【infotop&infocart】購入者をMailChimpに自動登録する方法【Zapier連携】

ツール

インフォトップやインフォカートの購入者をメール配信システムに自動登録する方法をお探しの方向け。

 

インフォトップやインフォカートには、商品やサービスの購入者対して、商品購入と連動してフォローを行なえるステップメール機能が用意されています。

ただ、用意されているステップメール機能は、基本的に必要最低限の機能しかないため、メールの分析(開封率・クリック率)や送信ドメイン認証(SPF・DKIM)ができないので、できれば自社配信にしたいところです。

この記事では、Webシステムを連携できるZapierを活用して、商品購入と連動してMailChimpに自動登録してステップメールを送信する方法を解説します。

この記事ではMailChimpを使って解説しますが、Zapierと連携可能なツールをお使いであれば、基本的な手順は殆ど同じです。
スポンサーリンク

infotopやinfocartの購入者に対するフォローステップメールは自社配信がベスト

インフォトップやインフォカートで商品を販売している方はご存知だと思いますが、購入者に対するフォローメールは、基本的にインフォトップやインフォカートが用意しているメールを使用しての配信となります。

送信時間の指定ができるとはいえ、それ以外に細かい設定はできません。

フォローステップメールを自社配信に切り替えることができれば、送信時間を細かく指定できることはもちろん、送信ドメイン認証されたメールアドレスでメールを送れるようになるので迷惑メールに入り難くなります。

 

また、開封率の測定や、クリック測定もできるようになるので、購入者に対するアップセルの購入率も改善できるようになり、メリットしかありません。

インフォトップとインフォカートと連携可能なメール配信システムは少ない

メリットしか無い自社配信ですが、インフォトップやインフォカートは連携可能なメール配信システムが非常に少ないです。

インフォカートに至っては、連携可能なメール配信システムがありません。

ですので、購入者に対して自社配信する場合、以下いずれかの方法でメール配信システムに登録する事になります。

  • CSVで購入者データをダウンロードしてメール配信システムにアップロード
  • 購入者の名前とメールアドレスをメール配信システムに手作業で登録

インフォトップと連携可能な国内のメール配信システムは2つ

インフォトップと連携できるメール配信システム現在確認できているだけで2つあります。

上記以外のメール配信システムは、インフォトップと連携できません。

Zapireと連携可能なメール配信システムを使っていれば自動登録可能

しかし、API連携が可能なメール配信システムをお使いであれば、Zapire(ザピエル)を使って自動登録が可能になります。

API連携ができないメール配信システムをお使いの場合、自動化できません。

 

Zapireを使ってインフォトップやインフォカートの購入者を自動登録する流れ【概要】

Zapireを使ってインフォトップやインフォカートの購入者を自動登録する流れの概要は次のとおりです。

  1. ユーザーがインフォトップorインフォカートで商品を購入する。
  2. インフォトップやインフォカートから送信される売上通知メールをメール解析ツール「Email Parser by Zapier」に送信。
  3. 売上通知メールから「名前」と「メールアドレス」情報を抽出する。
  4. 抽出した名前とメールアドレスをZapierが自動でMailChimpに登録する。
  5. MailChimpに設定しておいたオートメーション(購入者をフォローするステップメール)に登録し、購入者に対してメールを送付する。
ちなみに、本記事ではMailChimpを使って解説しますが、Zapierと連携可能なツールをお使いであれば、基本的な手順は殆ど同じです

以上が概要となります。

 

ちなみに、この設定を行う前に、Zpierのアカウント登録と、MailChimpでステップメールを準備をしておきましょう。

  • Zapierのアカウント登録
  • MailChimpでAutomation(ステップメール)を作成しておく。

 

インフォトップとインフォカートの購入者をMailChimpに自動登録する手順

それでは、インフォトップとインフォカートの購入者をMailChimpに自動登録する手順を解説します。

  • 手順①:「Email Parser by Zapier」で購入者情報を解析する専用のメールアドレスを取得
  • 手順②:発行された解析用のメールアドレスをインフォトップやインフォカートに登録する
  • 手順③:「Email Parser by Zapier」で購入通知メールを解析するテンプレート作成
  • 手順④:ZapierでZAPを作成

上記のとおりです。

手順①:Zapierの「Email Parser by Zapier」で購入者情報を解析するメールアドレスを取得

最初に、Zapierのアカウントを使って、「Email Parser by Zapier」にログインします。

以下のリンクをクリックし、「Email Parser by Zapier」に移動して下さい。

Parse Emails by Zapier

 

トップページに移動したら、「Login」ボタンをクリックします。

ポップアップでLogin情報入力画面が出現しますので、ログインして下さい。

Zapierにログインしている状態であれば、「Login in with your Zapier account」をクリックするだけログインできます。

「Email Parser by Zapier」とZapierの接続確認がありますので、「Authorize」をクリックします。

「Email Parser by Zapier」の設定画面に移動しますので、「Create Mailbox」をクリックします。

解析用のメールアドレス(xxxxxx@robot.zapier.com)が発行されますので、下図枠内にあるメールアドレスをコピーして下さい。

ちなみに、万が一、操作ミス等でメールアドレスの表示が消えてしまった場合、上部メニューの「Mailboxes」をクリックすれば発行されたメールアドレスを確認できます。

インフォトップとインフォカート、2つのASPで商品を販売されている方は、解析用のメールアドレスを2つ取得して下さい。

手順②:発行された解析用のメールアドレスをインフォトップやインフォカートに登録する

「Email Parser by Zapier」で発行された解析用のメールアドレスを、インフォトップやインフォカートに登録します。

  • インフォトップの売上通知メールアドレスに追加
  • インフォカートの売上同報メールアドレスに追加

上記順に登録手順を解説します。

インフォトップの売上通知メールアドレスに追加

インフォトップの販売者画面にログインして、商品編集画面に移動すると、画面中ほどに「売上通知メールアドレス」という項目があります。

ここに「Email Parser by Zapier」で取得した「xxxxxx@robot.zapier.com」というメールアドレスを登録します。

インフォトップとインフォカート、2つのASPで商品を販売されている方は、解析用のアドレスを登録する際、「インフォトップ用」に取得したメールアドレスを登録して下さい。

インフォカートの売上同報メールアドレスに追加

インフォトップの発行者画面にログインして、商品の編集画面に移動すると、画面中ほどに「売上同報メールアドレス」という項目があります。

ここに、「Email Parser by Zapier」で取得した「xxxxxx@robot.zapier.com」というメールアドレスを登録します。

複数のメールアドレスを登録する場合、「,(半角カンマ)」で区切って登録して下さい。

インフォトップとインフォカート、2つのASPで商品を販売されている方は、解析用のアドレスを登録する際、「インフォカート用」に取得したメールアドレスを登録して下さい。

 

以上で、売上通知メールが「Email Parser by Zapier」に送信されるようになります。

手順③:「Email Parser by Zapier」で売上通知メールを解析するテンプレート作成

「Email Parser by Zapier」で売上通知メールの内容を解析するテンプレートを作成します。

テンプレート作成に関する注意事項

実際に1度は「Email Parser by Zapier」に売上通知メールが送信されないと、メール内容を解析するテンプレートが作成できません。

過去に届いた売上通知メールをコピーして、貼り付ければテンプレートが作れるのでは?と思うかもしれませんが、微妙に改行でずれたりするので、うまく機能しない場合があります。

この記事を書いている筆者も実際に試しましたが、うまく機能しませんでした。

 

ですので、ここから先の手順は「Email Parser by Zapier」に売上通知メールが1回送信されないと進めませんので、ご注意ください。

売上通知メールが「Email Parser by Zapier」に届いた後の設定方法

手順②:発行された解析用のメールアドレスをインフォトップやインフォカートに登録する」で登録したメールが「Email Parser by Zapier」に届いたら、売上通知メールを解析するテンプレートを作成します。

 

「Email Parser by Zapier」にログインして、下図Mailboxesの画面でアイコンをクリックします。

インフォトップやインフォカートから売上通知が届くと、下図のようにメールの内容を確認できますので、このメールを元に、テンプレートを作成します。

下図はインフォトップの販売通知です。

購入者の名前を取得する設定

最初に、購入者の名前を取得する方法を解説します。

①メール本文に記載されている名前の部分をドラッグして、②任意の項目名を入力します(半角英字で入力します)。③最後に「Save」で保存します。

「Save」をクリックすると、下図赤枠内のようにドラッグした部分がテンプレートの項目として置き換わります。

これにより、売上通知メールから名前を抽出できるようになります。

購入者のメールアドレスを取得する設定

名前の取得と同様、メールアドレスもテンプレートとして設定します。

メールアドレスをドラッグして、任意の項目名を半角英字で入力してSaveします。

本記事では名前とメールアドレスのみ設定しますが、他に必要な情報がありましたら、同様の方法で取得して下さい。

 

テンプレートの項目を設定したら、画面下部にある「Save Address and Template」をクリックします。

テンプレートを保存したというメッセージが表示されたら、テンプレートの設定は完了です。

手順④:Zapierで売上通知メールをMailChimpに自動登録するZAPを作成

Zapierで売上通知メールをMailChimpに自動登録するZAPを作成します。

Zapierでは、Webサービス同士を連携して作成したアプリを「Zap」と呼んでいます。

 

Zapierで以下のZAPを作成します。

  • トリガー:「Email Parser by Zapier」に販売通知が届き、購入者情報を抽出する
  • アクション:抽出した購入者情報をMailChimpに登録してステップメールが発動する

手順③:「Email Parser by Zapier」で購入通知メールを解析するテンプレート作成」が完了したら、Zapierにログインして下さい。

Zapier | The easiest way to automate your work

 

Zapierのダッシュボード左側にメニューがありますので、「MAKE A ZAP」をクリックします。

トリガーとなるアプリを設定

アプリ選択画面が表示されますので「Email Parser by Zapier」を選択します。

「Email Parser by Zapier」を選択後、「Choose Trigger Event」をクリックすると、プルダウンメニューが開きますので、「New Email」を選択します。

「CONTINUE」をクリックしたら、「Email Parser by Zapier」側の設定は完了です。

続いて、下図赤枠内の「EDIT」をクリックして下さい。

アクションとなるアプリを設定

アプリ選択画面が表示されますので、「MailChimp」を選択します。

「MailChimp」を選択すると、下図の画面が表示されます。

「Choose Action Event」のプルダウンメニューを開くと選択肢が3つ出てきますので、「Add/Update Subscriber」を選択します。

次に、接続するMailChimpアカウントを設定します。

「MailChimp account」でZapierと連携するMailChimpアカウントを選択します。

選択したら、「CONTINUE」をクリックします。

手順⑤:登録対象となるAudienceの設定

MailChimpの登録対象となるAudienceを設定します。

各項目の設定方法は次のとおりです。

  • ①Audience:登録対象となるオーディエンスを選択します。
  • ②Subscriber Email:「Email Parser by Zapier」で作成したテンプレートを呼び出し、購入者情報のメールアドレスを選択します。
  • ③Double Opt-In:ダブルオプトインを使うかどうか選択します。True(Yes)、False(No)
  • ④Update Existing:登録者情報を上書きするかどうか選択します。True(Yes)を選択すると登録者情報は上書きされ、False(No)を選択すると、上書きされず、ステップも停止します。
  • ⑤Replace Groups:グループの置き換えを次の3つの中から選択できます。(グループを設定していない方は必要ありません)。
    • Replace All:登録者の既存のグループはすべてクリアされ、Zapで選択したグループのみ追加されます。
    • Add Only:Zapで指定したグループに登録者情報が追加されます。
    • Replace Matching:Zapで指定したグループのみ、クリアor置換えます。
  • ⑥Groups:グループを設定している方は、グループの情報を置換える対象を選択します。
  • ⑦Language Code:ここは何も設定しなくてもOKです。
  • ⑧Tag(s):オーディエンスにタグを仕様している方は、タグ付けの設定ができます。

全て設定しましたら、画面下部にある「TO CONTINUE, FINISH」をクリックして設定完了です。

 

まとめ

以上、Zapierを使って、インフォトップやインフォカートの購入者をMailChimpに自動登録する方法を解説しました。

本記事ではMailChimpに自動登録する方法を解説しましたが、Zapierと連携可能なメール配信システムであれば、インフォトップやインフォカートの購入者をお使いのメール配信システムに自動登録できます。

 

ちなみに、「【無料あり】メールマーケティングにおすすめなツール3選【販売を自動化】」という記事で紹介している「Benchmark Email」、「ConvertKit」、「Mautic」というツールであれば、Zpierと連携できるので、本記事で紹介した自動登録が可能です。

 

外部ツールを使うのは面倒だから、やはり直接インフォトップと連携したいという方は、「Web集客におすすめなメール配信システム4選【ニーズ別に紹介】 」という記事でインフォトップと連携可能なメール配信システム(エキスパ・マイスピー)を紹介していますので、是非ご確認下さい。

 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました