

 

Emanon Proの特徴
  • ランディングページ作成機能がある、ビジネスサイト向けのテーマ
  • シンプルで美しいデザイン
  • 操作マニュアルも用意
  • 1ヶ月間のメールサポート有
  • テーマアップデート対応
  • ライセンス:複数サイトで利用可能
  • 価格:9,800円(税込)
「Emanon Pro」の公式サイトはこちら

FAMOUS:ブランディング構築に特化した美しいサイトが作れるテーマ

出典:公式サイト「FAMOUS」

「FAMOUS(フェイマス)」は、ブランディング構築に特化した美しいページが作れる、ランディングページ作成機能を搭載したテーマです。

有料テーマの中でも、美しいデザインで定評のあるTCDテーマが提供しています。

「FAMOUS(フェイマス)」の公式サイトはこちら

 

モーダルウィンドウ機能(ページを開いた時に浮き上がるポップアップ表示)や動画背景にも対応しており、動きのあるランディングページを作成する事ができます。

Webサイト・ブログとデザインを統一し、シンプルで美しいランディングページを作成したいという方にはおすすめのテーマです。

 

FAMOUSの特徴
  • ランディングページ作成機能がある、Webサイト・ブログ向けのテーマ
  • 美しいデザイン
  • 操作マニュアル・Q&A集が用意されている
  • テーマアップデート対応
  • ライセンス:複数サイトで利用可能
  • 価格:25,800円(税込)
「FAMOUS(フェイマス)」の公式サイトはこちら

OOPS!:初心者でも成約率の高いランディングページを作れるテーマ

「OOPS!(ウップス)」は、ランディングぺージ成約率を最大限に発揮するために開発されたテーマです。

「OOPS!(ウップス)」の公式サイトはこちら

 

OOPS!の特徴は、写真や動画(MP4・YouTube)を背景にしたおしゃれなファーストビユーのスタイルのランディングページが作れることです。

また、ランディングページを構成する際に重要な役割を持つ「7つのコンテンツ」があらかじめ用意されているので、初めてランディングページを作る方でもスピーディーに、直感的な操作でランディングページを作れるようになっています。

 

OOPS!の特徴
  • ランディングページ作成機能がある、Webサイト・ブログ向けのテーマ
  • 7つのコンテンツでランディングページを速く作れる
  • 美しいデザイン
  • 操作マニュアル・Q&A集が用意されている
  • ヘッダーに動画(MP4・YouTube)表示が可能
  • テーマアップデート対応
  • ライセンス:複数サイトで利用可能
  • 価格:19,800円(税込)
「OOPS!(ウップス)」の公式サイトはこちら

 

WordPressでランディングページが作れる無料テーマ3選

最後に、WordPressでランディングページが作れる無料テーマを3つ紹介します。

  • Lightning:スタンダードなビジネスサイト向けテーマ
  • Xeory Base:コンテンツマーケティング用のブログ型テーマ
  • Xeory Extension:ビジネスサイト向けのテーマ

上記のとおりです。

Lightning:スタンダードなビジネスサイト向けテーマ

「Lightning(ライトニング)」は、シンプルデザインのスタンダードなビジネスサイト向けのテーマですが、ランディングページ作成機能があります。

「Lightning(ライトニング)」の公式サイトはこちら

 

ライトニングの見た目はシンプルですが、PRエリア、お問い合わせボタン、電話番号の表示、CTA等、ビジネスサイトに必要な機能を実装した高機能なテーマです。

拡張性も高く、有料のデザインスキンを購入すると、業種にあったデザインに変更することもできます。

無料テーマでビジネスサイトを作りたい方にはおすすめなテーマです。

 

Lightningの特徴
  • ランディングページ作成機能がある、ビジネスサイト向けの高機能テーマ
  • ランディングページ作成用の設定ガイドあり
  • 会員登録なしで利用できる

「Lightning(ライトニング)」の公式サイトはこちら

Xeory Base:コンテンツマーケティング用のブログ型テーマ

「Xeory Base(セオリー・ベース)」は、コンテンツマーケティングで有名なバズ部さんが提供している、コンテンツマーケティングに特化したテーマで、ランディングページ作成機能があります。

「Xeory Base(セオリー・ベース)」の公式サイトはこちら

 

メルマガフォーム設置マニュアル(アスメル、オートビズ)も用意されてますので、初心者の方でもメルマガフォームが設置できるように配慮されています。

 

Xeory Baseの特徴
  • ランディングページ作成機能がある、Webサイト・ブログ向けのテーマ
  • ランディングページ設定マニュアルを用意
  • テーマを利用するには会員登録が必要

「Xeory Base(セオリー・ベース)」の公式サイトはこちら

Xeory Extension:ビジネスサイト向けのテーマ

「Xeory Extension(セオリー・エクステンション)」は、コンテンツマーケティングで有名なバズ部さんがワンカラムのビジネスサイト向けに提供している、ランディングページ作成機能付きのテーマです。

「Xeory Extension(セオリー・エクステンション)」の公式サイトはこちら

 

基本的な機能は「Xeory Base」と同じですが、Xeory Extensionはサービスの紹介や企業情報、お問い合わせフォームの設置項目など、ビジネスサイトのランディングページが作れるよう、アレンジされています。

 

Xeory Extensionの特徴
  • ランディングページ作成機能がある、Webサイト・ブログ向けのテーマ
  • ランディングページ設定マニュアルを用意
  • テーマを利用するには会員登録が必要

「Xeory Extension(セオリー・エクステンション)」の公式サイトはこちら

 

まとめ

以上、ランディングページが作れるWordPressテーマを有料・無料合わせて13テーマ紹介しました。

有料・無料、それぞれメリットデメリットがありますが、とりあえずシンプルでも良いからすぐにランディングページを作りたいという事であれば、無料でも良いと思います。

でも、「おしゃれなランディングページを作りたい」、「プロが作ったような見栄えの良いランディングページを作りたい」という方は、有料テーマの利用をおすすめします。

 

ちなみに、この記事を書いている筆者は、2014年から現在までカラフルを愛用しています。

「Colorful(カラフル)」の公式サイトはこちら

 

 

人気記事Web集客におすすめなメール配信システム4選【ニーズ別に紹介】

人気記事【無料あり】メールマーケティングにおすすめなツール3選【販売を自動化】

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました