【WordPress】右クリック禁止プラグイン「WP Content Copy Protection & No Right Click」

【WordPress】右クリック禁止プラグイン「WP Content Copy Protection & No Right Click」WordPress

WordPressサイトで右クリックを禁止して、記事や画像のコピーを防止する方法をお探しの方向け。

 

Webサイトやブログを運営していると、ために、記事や画像などのコンテンツをコピー(複製)される事があります。

コピーされる部分も、数行程度の事であれば目くじら立てるような事でもないとは思いますが、丸パクリされたら流石に許容できませんよね。

このような時は、右クリックができないようにしておいて、記事や画像のコピーができないようにしておくのがベストです。

この記事では、WordPressサイトで右クリックを禁止できるプラグイン「WP Content Copy Protection & No Right Click」を使って記事や画像のコピーを防止する方法を紹介します。

スポンサーリンク

右クリック禁止プラグインWP Content Copy Protection & No Right Clickとは

「WP Content Copy Protection & No Right Click」は、プラグインをインストールして簡単な設定を行うだけで、Webサイトの右クリックを禁止できるプラグインです。

右クリックを禁止する事で、記事や画像のコピー(盗用)を防ぐ事ができます。

クリックだけでなく、コントロールキー「CTRL + C」によるコピーや、「CTRL + P」でページの印刷を無効にできます。

 

右クリック禁止で記事盗用をガードするメリットは1つ

右クリック禁止で記事盗用をガードするメリットは1つあります。

  • Google検索のコピーコンテンツ(重複コンテンツ)のペナルティを回避できる

上記のとおりです。

Google検索のコピーコンテンツ(重複コンテンツ)のペナルティを回避できる

右クリック禁止でコンテンツのコピーをガードする事で、Google検索の「コピーコンテンツ(重複コンテンツ)」のペナルティを回避できます。

 

Google検索のペナルティを受ける原因とは【確認・解除方法を解説】」という記事でも解説しているとおり、Googleは他サイトのコピペをしただけのコンテンツ(重複コンテンツ)は「低品質コンテンツ」としてペナルティを与えています。

ペナルティを受けると検索結果から抹消されます

Google検索でペナルティを受けると「スパム」と判断され、コンテンツだけでなく、Webサイト自体が検索結果から削除されてしまう可能性が出てきます。

インデックスが早ければ自分のコンテンツだと主張できる

【SEO】新規記事をGoogle検索に素早くインデックスするプラグイン「PubSubHubbub」」という記事でも解説しているとおり、コンテンツをコピーされたとしても、先に検索エンジンにインデックスされていれば、「自分が書いた記事がオリジナルだ」ということを主張できます。

ただ、最初からコンテンツのコピーをガードしておけばこうした心配もなくなります。

 

コピーをガードする手っ取り早い方法が、右クリックによるコピーを防止する事です。

右クリックを禁止するプラグインを使う事により、ある程度コピーから守る事ができます。

 

WP Content Copy Protection & No Right Clickを設定する手順

それでは、右クリックを禁止できるプラグイン「WP Content Copy Protection & No Right Click」の設定手順を解説します。

  • 手順①:プラグインのインストール
  • 手順②:右クリック時の警告文を変更する
  • 手順③:右クリックを禁止する投稿タイプの選択

上記のとおりです。

手順①:プラグインのインストール

まず最初に、プラグインをインストールします。

ダッシュボード>プラグイン>新規追加 を選択します。

プラグイン検索窓に「WP Content Copy Protection & No Right Click」と入力するとプラグインが表示されますので、「今すぐインストール」をクリックします。インストール終了後「有効化」をクリックして、プラグインを有効化します。

手順②:右クリック時の警告文を変更する

プラグインをインストールしたら、右クリック禁止の設定を行います。

基本的にインストールするだけで使えるのですが、初期状態のままだとユーザーが右クリックした時に「Content is protected !!」を表示されますので、日本語に変更しておきましょう。

ユーザーが「CTRL + P」でページを印刷しようとする時の警告文も併せて変更します。

Main Settingsの設定

ダッシュボード>設定>WP Content Copy Protection 選択します。

WP Content Copy Protectionの設定画面が表示されますので、各項目の確認と、右クリック時の警告文と、ページ印刷の警告文を変更します。

Main Settingsの項目の説明は次のとおりです。

①~③が「Enabled」になっているかご確認下さい。
  • ①Posts protection by JavaScript / For single posts content:投稿ページを保護します。
  • ②Homepage protection by JavaScript / Don’t copy any thing! even from my homepage:トップページを保護します。
  • ③Static page’s protection:静的ページを保護します。
    ※Use Premium Settings tab to customize more options [プレミアム設定]タブを使用して他のオプションをカスタマイズする事ができます。
  • ④Exclude Admin from protection:サイト管理人を除外する(プレミアムユーザー(有料)のみ設定可能)
  • ⑤Selection disabled messageユーザーが右クリックした時に表示する警告文を設定します
  • ⑥Print preview messageユーザーがページを印刷しようとすると印刷ページを警告文に変換します。

サンプルとして、右クリックの警告文と印刷ページの警告文を下図のように設定します。

変更したらSave Settingsをクリックして設定を保存して下さい。

プレビューで確認

試しに、トップページで右クリックを押してみると、下図のように警告文が表示されています。

また、「CTRL + P」でページを印刷しようとすると、下図のように設定したテキストしか表示されなくなっていることが確認できます。

手順③:右クリックを禁止する投稿タイプの選択

「Premium RightClick Protection」というタブをクリックすると、ページタイプごとに右クリックを禁止する設定ができます。

 

ちなみに、初期設定では以下3つの項目にチェックが入っており、チェックを外すと右クリックができるようになります。

  • Posts(投稿)
  • HomePages(固定ページ)
  • Static pages(静的ページ
例えば、「Posts」のチェックを外すと、投稿だけ右クリックができるようになります。

以上でWP Content Copy Protection & No Right Clickの設定は完了です。

 

まとめ

以上、右クリック禁止プラグイン「WP Content Copy Protection & No Right Click」の使い方を解説しました。

WP Content Copy Protection & No Right Clickを使えば右クリックを禁止したり、ページの印刷もできなくなるので、コンテンツの盗用をガードできます。

コンテンツの盗用にお悩みの方は、右クリック禁止プラグインを導入して、コンテンツをガードしましょう。

 

 

人気記事【無料あり】オンラインプログラミングスクールおすすめ3選【通学不要】

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました