【2020】Amazonブラックフライデーでお得に買い物する方法

Google Homeに話しかけた内容をSlackにメッセージ送信する方法【IFTTT】

ツール

Amazon 5日間のBig Sale [11月27日~12月1日]

ブラックフライデー&サイバーマンデー
本日終了!

Amazonサイバーマンデー2020はこちら

Google Homeに話しかけた内容を、Slackにメッセージ送信する方法をお探しの方向け。

 

ビジネスチャットツールのSlackは、IFTTTやZapierなどの外部サービスと連携することで、様々な自動化を実現できます。

この記事では、Google Homeに話しかけた内容をSlackのメッセージに送信(投稿)するという流れをIFTTT連携を使って設定する手順を解説します。

スポンサーリンク

Google Homeに話しかけた内容をSlackにメッセージ送信する手順【IFTTT連携】

IFTTT連携を使って、Google Homeに話しかけた内容をSlackにメッセージ送信する手順を解説します。

具体的な手順は次のとおりです。

  • 手順①:Appletの作成
  • 手順②:Googleアシスタントをthisとして選択
  • 手順③:Googleアシスタントのトリガーを選択
  • 手順④:Googleアシスタントのトリガー設定
  • 手順⑤:Slackをthatとして選択
  • 手順⑥:Slackのアクションを選択
  • 手順⑦:Slackのアクションを設定

上記のとおりです。

なお、IFTTTアカウントの作成については、「Google HomeとIFTTTを連携させて、Google Homeに話しかけた内容をGoogleスプレッドシートに入力する方法」という記事で解説していますので是非参考にして下さい。

手順①:IFTTTにログインしてAppletを作成

以下のリンクからIFTTTにアクセスし、ログインして下さい。

ログイン後、「New Applet」をクリックします。

IFTTT
Get started with IFTTT, the easiest way to do more with your favorite apps and devices for free. Make your home more relaxing. Make your work more productive. K...

「+this」という青い部分をクリックします。

手順②:Googleアシスタントをthisとして選択

thisとして接続するサービスを選択します。

①検索窓に「google」と入力し、②「Googleアシスタント」を選択します。

手順③:Googleアシスタントのトリガーを選択

トリガー設定画面が表示されますので、「Say phrase with a text ingredient」を選択します。

各トリガーの詳細は次のとおりです。

  • Say a simple phrase:指定のフレーズを言った時
  • Say a phrase with a number:指定のフレーズを言った時(数字をアクションに使う)
  • Say a phrase with a text ingredient:指定のフレーズを言った時(テキストをアクションに使える)
  • Say a phrase with both a number and a text ingredient:指定のフレーズを言った時(数字、テキストをアクションに使える)

手順④:Googleアシスタントのトリガー設定

「Say phrase with a text ingredient」を選択すると、以下の画面が表示されますので、トリガーを設定します。

各項目の説明

  1. What do you want to say?:Google Homeに話しかける時に、どのような言葉をトリガーにするのかを設定します。「$」マークは、Slackに送信したいメッセージを意味します。
    ※「$」を入れる際は「$」の前後には半角スペースを入れて下さい。
    ※トリガーは3つまで設定可能です。
  2. What do you want the Assistant to say in response?:Google Homeがトリガーを認識した時の応答アナウンスを設定できます。
  3. Language:は使用する言語を選択します。「Japanese」を選択します。
  4. Create trigger:上記設定後、クリックして保存します。

「OK, Google Slackに ほにゃらら」、若しくは「OK, Google スラックに ほにゃらら」と話しかけるというトリガーと、完了時にGoogle Home から「Slackに「ほにゃらら」と送信しました」 と応答する設定が完了です。

手順⑤:Slackをthatとして選択

トリガーを設定したら、Google Homeが聞き取った「ほにゃらら」の箇所を、Slackに投稿するための設定をします。

下記の画面が表示されたら「+that」をクリックします。

thatとして接続するサービスを選択します。

①検索窓に「Slack」と入力し、②Slackのアイコンをクリックします。

Slackのアカウント認証を行う為「Connect」をクリックします。

Slackにログインし、IFTTTとSlackの接続許可を行うため、「許可」をクリックします。

手順⑥:Slackのアクションを選択

以下の赤枠「Post to channel」をクリックします。

手順⑦:Slackのアクションを設定

Slackの設定を行います。

各項目の説明

  1. Which Channel?:「Channels」、「Direct Messages」のいずれかを選択します。
  2. スラックのチャンネルを選択します
  3. Message:Slackに投稿される内容を設定します。初期設定は「TextField」しかありませんが、「TextField」のままだとGoogle Homeから送信したという事が分かり難いので、分かりやすいように「TextField」の前後に何かテキストを入れると良いです。
  4. Title:メッセージのタイトルです。ここも分かりやすいように「Voice」としておきました
  5. Create action:上記設定後、クリックして保存します。

一通り設定後、「Finish」をクリックすると、設定完了です。

以上でSlackの設定は完了です。

 

Google Homeに話しかけた内容がSlackにメッセージ送信されるか動作確認

IFTTTの設定が完了したら、実際にGoogle Homeに話しかけて、Slackにメッセージが送信されるか動作確認します。

試しに、「OK Google、Slackに テスト送信」とGoogle Homeに話しかけてみます。

すると、下図のように話しかけた内容がSlackに送信されました。

話し方を変えたりして何回か試してみましたが、早口で伝えてもほぼ確実に認識してくれます。

認識できないケース

ちなみに、以下のケースでは認識できませんでした。

  • 文章が長いとエラーとなる:上記の3倍ぐらいの文章量になると、エラーになる確率が上がる)
  • フレーズの中に店名が入ると、お店の紹介が始まったりする。

こういったエラーは起きますが、簡単な文章であればほぼ拾ってくれます。

 

まとめ

以上、Google Homeに話しかけた内容をSlackにメッセージ送信する方法を解説しました。

短い文章であればほとんどエラーは起きませんので、両手がふさがっているような時に、メンバーに要件を伝える時は使えると思いますので、興味のある方は是非お試しください。

IFTTT連携でGoogleスプレッドシートの特定行が追加された時、LINEに更新通知を自動で送信する方法
仕事柄、いろいろな方と連携してプロジェクトを進める事が多々あるのですが、プロジェクトに関与しているメンバーとタスクを管理する時、Googleスプレッドシートを使用してタスク管理する事が多いです。 Googleスプレッドシートはファイル共有...
Google HomeとIFTTTを連携!話しかけた内容をGoogleスプレッドシートに入力する方法
Google Homeを使って、声だけで簡単な文章をメモする方法は無いか?と思い、色々調べたところ、IFTTT(イフト)というサービスを使うと実現できそうだという事が分かりました。 そこで、IFTTTを使って、Google Homeに話し...

 

人気記事【無料あり】オンラインプログラミングスクールおすすめ3選【通学不要】

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました