【MailChimp】迷惑メール判定を回避する送信ドメイン認証(SPF・DKIM)の設定方法

MailChimpの送信ドメイン認証(SPF・DKIM)マーケティング

MailChimp(メールチンプ)のアカウントを作成し、独自ドメインでメールマガジンを配信しようと準備している方向け。

 

MailChimpはアカウントを作成するとすぐに利用できますが、メール配信する前に、必ず設定して頂きたいことが一つだけあります。

それは、送信ドメイン認証(SPFレコード・DKIM)の設定です。

この記事では、MailChimpの送信ドメイン認証を設定する方法を解説します。

 

最初にご確認ください

本記事の内容は次の方を対象に書いております。

ご確認事項
  • 独自ドメインでMailChimpを登録している(←大前提)
  • エックスサーバーの独自ドメインを利用している
  • お名前.comで独自ドメインを取得している

従いまして、無料メール(GmailやYahoo!メール等)でMailChimpを利用している方には全く役に立たないと思いますので、予めご了承ください。

 

メールマガジンの送信元アドレスをフリーメール(GmailやYahoo!メール等)で設定していると、超高確率で「迷惑メール」判定を受けます。
これは、MailChimpに限らず、殆どのメール配信サービスに言える事なので、フリーメールでメール配信するのはおすすめしません。

もし、独自ドメインをお持ちでなければ、お名前.comで独自ドメインを取得してからMailChimp利用するようにしましょう。

スポンサーリンク

MailChimpでメールを配信する前に送信ドメイン認証の設定が必要

MailChimpでメールを配信する前に、必ず送信ドメイン認証の設定を済ませてから、メールを配信するようにしましょう。

送信ドメイン認証を必ず設定する理由は、迷惑メール判定を少しでも回避するためです。

  • 送信ドメイン認証を設定している → 迷惑メール判定を受け難い
  • 送信ドメイン認証を設定していない → 迷惑メール判定を受けやすい

せっかくメールを書いても、迷惑メール判定を受けて、読者さんのメールボックスに届かなければ全く意味無いです。

少しでも迷惑メール判定を回避するために、設定は必須です。

ちなみに、これはMailChimpに限った話では無く、どのメール配信サービスでも同じです。設定していないとほぼ確実に迷惑メール判定を受けます。

送信ドメイン認証を行わないと迷惑メール判定を受ける理由

メール配信システムで配信されたメールが迷惑メール判定を受ける要因は色々ありますが、そのうちの1つに、送信元アドレスのなりすまし判定があります。

なりすましとは、メールの送信元アドレスの情報を偽ることをいいます。

なりすまし判定を受ける仕組み

MailChimpでメールを配信すると、送信元アドレスは「mcsv.net」となります(「mcsv.net」以外にもあると思いますが、代表的なアドレスをあげておきます)。

しかし、このサイトのドメインは「takapon.net」です。

配信者のドメインが「takapon.net」なのに、送信元のドメインは「mcsv.net」だと、メールを受け取ったシステムは「送信元が「takapon.net」というドメインを使って、メールを偽装している可能性有り(なりすましている可能性有り)」と判定します。

その結果、迷惑メール判定を受けてしまうのです。

送信ドメイン認証を行うとなりすまし判定を回避できる

送信ドメイン認証の設定を行うということは、メール受信サーバーに対して以下のことを伝える設定です。

「takapon.net」というドメインを使って、MailChimpの配信サーバー「mcsv.net」でメールを送信することを許可しているから、「mcsv.net」の配信サーバーから送信される「takapon.net」というドメインのメールはなりすましではありません。

 

MailChimpでメールを配信する前に必ず設定するようにしましょう。

せっかくメールマガジンを書いて送っても、迷惑メールフォルダに直行してしまったら意味ないですからね。

 

MailChimpの送信ドメイン認証を設定する手順【全体像】

送信ドメイン認証の必要性を理解頂いたところで、送信ドメイン認証を設定する手順を解説します。

  • 手順①:MailChimpのSPFレコード・DKIM情報を取得する
  • 手順②:DNSレコードを設定する
  • 手順③:MailChimp側で認証を行う

基本的な流れは上記のとおりですが、本記事ではエックスサーバーを使った設定方法を解説します。

  • エックスサーバーで送信ドメイン認証を設定する手順

 

エックスサーバーでMailChimpの送信ドメイン認証を設定する手順

エックスサーバーで独自ドメインを取得している方向けに、MailChimpの送信ドメイン認証を設定する手順を解説します。

  • 手順①:MailChimpのSPFレコード・DKIM情報を取得
  • 手順②:エックスサーバーのDNSレコードに追加
  • 手順③:SPFレコードを追加する
  • 手順④:DKIM情報を追加する
  • 手順⑤:MailChimp側で認証を行う

上記のとおりです。

手順①:MailChimpのSPFレコード・DKIM情報を取得

送信ドメイン認証を設定するには、MailChimpのSPFレコード・DKIM情報を取得する必要があります。

これは、ダッシュボード(管理画面)で確認しますので、MailChimpのダッシュボードにログインして下さい。

公式サイト:MailChimp

ダッシュボードにログインすると下図の画面が表示されますので、①画面右上(管理者名)をクリックして②「Account」を選択します。

「Account」を選択すると、下図の画面が表示されますので、①「Settings」タブを選択して、②「Verified Domains」を選択します。

「Verified Domains」というページに移動したら、赤枠部分の「View setup instructions」をクリックします。

「Domain Authentication」というポップアップが表示され、DKIM情報と、SPFレコードの情報が表示されます。

表示されたDKIM情報とSPFレコードはコピーして使いますので、このポップアップを開いたまま、次の手順に進みます。

手順②:エックスサーバーのDNSレコードに追加

取得したSPFレコードとDKIM情報をエックスサーバーのDNSレコードに追加します。

エックスサーバーのサーバーパネルにログインして下さい。

https://www.xserver.ne.jp/login_server.php

サーバーパネルの右上にある「DNSレコード設定」をクリックします。

ドメイン選択画面が表示されますので、DNSを設定するドメインの「選択する」をクリックして下さい。

「DNSレコード設定」という画面が表示されますので、「DNSレコードの一覧」というタブをクリックすると、ドメインのDNS情報が表示されます。

ここに、MailChimpで取得したSPFレコードとDKIM情報を追加します。

手順③:SPFレコードを追加する

最初に、SPFレコードを追加します。

「DNSレコードの追加」タブを選択して下さい。

設定画面が表示されますので、SPFレコードを追加していきます。

各項目の設定方法は次のとおりです。

  1. ホスト名:空白
  2. 種別:「TXT」を選択
  3. 内容:v=spf1 +ip4:xxx.xx.xxx.xx include:servers.mcsv.net ~all
  4. 優先度:「0」のままでOK
  5. 入力しましたら、「DNSレコードの追加」をクリックします。

内容の「xxx.xx.xxx.xx」の部分について

内容に「xxx.xxx.xxx.xxx」という部分がありますが、これはあなたのサーバーのIPアドレスを入力してください。

これは、サーバーパネルの「サーバー情報」から確認できます。

IPアドレスが、「123.45.678.90」の場合、内容を追加する時は下記のようになります。

内容を設定したら先に進みましょう

内容を設定したら確定ボタンをクリックします。

これで、SPFレコードの追加は完了です。

手順④:DKIM情報を追加する

次に、DKIM情報を追加します。

SPFレコードを追加した時と同じように、「DNSレコードの追加」から行います。

各項目の設定方法は次のとおりです。

  1. ホスト名:「k1._domainkey」と入力
  2. 種別:「CNAME」を選択
  3. 内容:dkim.mcsv.net
  4. 優先度:「0」のままでOK
  5. 入力しましたら、「DNSレコードの追加」をクリックします。

ホスト名の確認場所

ホスト名は異なる可能性がありますので(筆者の場合「k1._domainkey」でしたが、人によっては違う可能性があります)、下図の赤枠内を確認して下さい。

設定したら確定する

DKIM情報を入力し、「DNS情報の追加(確認)」をクリックすると、確認画面が表示されますので、「確定」をクリックして下さい。

以上でSPFレコードとDKIM情報の設定は完了です。

手順⑤:MailChimp側で認証を行う

エックスサーバーのDNSレコードの追加が完了したら、下図の画面に戻り、赤枠内の「Authenticate Domain」をクリックします。

クリックすると、エックスサーバーで設定したSPFレコードとDKIMの認証が始まります。

認証が完了すると、「Verified Domains」の画面に戻ります。

「Authenticate」の部分がグリーンに変化していれば設定完了です。

DNS情報を追加して間もないと、「Authenticate Domain」をクリックした後に赤枠で注意書きが表示されます。内容は、「DNS情報が浸透するまで24~48時間かかる時があるので、ある程度時間が経ってから認証を押して欲しい」というようなものです。

もし、赤枠の注意書きが表示されたら何時間か間を空けてから再度「Authenticate Domain」をクリックするようにして下さい。

以上でエックスサーバーで独自ドメインを取得している方の送信ドメイン認証の設定は完了です。

 

まとめ

以上、MailChimpでメールを送信する際に迷惑メール判定を回避する、送信ドメイン認証の設定方法について解説しました。

手順通り行えば簡単に設定できますし、設定にかかる時間も10分~15分程度できます(DNS情報が浸透するまでは時間がかかる事があります)。

MailChimpを使ってメール配信する方は、迷惑メール判定のリスクを少しでも排除するために、必ず設定するようにしましょう。

送信ドメイン認証を行ったら、実際にメール配信を行ってみましょう。

 

ちなみに、以下の記事で一斉配信の方法や、ステップメールの作り方を解説していますので、是非どうぞ。

 

また、以下の記事ではMailChimpの使い方を網羅的に解説しています。こちらも是非参考にして下さい。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました