【SEO】競合サイトのドメインオーソリティ(権威性)を調べる方法

【SEO】競合サイトのドメインオーソリティ(権威性)を調べる方法SEO

競合サイトのドメインパワー・ドメインオーソリティ(権威性)を調べる方法をお探しの方向け。

 

SEO対策を行う上で、自分が運営しているサイトのドメインパワーや、競合サイトのドメインパワーを確認しておくことは必要です。

ドメインパワーが強いと上位表示しやすく、ドメインパワーが弱ければ上位表示が難しいからです。

ドメインパワーは「ドメインオーソリティ」と呼ばれたりします。

そこでこの記事では、競合サイトのドメインオーソリティを調べる方法を解説します。

スポンサーリンク

オーソリティとは権威性のこと

オーソリティ(authority)の言葉の意味は「権威」ですが、SEOで使われるオーソリティの意味は「権威性」のことをいいます。

権威性とは下記のように、誰もが認めるような状態のことを言います。

  • あの人が言うなら間違いない
  • このサイトに書かれている情報であれば間違いない

ちなみに、「オーソリティ」はツールを使うことで、数値化して確認する事ができます。

 

競合サイトのドメインオーソリティを調べる事ができる「MozBar」

オーソリティを数値化するツールに「Mozbar」というChrome拡張機能のツールがあります。

この「Mozbar」を使う事で、ドメインオーソリティ、ページオーソリティ、ページの被リンクなどを調べる事ができます。

無料から使えますのでおすすめです。

MozBarで確認できる数値

MozBarで確認できる数値は以下の2つです。

  • DA(Domain Authority):ドメインオーソリティ
  • PA(Page Authority):ページオーソリティ

MozBarをインストールした状態で検索すると、検索結果にDAとPAが表示されます。

数値はどのように判断すればいい?

DAとPAを確認できても「この数値をどのように判断すれば良いの?」という疑問が出てくると思います。

この数値の見方について、プロブロガーのマナブさんが以下のように解説しています。


数値の判断基準は以下の通りです。

PAの参考値

  • PA:15以下 → 半年~1年のサイトでも勝てる
  • PA:15~29 →1年半くらいのサイトで勝てる
  • PA:30以上 → かなり強いです

PAの数値の判断例

上位表示を狙っているキーワードがあり、現時点で上位表示されているページのPAが15前後であれば、上位表示を狙える余地が十分あります。

しかし、PAが30以上のページが上位を占めていれば、勝負するのは厳しいと判断するようなイメージです。

DAの数値の判断例

自分の運営サイト(ブログ)のDAをチェックし、競合サイトのDAが自分のサイトより上回っていれば厳しいかもしれませんが、同じような数値であれば十分戦える。といったイメージになります。

GoogleのSEOとドメインオーソリティは無関係

GoogleのSEOとドメインオーソリティは基本的に関係ありません。

 

元Googleのジョン・ミューラ氏も、ドメイン・オーソリティーやページ・オーソリティーについて以下のようにアナウンスしています。

ドメイン・オーソリティやページ・オーソリティは、グーグルのSEOとは一切関係ない。Mozがやっていることにすぎない。

Mozの連中は本当に賢いやつばかりだから、その数値にはちゃんとした使い道があると私はわかっている。だが、グーグルではまったく使われていない。

だから、出てきた数値が困惑するようなものだったとしたら、ランキングに影響することはないから心配しなくていい。

参考:ドメイン・オーソリティのスコアをグーグルSEOで気にするべきか? | 海外&国内SEO情報ウォッチ | Web担当者Forum

ただ、「数値にちゃんとした使い道がある」ともアナウンスしていますので、GoogleのSEOとは関係はないけど、Googleはサイトの権威性を重視していることからも、ある程度、参考する指標になるとは思います。

 

ちなみに、サイトの権威性について以下の記事で解説していますので、参考にして下さい。

 

競合サイトのドメインオーソリティを調べる事ができるMozBarを使う手順

それでは、MozBarを使って競合サイトのドメインオーソリティを調べる手順を解説します。

  • 手順①:ChromeにMozBarをインストールする
  • 手順②:MozBarの無料利用登録を行う
  • 手順③:MozBarを立ち上げた状態でキーワード検索を行う
  • 手順④:被リンク(バックリンクチェック)

上記のとおりです。

手順①:ChromeにMozBarをインストールする

まずは、MozBarをChromeにインストールします。

以下のリンクをクリックしてChromeウェブストアに移動して下さい。

https://chrome.google.com/webstore/category/extensions?hl=ja

 

Chromeウェブストアに移動しましたら、画面左上ある検索窓に「mozbar」と入力します。

下図のようにMozbarの拡張機能が表示されますので「Chromeに追加」をクリックします。

下図のように、ブラウザ上部に「「MozBar」を追加しますか?」という表示が出現しますので「拡張機能を追加」をクリックして下さい。

下図ポップアップが表示されましたら、MozBarのインストールは完了です。

MozBarのインストールが完了すると、ブラウザの右上にアイコンが常駐されます。

手順②:MozBarの無料利用登録を行う

MozBarをChromeインストールしたら、利用登録を行います。

 

MozBarをインストールすると下図のように、ブラウザ上部にツールバーが常駐表示され、「Create Account」という黄色いボタンが表示されますので、クリックして下さい。

アカウント登録画面に移動しますので、入力必須項目をすべて入力します。

各項目の詳細は次のとおりです。

  • ①Email:メールアドレスを入力します。
  • ②Display name:ユーザーIDを入力します。
  • ③Password:パスワードを設定します(5文字以上)。
  • ④I agree to the Moz:Mozの利用規約にチェックを入れます。
  • ⑤neCAPTCHA:「私はロボットではありません」にチェックを入れます。
  • ⑥Create an account:上記全てを入力したらボタンをクリックします。

 

登録ボタン(Create an account)をクリックすると、登録メールアドレスに下図のメールが届きますので、「Activate Your Account」をクリックします。

ボタンをクリックすると、MozBarの利用登録は完了です。

 

利用登録が完了しましたら、ブラウザに戻ってにログインして下さい。

これでMozBarを使う準備ができました。

手順③:MozBarを立ち上げた状態でキーワード検索を行う

MozBarにログインした状態で、キーワード検索を行うと、ドメインオーソリティを調べる事ができるようになります。

 

試しに、「seo対策 方法 リンク」というキーワードで検索してみます。

下図のように、MozBarを立ち上げた状態でキーワード検索をすると、検索結果にPA(ページオーソリティ)とDA(ドメインオーソリティ)が表示されます。

競合サイトの被リンク(バックリンクチェック)もチェックできます

PA・DAが表示されている右端を見ると、「Link Analysis」という記載された部分があります。

ここをクリックすると、ページの被リンク情報が表示され、その記事がどれぐらい被リンクを受けているのかを確認することができます。

なお、無料アカウントだと1ヵ月10回しか表示されませんので、ご注意下さい。

 

ちなみに、競合サイトの被リンクを調べたいという方は、Ahrefs(エイチレフス)の「被リンクチェッカー」というツールを使うと、無料で上位100本までの被リンクを調べる事ができます。

興味のある方は以下の記事をどうぞ。

 

まとめ

以上、競合サイトのドメインオーソリティ(権威性)を調べる方法を解説しました。

ドメインオーソリティは、Chrome拡張機能の「MozBar」を使えば簡単に調べる事ができますので、競合サイトのドメインオーソリティを調べたいという方は、是非使ってみて下さい。

 

 

人気記事【SEO】検索順位チェックツールおすすめ比較【無料試用あり】

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました