【これだけでOK】SEO対策で必須のツール8選【全部無料】

【これだけでOK】SEO対策で必須のツール8選【全部無料】SEO
  • SEO対策に取り組みたいけど、どのようなツールを使うと良いのかな?
  • 「SEOツール」で検索すると、何十個も紹介しているサイトを見るけど、やっぱりそれぐらい沢山使うものなのかな?
  • SEO対策が大切なのは理解しているけど、分析にそこまで時間を割けないから、必要最低限のツールを教えて欲しいよ。

この記事では、こういった疑問にお答えします。

スポンサーリンク

SEOツールを沢山使ってもアクセスは増えない

SEOツールはネット上に沢山ありますが、全てのツールを使って分析したからといって、アクセスが増える訳ではありません。

それに、沢山のツールを使ってチェックしていたら時間が無くなり、ページを作成する時間が無くなってしまいます。

外注のライターさんに記事を書いて貰っているなら良いですが、そうでなければ分析するだけで時間が無くなってしまいます。

なので、数を絞ってツールを使う事をオススメします。

SEOで使うツールは大きく分けて以下3種類あります。

  • アクセス解析ツール
  • キーワードチェックツール
  • 競合サイトチェックツール

上記のとおりです。

 

SEO対策で必須のアクセス解析ツールは2つ

SEO対策で必須のアクセス解析ツールは2つあります。

  • Googleアナリティクス
  • Googleサーチコンソール

上記のとおりです。

Googleアナリティクス

Googleアナリティクスは Googleが無料で提供するWebサイトのアクセス解析ツールです。

公式サイトGoogleアナリティクス

 

無料とはいえ国内の上場企業8割が利用している、非常に高機能なツールです。

Googleアナリティクスを使うことで、以下のデータをチェックできます。

  • どのページにどれぐらいアクセスがあるか?
  • どこからアクセスがあるのか?
  • どのようなデバイスでアクセスしてきているのか?

 

ちなみに、Googleアナリティクスの設置方法や使い方を以下の記事で解説していますので、是非どうぞ。

Googleサーチコンソール

Google Search Console(サーチコンソール)は、Googleが無料で提供する、キーワード毎の掲載順位を確認できるWeb解析ツールです。

公式サイトGoogleサーチコンソール

 

Googleサーチコンソールを使うと以下の情報をチェックできます。

  • 検索クエリ(ユーザーが検索する際に打ち込んだキーワード)
  • リンクチェック(被リンク・内部リンク)
  • ページのクリック数・表示回数・表示順位
  • ページスピードのチェック(PC・モバイル)
  • AMPエラーのチェック

ユーザーがどのようなキーワードでサイトに訪問しているのか?という事から、リンクの状態、ページの表示スピード、AMPエラーの有無を確認できます。

 

Googleサーチコンソールのサイトマップ登録をしておくことで、サイトのページ情報を伝えやすくなりますので、サイトを立ち上げたら、サイトマップを必ず登録しておくようにしましょう。

具体的な登録方法は「【WordPress】GoogleサーチコンソールとBing Webマスターツールにサイトマップを登録する方法」をどうぞ。

 

サイトマップを登録しておかないと、「【悲報】自分のブログを検索しても記事が表示されない!原因と対策を解説」という記事でも解説しているとおり、記事情報が認識されず、検索結果に表示されないことがありますので、必ず登録しておきましょう。

 

ちなみに、Googleサーチコンソールの使い方を以下の記事で解説していますので、是非どうぞ。

 

SEO対策で必須のキーワードリサーチツールは3つ

SEO対策で必須のキーワードリサーチツールは3つあります。

  • Googleキーワードプランナー
  • ラッコキーワード
  • Ubersuggest(ウーバーサジェスト)

上記のとおりです。

Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナーは、Googleが無料で提供するキーワードの検索ボリュームや広告掲載の入札単価を調べるツールです。

公式サイトGoogle広告

 

Googleキーワードプランナーを使うと以下の情報をチェックできます。

  • 調べたいキーワードの検索ボリューム(量)
  • デバイス別のキーワード検索の割合数
  • 運営しているサイトと関連性の高いキーワードは何か?

 

ちなみに、Googleキーワードプランナーは、Google広告の利用者向けツールですが、実際に広告を出稿しなくても無料で利用できます。

詳しい使い方は「Googleキーワードプランナーの使い方について解説【初心者向け】」という記事で解説していますので、是非どうぞ。

ラッコキーワード

ラッコキーワードは、サジェストキーワードを網羅的に取得できるツールです。

公式サイトラッコキーワード

 

使い方は「関連キーワードを一括抽出してブログ記事を書く方法【ネタ切れ無し】」という記事で解説していますので、是非どうぞ。

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)は、サジェストキーワードとサジェストに関する検索ボリューム、SEO難易度を同時にチェックできるキーワードツールです。

公式サイトUbersuggest

 

検索窓にキーワードを入力するだけで、以下の情報をチェックできます。

  • 検索ボリューム
  • SEO難易度
  • 有料難易度
  • クリック単価
  • クリック率
  • 検索者の年齢分布
  • キーワード候補
  • コンテンツ候補

 

試しに、「ブログ」というキーワードをチェックしてみると、下図のようにキーワードの検索ボリュームなどをチェックできます。

下図のようにキーワード候補のトレンドや、検索ボリューム、クリック単価なども表示されます。

コンテンツの候補も表示されます。

無料にもかからわず、非常に多くのことを調べる事ができます。

 

SEO対策で必須の競合サイトチェックツールは3つ

最後に、SEO対策で必須の競合サイトチェックツールを3つ紹介します。

  • SimilarWeb(シミラーウェブ)
  • MoZBar
  • Ahrefs(エイチレフス)

上記のとおりです。

SimilarWeb(シミラーウェブ)

SimilerWeb(シミラーウェブ)を使うと、無料で競合サイトのアクセス数や流入キーワード(無料で上位5つのオーガニックキーワードが表示される)を調べる事ができます。

公式サイトSimilerWeb

 

ちなみに、SimilerWebの詳しい使い方は、以下の記事をどうぞ。

MozBar

MozBarは、検索結果に表示されるドメインオーソリティと、ページオーソリティを確認できるツールです。

Chromeの拡張機能をインストールすると利用できます。

公式サイトMozBar

ChromeWebストア:MozBar

 

ドメインオーソリティとページオーソリティの意味は下記のとおりです。

  • DA(ドメインオーソリティ):ドメインの強さ
  • PA(ページオーソリティ):ページの強さ

MozBarをインストールした状態で検索すると、下図のように検索結果にPAとDAが表示されます。

また、PA・DAの右側にある「Link Analysis」をクリックすると、ドメイン全体の被リンク数と、ページの被リンク数を調べる事ができます。

 

MozBarの詳しい使い方は、以下の記事をどうぞ。

Ahrefs(エイチレフス)

Ahrefs(エイチレフス)は、検索順位をチェックする有料ツールではありますが、無料でキーワードのアイデアや競合サイトの被リンク・権威性をチェックできます。

公式サイトAhrefs

 

以下の機能は無料で使えますので、競合サイトのチェックや、自サイトのキーワード調査に役立ちます。

 

まとめ

以上、SEO対策で必須のツールを8つ紹介しました。

基本的に全て無料で使えますので、Webサイトやブログの運営にお役立てください。

 

なお、アクセス解析、キーワードリサーチ、競合サイトチェックは無料ツールでも全く問題ありませんが、自サイトの検索順位チェックだけは有料ツールを使った方が良いです。

理由は、無料の検索順位チェックツールは、チェックできるキーワードが数える程しかなく、全く使い物にならないからです。

キーワード毎の検索順位をチェックするのであれば、「【SEO】検索順位チェックツールおすすめ比較【無料試用あり】」で紹介している有料ツールを使いましょう。

 

 

人気記事SEO対策が学べるおすすめな本3冊【全体像や内部対策が分かる】

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました