ドメイン変更でアクセス数は減少する?SEOに与える影響を解説【実体験】

SEO
  • ドメイン変更しようと思っているけど、変更するとアクセス数が減ったりしないかな?
  • 検索順位がどうなるか気になるし、被リンクを獲得できてる記事もいくつかあるから、リセットされたりしないか心配だよ。
  • ドメイン変更のSEOに与える影響を知りたいよ。

この記事では、こういった疑問にお答えします。

 

ちなみに、この記事を書いてる筆者は2019年12月8日にドメイン変更を実行しました。

  • 旧ドメイン:https://create-express.net
  • 新ドメイン:https://takapon.net

ドメイン変更した理由や、変更した後のアクセス数についてはのちほど解説しますが、この時の実体験を元に解説しますので、ドメイン変更しようか考えている方の少しでも参考になれば幸いです。

それではさっそく本題に入りましょう。

スポンサーリンク

ドメイン変更の経緯

まず最初に、筆者がドメイン変更をしようと思い立った経緯について解説します。

結果から先に知りたい方は、「ドメイン変更後はアクセス数が一時的に減少した【実体験】」からご覧ください。

 

筆者がドメイン変更を思い立った理由は2つあります。

  • ドメインによるブランディング
  • 指名検索の獲得

変更前のドメインはドメイン名が長いので、ブログ名を憶えて貰い難いという問題がありました。

このことは、筆者の思い過ごしではなく、ブログを読まれた方と直接お会いし、お話を伺う中でハッキリと分かったので、「ドメイン名が長いと憶えてもらうことは難しい」ということを実感しました。

また、ブランディングに成功しているサイトをみると、ドメインが分かりやすい傾向がありましたので、短いドメインに憧れるようになりました。

そこで、10年前に取得したドメインに変更することを決めました。

 

ドメイン変更後はアクセス数が一時的に減少した【実体験】

ドメイン変更を実行した直後、5日ぐらいは元々インデックスされていたURLからのリダイレクトもあり、アクセス数は殆ど変わりませんでした。

しかし、6日目以降からアクセス数は徐々に減少するようになり、7日目にはアクセス数は激減しました。

 

ちなみに、旧URLからのリダイレクトは「【WordPress】URL変更で旧URLから新URLへ自動転送(リダイレクト)する方法を解説」でも紹介しているプラグインを使って簡単に設定しました。

検索流入によるアクセス数は10分の1にダウン

参考までに、このブログのアクセス元の9割は検索流入です。

検索流入からのアクセス数が10分の1にダウンするということは、サイト全体のアクセスが10分の1にダウンするという事を意味します。

 

具体的には、ドメイン変更前の平均PVは一日1,400程度ありましたが、変更して1週間後には平均PVは120〜150程度にダウンしました。

  • ドメイン変更前 → 平均PV1,400
  • ドメイン変更後 → 平均PV120~150
この結果を見て毎日のように「元に戻した方が良いかもしれない…」と考えるようになりました。

1ヶ月ぐらい経つとアクセス数は徐々に戻るようになる

この状況が続くのかと思いきや、1ヶ月ぐらい経過した頃に状況が変わりました。検索順位が戻るようになり、アクセス数は回復するようになりました。

とはいえ、全ての記事が元の順位に戻るということはありませんでした。

順位が戻る記事もあれば、ドメイン変更をきっかけに元の順位に戻らない記事が出てきました。

元の順位に戻る記事と戻らない記事がある

検索結果で1位を獲得していた記事が30~40記事ぐらいあったのですが、全ての記事が元の順位に戻るという事はありませんでした。

いったん下落して1位に戻った記事もありましたが、ある程度の順位までは戻るものの、完全に戻らない記事に分かれてしまう結果となりました。

  • 順位が戻る記事:1位 → ドメイン変更後に30~40位まで下落 → 1ヶ月後に1位に戻る
  • 順位が戻らない記事:1位 → ドメイン変更後に30~40位まで下落 → 1ヶ月後に4~15位ぐらいまで戻る(1位には戻らない)

ドメイン変更前と比較するとサイト全体のアクセス数は3割減少した

ドメイン変更して1ヶ月しか経っていないので、まだまだ検証できていない部分が多々あると思いますが、

筆者の実体験からいうと、ドメイン変更をきっかけに検索順位が下落する記事が出てくるので、サイト全体のアクセスは完全に戻るということはなく、サイト全体のアクセス数はドメイン変更前と比較すると3割程度減少するという結果となりました。

 

ただ、3ヶ月ぐらい経てば状況が変わる可能性も十分ありますので、この記事を書いた2ヶ月後ぐらいにまた検証結果を報告したいと思います。

 

ドメイン変更の前に覚悟しておくことは1つ

ドメイン変更を検討している方に筆者からお伝えいしたい事が1つだけあります。

  • 変更後にアクセス数が大幅に減少する可能性がある

上記のとおりです。

変更後にアクセス数が大幅に減少する可能性がある

ドメイン変更すると301リダイレクトを設定していても、検索順位が下落する記事が出てくるので、サイト全体のアクセス数は減少します。

ですので、軽い気持ちでドメイン変更すると、アクセス数が大幅に減少し、ブログを続けるモチベーションが無くなる可能性が出てきます。

筆者のように、

  • ブランディングしたい
  • 指名検索を獲得したい

などといった明確な目的があるならドメイン変更しても問題無いと思いますが、そこまで目的が明確になっていなければ、アクセス数が落ち込むだけなので、ドメイン変更はおすすめできないと思います。

 

ドメイン変更時のよくある疑問

最後に、筆者がドメイン変更前に疑問に思った事を解説します。

  • はてなブックマークはどうなるの?

上記のとおりです。

はてなブックマークはどうなるの?

SNSシェアのSEO効果はどれぐらいある?【直接的な効果は無いけど間接的にはある】」でも解説しているとおり、はてなブックマークは被リンクの効果があります。

ですので、はてなブックマークを獲得している記事がある場合、ドメイン変更の際にブックマークを引き継ぐ事ができるのかどうか、気になるところだと思いますが、

【SEO】ブログのURLを変更したら、はてなブックマークは新しいURLに自動的に移行される?」という記事を拝見する限りでは、自動的にURLが変更されるようです。

ただ、筆者のケースでいえば、サイトのファビコンだけ変更が反映されていましたが、URLの変更はされていませんでした。

恐らく、1ヶ月ぐらいでは反映されないのかもしれません。

 

ちなみに、以前は管理画面でブックマークのURLを一括で変更することができたのですが、仕様変更で一括変更ができなくなっていました。

自動的にURLの変更が反映されるのを待つほか無さそうです。

外部サイトからの被リンクはどうなるの?

外部サイトからの被リンクは301リダイレクトを設定していれば、そのまま引き継ぐことができます。

これは、Googleサーチコンソールの「リンク > 外部サイト」から確認できます。

 

ドメイン変更から3週間ぐらい経つと、旧ドメインの被リンク状況が反映されていることが確認できます。

アドセンスの関連コンテンツはどうなるの?

Googleアドセンスの関連コンテンツを利用している方は、「ドメイン変更すると、関連コンテンツはどれぐらいで解放されるようになるのか?」非常に気になるところだと思いますが、

筆者のケースで言うと、ドメイン変更して3週間経った頃ぐらいに関連コンテンツが解放されてました。

 

ちなみに、Googleアドセンスの関連コンテンツが解放されたどうかについては、メール通知はありませんので、小まめにチェックする必要があります。

ASPに登録していたサイトはどうなるの?

ASPによってまちまちですが、ドメイン変更で審査が必要なASPもあれば、サイトの内容が大幅に変わっていなければ、審査不要のASPもあります。

一応、有名どころのASPでドメイン変更時の対応について紹介します。

  • Amazonアソシエイト → 要審査(追加・変更申請)
  • 楽天 → 審査不要(管理画面でURLを変更するだけ)
  • A8 → 審査不要(管理画面でURLを変更するだけ)
  • アクセストレード → 要審査
  • バリューコマース → 審査不要(管理画面でURLを変更するだけ)
  • トラフィックゲート → 要審査
サイトの内容が大幅に変わるとASPによっては再審査となります。

ちなみに、トラフィックゲートでドメイン変更の申請をしたら、審査に落ちました…。

サイトの内容は全く変わっていないんですけどね。審査落ちって地味にショックを受けます。

 

まとめ

以上、ドメイン変更でアクセス数は減少する?SEOに与える影響について、実体験を元に解説しました。

筆者のケースで言うと、301リダイレクトをきちんと設定していても、サイト全体のアクセス数はドメイン変更前と比較すると3割程度減少する結果となりました。

ドメイン変更を実行して1ヶ月ぐらいしか経っていませんので、時間が経てば状況は変わるかもしれませんので、2カ月後ぐらいにまた検証してみたいと思います。

おわり。

 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました