【スマホジンバル】DJI OM5レビュー【OSMO3から買い替え】

ガジェット

DJIのスマホジンバル「OM 5」に興味をお持ちの方向け。

 

この記事を書いている筆者は、今までOsmo Mobile 3 を使っていましたが、10月末に、DJI OM5に買い替えました。

DJI OM 5 Sunset White ホワイト スマホ スタビライザー ジンバル OM5 3軸手ブレ補正 延長ロッド内蔵 折りたたみ設計 マグネット着脱式 ぶれない 自撮り棒 2021年モデル

今のところ数える程度しか使っていませんが、実際に使った経験を元に、この記事では、DJI OM 5のレビューや、おすすめポイント、懸念点を解説します。

スポンサーリンク

スマホジンバルDJI OM5レビュー

それでは早速、スマホジンバルDJI OM 5をレビューしていきます。

DJI OM5の付属品

まずは届いたDJI OM 5を開封します。

小さい箱にコンパクトにまとまっています。

箱の中身は下図のとおりです。

付属品の詳細は下記のとおりです。

  • 取扱説明書×3
  • ストラップ
  • 磁気スマートフォンクランプ(予備のパット付き)
  • カバー
  • OM 5本体
  • 電源ケーブル(USB Type-C)
  • ミニ3脚
  • 収納ポーチ

本体は小型軽量化され、持ち運び便利

OM 5の本体は小型軽量化されており、持ち運びが便利になりました。

ちなみに、歴代シリーズの重量を比較すると、下記のとおりとなります。

  • Osmo Mobile 3:405g
  • OM 4:424g(本体:390g / 磁気スマホクランプ:34g)
  • OM 5:324g(本体:290g / 磁気スマホクランプ:34g)

Osmo Mobile 3と比較すると81g軽量化され、本体も一回り小さくなったので、持ち運びが便利です。

自撮り棒のように伸ばせる

OM 5は延長ロッドを内蔵しているため、自撮り棒のように伸ばせます。

筆者はこれが欲しくてOM5を買ったようなものです。

 

下図はロッドを伸ばす前の状態です。

下図は延長ロッドをMax伸ばした状態です。

延長ロッドは最大215mm伸びるので、高いアングルからの自撮りができます。

本体カラーは2色

DJI OM 5は、本体カラーが2色から選べます。

  • アテネグレー
  • サンセットホワイト

 

Osmo Mobile 3とOM 4はグレーオンリーでしたので、2色のみとはいえ、カラーバリエーションがあるのは嬉しいです。

ちなみに筆者はサンセットホワイトを購入しました。

スマホクランプも色が綺麗です。

スマホクランプな大きめのスマホでも着脱可能

磁気スマホクランプは様々な大きさのスマホに対応しており、普通サイズのスマホから大きめのスマホでも着脱可能です。

 

筆者のスマホはGoogle Pixel 5(6インチ)ですが、下図のようにピッタリ収まります。

薄めのスマホカバーであれば、カバーを着けた状態で着脱可能です。

iPhone12 Pro Max(6.7インチ)でも試してみましたが、普通に着脱できます。

カバーが薄ければ、カバーの上からでも装着可能です(クリアカバーで試しましたが、着脱できました)。

 

Osmo Mobile 3はカバーを着けた状態だと着脱できませんでしたので、OM 5はかなり実用的です。

 

スマホジンバルDJI OM5のおすすめポイント3つ

実際に使って感じた、DJI OM 5のおすすめポイントは下記3つです。

  • スマホクランプを着けておけばすぐに撮影できる
  • アクティブトラッキングの性能が高い
  • ロッドが伸びるのでカメラワークが増える

上記のとおりです。

スマホクランプを着けておけばすぐに撮影できる

スマホにスマホクランプを着けておけば、すぐに撮影できるので便利です。

Osmo Mobile 3で撮影する場合、都度、ジンバルにスマホを装着しなければならないため、撮影するまでの準備に時間がかかります。

OM 5の場合、予めスマホにスマホクランプを着けておけば、撮影したい時にすぐに準備できて便利です。

ActiveTrackの性能が高い

OM 5のActiveTrack(アクティブトラック)はバージョン4.0へ刷新され、性能が向上しました。

 

Osmo Mobile 3(ActiveTrack 3.0)を使っていた時は、被写体が横を向いたり、被写体が遮られたり、被写体がカメラから外れたりすると、そこでトラッキングは終了してしまいました。

しかし、OM 5は被写体が外れたりしても、トラッキング継続してくれるので性能が高いです。

ロッドが伸びるのでカメラワークが増える

OM 5はロッドが伸びるので、Osmo Mobile 3の自撮りでは撮影できなかったアングルでの撮影が可能です。

高い位置からの撮影はもちろん、広角での撮影が可能です。

 

スマホジンバルDJI OM5の懸念点6つ

実際に使って感じた、DJI OM5の懸念点は6つあります。

  • ジンバルの動きが固い
  • Android用のアプリが不親切
  • スマホクランプが着脱しにくい
  • 価格が若干高め
  • 駆動時間が短い
  • ジンバル本体が持ちにくい

上記のとおりです。

ジンバルの動きが固い

OM 5はOsmo Mobile 3と比較してジンバルの動きが固いです。

撮影中、ジョイント部分の動きがカクカクします。

「ゴミか何か詰まっているのか?」と思うぐらいカクカクします。

 

Osmo Mobile 3がヌルヌル動いていたので、余計にそう感じました。

Android用のアプリが不親切

OM 5本体と関係ないかもしれませんが、Android用のアプリが不親切です。

 

OM 5で撮影するには「DJI Mimo」というアプリが必要になるのですが、このアプリ、Google Playストアで配布されていません。

DJI公式サイトにアクセスし、インストールファイルをダウンロードする必要があるのです。

iPhoneの場合、App Storeでダウンロードできます。

DJI Mimo

DJI Mimo

DJI無料posted withアプリーチ

 

説明書に「Google Playストアではダウンロードできない」と書かれてあれば良いのですが、ダウンロード先のQRコードが印刷されているだけなので、若干不親切に感じました。

ちなみに、Androidユーザーの方は、下記リンクからアプリをダウンロードできます。

公式サイトDJI Mimo – ダウンロードセンター – DJI

スマホクランプが着脱しにくい

スマホクランプが着脱しにくいです。

クランプのバネが固いので、着脱にコツがいります。

撮影中にスマホが落下しないよう、バネが強力になっているのだと思いますが、とにかく固いです。

 

Osmo Mobile 3は各パーツが大きいということもあり、着脱しやすかった分、余計にそう感じます。

価格が若干高め

OM5の本体価格は17,980円(税込)と若干高めです。

ちなみに、DJIスマホジンバルの歴代価格は下記のとおりです。

  • Osmo Mobile 3:13,750円(税込)
  • OM 4:16,500円(税込)
  • OM 5:17,930円(税込)

新機種が出るたびに価格は少しずつ上がっています。

駆動時間が短い

OM5の駆動時間は歴代で最も短いです。

  • Osmo Mobile 3:15時間
  • OM 4:15時間
  • OM 5:6.5時間

6時間半しかもたないので、外で撮影する場合、充電器も持ち歩いた方が良さそうです。

ジンバル本体が持ちにくい

個人的に、最も気になったのがジンバルの持ちにくさです。

グリップが細く、形も真円状なので、撮影してると手首が疲れます。また、グリップが真円状なので、正面を撮影しようとしても、持ち手が若干ずれることがあります。

しかも、ズレていることに気づきにくいです。

 

一方のOsmo Mobile 3は、グリップは太く、形も楕円状になっているため、撮影していても手首が疲れません。また、楕円状のグリップなので、グリップを握れば正面がすぐに分かります。

 

まとめ

以上、スマホジンバルDJI OM 5をレビューしました。

純粋に機能面だけ見れば、OM 5の方が圧倒的に良いと思いますが、撮影のしやすさを考えると、Osmo Mobile 3のままでも良かったような感じがしました。

 

ちなみに、筆者の妻は

  • ロッドが伸びで自撮りしやすい
  • 軽くてもちやすい
  • ジンバルとスマホの着脱がすぐにできてGood!
  • 色がかわいい

などといって大絶賛でした。

DJI OM 5 Sunset White ホワイト スマホ スタビライザー ジンバル OM5 3軸手ブレ補正 延長ロッド内蔵 折りたたみ設計 マグネット着脱式 ぶれない 自撮り棒 2021年モデル

 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました