【WordPress】パーマリンクに自動で「-2」が付く原因と対処法を解説

WordPress
  • WordPressで新しい記事を投稿するのでタイトルの入力後、任意のパーマリンク名を入力したら語尾に「-2」と勝手に付いてしまうよ。
  • 「-2」という表示を削除しても、保存ボタンを押しても勝手に付いちゃうよ。
  • どうしたら直す・削除できるのか教えて欲しいよ。

この記事では、こういった疑問にお答えします。

スポンサーリンク

パーマリンクに自動で「-2」が付くのはスラッグが重複しているから

WordPressはデータベース内に同じスラッグが存在すると、「-2」という枝番を自動的に付け足されてしまいます。

同じスラッグが存在している事に気づかずにスラッグを入力すると、語尾に「-2」と勝手に付いてしまうのです。

パーマリンクとスラッグの違い

パーマリンクとスラッグの違いは次のとおりです。

  • パーマリンク:URL
  • スラッグ:投稿・固定ページ、カテゴリ等の固有のID

 

例えば、以下のようなURLがあった場合、URL全体を「パーマリンク」と呼びます。

一方、個別記事のURLの部分(「seo」の部分)を、「スラッグ」と呼びます。

 

パーマリンクに自動で「-2」が付くよくある原因は4つ

WordPressのパーマリンクに自動で「-2」が付くよくある原因は4つあります。

  • 既存の投稿記事・固定ページに同じ名称のスラッグがある
  • ゴミ箱に同じ名称のスラッグを付けたページが残っている
  • メディアライブラリにスラッグと同じ名称の画像ファイルがある
  • スラッグを数字だけで設定している

上記のとおりです。

既存の投稿記事・固定ページに同じ名称のスラッグがある

既存の投稿記事や、固定ページに同じ名称のスラッグを使用していると、スラッグの重複を避けるために自動で「-2」という枝番が付け足されます。

例えば、過去にSEOに関する記事を書き、その記事に「seo」というスラッグを付けた場合、そのスラッグを使用した事を忘れて新たに「seo」というスラッグを付けようとすると、スラッグの重複を避けるために自動で「seo-2」というように枝番を付け足すのです。

ゴミ箱に同じ名称のスラッグを付けたページが残っている

「seo」というスラッグが付いた記事を削除した場合、ゴミ箱の中に入っている記事を完全に削除しない限り、新しい記事に「seo」というスラッグを付けると、スラッグの重複として自動的に「seo-2」というように枝番が付け足されてしまいます。

ゴミ箱に入れただけではデータは残ってますので、完全に削除するようにしましょう。

 

これは、過去記事を編集して、新しい記事として再投稿する時にやりがちなので、スラッグが重複しないよう気を付けましょう。

メディアライブラリにスラッグと同じ名称の画像ファイルがある

例えば、seo.jpgとか、seo.png等といった画像ファイルがメディアライブラリに入っている状態で「seo」というパーマリンクを設定しようとすると、保存ボタンや公開ボタンを押した際に、「seo-2」といった感じで自動的に枝番が付け足されます。

画像ファイルをアップロードする際は、ファイル名に気を付けましょう。

スラッグを数字だけで設定している

スラッグを数字だけに設定すると、自動的に「-2」と枝番が付与されてしまいます。

試しに入力すると分かりますが、何桁入力しても、スラッグに「-2」と枝番が付け足されます。

スラッグを数字だけに設定している場合、英語表記に変更するようにしましょう。

 

ちなみに、スラッグを日本語表記にしてもよいのですが、「【SEO】URLは日本語表記と英語表記(半角英字)どちらがSEOで有利?」という記事でも解説しているとおり、不具合を起こしやすくなるので、なるべくなら英語表記に変更するようにしましょう。

 

まとめ

以上、WordPressのパーマリンクに自動で「-2」が付く原因と対処法を解説

スラッグが重複していると自動的に付け足されてしまいますので、投稿や固定ページを新規で作成する時は、過去記事のスラッグ名と画像ファイル名が重複しないよう気を付けましょう。

 

人気記事【無料あり】オンラインプログラミングスクールおすすめ3選【通学不要】

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました