【WordPress】複数のテーマが使える「Multiple Themes」

【WordPress】複数のテーマが使える「Multiple Themes」WordPress

1つのWordPressサイトに複数のテーマを実装する方法をお探しの方向け。

 

WordPressは基本的に1つのサイトに対し、1つのテーマしか有効化できません。

しかし、「Multiple Themes」というプラグインを使うことで、下記のように1つのサイトに複数のテーマを適用できるようになります。

  • 特定ページだけ、LP専用テーマのデザインを適用させる
  • 特定のカテゴリーだけ、違うテーマのデザインを適用させる

 

この記事では、WordPressで複数のテーマが使えるプラグイン「Multiple Themes」の使い方を解説します。

スポンサーリンク

複数のテーマが使えるプラグインMultiple Themes

Multiple Themesは、複数のテーマのデザインを適用させることができるプラグインです。

使い方はシンプルで、細かい設定はほとんど必要としません。手順どおり設定すれば簡単に設定できますので、特定ページ・特定カテゴリーに別のテーマデザインを適用させたいとお考えの方は、是非チャレンジしてみてください。

 

Multiple Themesで複数のテーマを設定する手順

それでは、Multiple Themesを使って複数のテーマを設定する手順を解説します。

  • 手順①:テーマのインストール
  • 手順②:プラグインの入手
  • 手順③:複数テーマの設定

上記のとおりです。

手順①:テーマのインストール

プラグインをインストールする前に、事前にテーマをインストールしておきましょう。

ちなみに、本記事では、下図3つのテーマを使って解説していきます。

  • メインテーマ → Lightning
  • デザインを適用させるテーマ → カラフル、SWELL

説明のため、3つのテーマをインストールしてますが、ご利用状況に合わせてインストールしておいてください。

手順②:プラグインの入手

次に、プラグインを入手します。

ダッシュボード>プラグイン>新規追加 を選択します。

プラグイン検索窓に「Multiple Themes」と入力するとプラグインが表示されますので、「今すぐインストール」をクリックします。

インストール終了後「有効化」をクリックして、プラグインを有効化します。

左側メニューの「設定」を確認すると、「Multiple Themes plugin」という項目が追加されたことが確認できます。

外観にも「Multiple Themes plugin」が追加されます。

プラグインをインストールしたら、テーマを設定します。

手順③:複数テーマの設定

メインテーマと異なるテーマを適用させる設定を行います。

ちなみに本記事では、下記3種類の設定方法を解説します。

  • ①トップページに別のテーマを適用する設定方法
  • ②特定ページに別のテーマを適用する設定方法
  • ③カテゴリー・カテゴリーページに別のテーマを適用する設定方法

上記の順に解説します。

①トップページに別のテーマを適用する設定方法

トップページに別のテーマを適用する設定方法を解説します。

左側メニューの
ダッシュボード>設定(もしくは外観)>Multiple Themes plugin を選択します。

下図画面が表示されますので、画面中ほどまでスクロールします。

設定ページ中ほどに「Site Home」という項目がありますので、トップページに表示したいテーマを選択します。

本記事では「SWELL」を選択してみました。

テーマを選択したら、「Save All Changes」をクリックして設定を保存します。

トップページを確認すると、下図のようにトップページだけSWELLが適用されていることが確認できます。

トップページは「SWELL」が適用されますが、それ以外のページは全て「Lightning」が適用されます。

②特定ページに別のテーマを適用する設定方法

次に、特定ページに別のテーマを適用する設定方法を解説します。

設定画面の下記項目に移動し、必要事項に入力します。

For An Individual Page, Post or other non-Admin page;
or a group of pages, specified by URL Prefix, optionally with Asterisk(s)

各項目の設定方法は下記のとおりです。

  • ①Select here if URL is a Prefix:「URL」を選択します。
  • ②Theme:特定ページに表示させるテーマを選択します。
  • ③URL of Page, Post, Prefix or other:固定ページや記事ページのURLを入力します。(例)https://hogehoge.com/lp/
URLを入力する際、https(http)から始まる全てのURLを入力しないと設定は適用されません。

設定したら「Save All Changes」をクリックして設定を保存します。

これで、特定ページに別のテーマが適用されるようになります。

③カテゴリー・カテゴリーページに別のテーマを適用する設定方法

カテゴリー・カテゴリーページに別のテーマを適用する設定方法を解説します。

先程の特定ページを適用させる方法と同じ、下記項目で設定します。

For An Individual Page, Post or other non-Admin page;
or a group of pages, specified by URL Prefix, optionally with Asterisk(s)

各項目の設定方法は下記のとおりです。

  • ①Select here if URL is a Prefix:「URL Prefix」を選択します。
  • ②Theme:特定のカテゴリーページに表示させるテーマを選択します。
  • ③URL of Page, Post, Prefix or other:カテゴリのURLを入力します。(例)https://hogehoge.com/category/blog/

設定したら「Save All Changes」をクリックして設定を保存します。

これで、カテゴリー・カテゴリーページにテーマが適用されるようになります。

カテゴリーに属する全ての記事を別のテーマに適用させる時の注意点

カテゴリーに属する全ての記事を別のテーマに適用させる場合、パーマリンクを下図のように「投稿名」で設定しているとカテゴリページしかテーマが適用されません。

パーマリンクを投稿名(個別記事がドメイン直下の設定)で設定していると、テーマが適用されるのはカテゴリーページのみとなります。

 

もし、カテゴリーに属する全ての記事にテーマを適用させたい場合、下図のようにパーマリンクを変更する必要があります。

カスタム構造の入力欄の先頭に①「%category%」を入力し、②投稿名の「%postname%」を入力します。

これで、カテゴリーに属する全ての記事にテーマが適用されるようになります。

 

適用された複数テーマの解除方法

適用された複数テーマの解除方法を解説します。

複数のテーマが適用されていると、下図のように「Theme Selection Entries」という項目が追加されますので、ここで適用されたテーマを解除します。

解除方法は、①解除したいテーマにチェックを入れて、②「Save All Changes」で設定を保存するだけです。

下図のように項目が減っていれば、解除成功です。

 

Multiple Themesを使うときの注意点3つ

最後に、Multiple Themesを使うときの注意点を3つ紹介します。

  • テーマ固有の機能は有効化しているテーマしか使えない
  • 複数のテーマを同時にカスタマイズできない
  • テーマにアクセス解析を設置するときちんと計測されない可能性あり

上記のとおりです。

テーマ固有の機能は有効化しているテーマしか使えない

テーマ固有の機能は有効化しているテーマしか使えません。

複数のテーマを表示できるからといって、テーマ固有の機能が全て動作するということではありません。

テーマ固有の機能が動作するのは、あくまで「有効化」されているテーマであり、その他のテーマはMultiple Themesでデザインだけが適用されている状態に過ぎません。

 

したがって、例えば、テーマ固有の機能を使ってページを作成するときは、テーマの有効化を切り替える必要があります。

複数のテーマを同時にカスタマイズできない

カスタマイザーを使用してサイトをカスタマイズする場合、「テーマ固有の機能は有効化しているテーマしか使えない」と同じで、有効化しているテーマしか機能しません。

したがって、特定ページに別のテーマを適用させていて、そのページをカスタマイズしたい場合、いったん、テーマの有効化を切り替える必要があります。

ちなみに、カスタマイザーで変更した内容はすべて保持されます。

テーマにアクセス解析を設置するときちんと計測されない可能性あり

テーマにアクセス解析タグを設置すると、計測されないページが出てきたり、重複されて計測される場合があります。

このような場合、テーマ固有の機能でアクセス解析タグを設置せずに、タグ設置プラグインを使うと、正しく計測されます。

 

詳しい設定方法はTCDテーマさんが運営している記事に詳しく書かれていますので、下記記事を参考に設定してください。

参考リンクアクセス解析やコンバージョンタグを記憶保存しておけるWordPressプラグイン「Insert Headers and Footers」

 

まとめ

以上、1つのWordPressサイトに複数のテーマを適用できるプラグイン「Multiple Themes」の使い方を解説しました。

特定ページや、特定カテゴリーだけ、別のテーマデザインを適用させたいという方は、是非お試しください。

 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました