WordPressのサイト内検索で特定ページを非表示「Search Exclude」

WordPressのサイト内検索で特定ページを非表示にするプラグイン「Search Exclude」WordPress

WordPressのサイト内検索で特定ページを非表示にする方法をお探しの方向け。

 

WordPressのサイト内検索は、投稿・固定ページ問わず、公開しているページは全て表示対象となるため、ユーザーに見られたくない・見せたくない下記ページも全て検索結果に表示されます。

  • サンクスページ(送信完了ページ)
  • メルマガの条件分岐用に作ったページ

 

このような時、プラグインを使えば見られたくない・見せたくないページを簡単に非表示に設定できます。

この記事では、WordPressのサイト内検索で特定ページを非表示にできるプラグイン「Search Exclude」の使い方を解説します。

スポンサーリンク

サイト内検索の検索結果をコントロールするSearch Exclude

サイト内検索で特定ページを非表示にするプラグイン「Search Exclude」を使うと、わずかな手順で、下記のような検索結果に表示させる必要のないページを簡単に非表示に設定できます。

  • サンクスページ(送信完了ページ)
  • メルマガの条件分岐用に作ったページ
  • 会員限定コンテンツ
  • プライバシーポリシー

 

WordPressのサイト内検索に表示させたくないページがある方は、Search Excludeを使って非表示に設定しましょう。

 

Search Excludeで特定ページを非表示にする手順

それでは、Search Excludeで特定ページを非表示にする手順を解説します。

  • 手順①:プラグインの入手
  • 手順②:検索結果に表示させないページを選択

上記のとおりです

手順①:プラグインの入手

まずはプラグインを入手します。

ダッシュボード>プラグイン>新規追加 を選択します。

プラグイン検索窓に「Search Exclude」と入力するとプラグインが表示されますので、「今すぐインストール」をクリックします。

インストール終了後「有効化」をクリックして、プラグインを有効化します。

左側メニューの「設定」を確認すると、「Search Exclude」という項目が追加されたことが確認できます。

手順②:検索結果に表示させないページを設定

検索結果に表示させないページを設定します。

設定方法は、投稿や固定ページの編集画面で行います。

 

表示させたくないページの編集画面を開くと、右サイドバーの下の方に「Search Exclude」という項目がありますので、

「Exclude from Search Results」にチェックを入れて、更新ボタンを押して設定を保存します。

これで、このページはサイト内検索に表示されないようになります。

 

Search Excludeの使い方

最後に、Search Excludeの使い方を2つ解説します。

  • 検索結果に表示させないページの確認方法
  • 非表示設定をまとめて解除する方法

上記のとおりです。

検索結果に表示させないページの確認方法

ダッシュボード>設定>Search Exclude を選択します。

サイト内検索で非表示に設定しているページ(投稿・固定ページ)が一覧表示されます。

非表示設定をまとめて解除する方法

非表示設定を解除するには、①チェックを外し、②「変更を保存」をクリックするだけです。

これで、再度、検索結果に表示されるようになります。

 

まとめ

以上、WordPressのサイト内検索で特定ページを非表示にするなら、「Search Exclude」を使えば簡単に設定できます。

サンクスページ(送信完了ページ)など、ユーザーに見られたくないページは、Search Excludeを使って非表示に設定しましょう。

 

 

人気記事【無料あり】メール配信システムおすすめ比較7選【選び方・比較表】

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました