【WordPress】子テーマとは?仕組みや使い方を解説【上書き防止】

【WordPress】子テーマとは?仕組みや使い方を解説【上書き防止】WordPress

WordPressのテーマをカスタマイズして使っているけど、テーマアップデートの度にカスタマイズしたテーマが元に戻ってしまうとお悩みの方向け。

 

WordPressのテーマをカスタマイズする場合、下記いずれかのファイルを編集すると思います。

  • PHPファイル(functions.php)
  • スタイルシート(style.css)

しかし、テーマファイルを直接編集すると、テーマアップデート時にファイルが上書き更新されますので、カスタマイズしたファイルはリセットされます。

 

テーマアップデートによるリセットを防止するには、テーマを直接編集するのではなく、子テーマを設置し、その子テーマを編集することで、リセットを回避できます

この記事では、子テーマの仕組みや使い方を解説します。

スポンサーリンク

WordPressの子テーマとは、カスタマイズ専用ファイルのこと

子テーマとは、元々のテーマファイル(「親テーマ」と呼ばれています。)と組み合わせて使用する、カスタマイズ専用のファイルの事をいいます。

 

子テーマを設置すれば親テーマ更新による上書きを防止できますので、テーマをカスタマイズされる方は子テーマを設置し、子テーマを編集した方が良いです。

親テーマをカスタマイズして、テーマ更新の度にリセットされる仕組み

親テーマをカスタマイズして、テーマ更新の度にリセットされる仕組みを解説します。

 

WordPressにテーマをインストールして有効化すると、テーマデザインが反映されます。

 

親テーマのファイルをカスタマイズすると、カスタマイズされたデザインが反映されます。

テーマアップデート時にリセットされる

親テーマの更新があるとファイルが上書きされ、カスタマイズした内容が全てリセットされてしまいます。

これを防止するには、子テーマを設置して、子テーマをカスタマイズすることです。

子テーマを使うとテーマ更新の影響を受けない仕組み

子テーマを使うとテーマ更新の影響を受けない仕組みを解説します。

 

親テーマと合わせて子テーマを設置すると、親テーマのデザインが反映されます。

 

この状態で子テーマをカスタマイズすると、カスタマイズされた内容が反映されます。

テーマアップデートの影響を受けない

親テーマの更新があっても、子テーマはアップデートによる上書きはありませんので、アップデートの影響は一切受けません。

そのため、カスタマイズしたデザインは親テーマをアップデートしても維持されます。

 

テーマをカスタマイズされる方は、親テーマをカスタマイズするのではなく、子テーマを設置して子テーマをカスタマイズするのがおすすめです。

 

WordPressに子テーマを設置して編集する手順

WordPressに子テーマを設置して編集する手順を解説します。

  • 手順①:子テーマのダウンロード
  • 手順②:子テーマのインストール
  • 手順③:子テーマの編集

上記のとおりです。

なお、本記事では「Lightning」テーマを例に解説していますが、他テーマでも設置・編集方法は殆ど同じです。

手順①:子テーマのダウンロード

まずは子テーマを入手します。

以下のリンクをクリックし、テーマ配布元のサイトに移動します。

参考リンク子テーマでのカスタマイズ | 設定ガイド | Lightning – シンプルでカスタマイズしやすいWordPress.org登録無料テーマ –

 

ページの中ほどに「子テーマカスタマイズサンプル」というファイルがありますので、ダウンロードします。

※投稿時点でのバージョンは「0.1.2」でしたが、今後、バージョンが変わる可能性があります。

手順②:子テーマのインストール

ダウンロードした子テーマをWordPressにインストールします。

ダッシュボード>外観>テーマ を選択します。

 

テーマ一覧が表示されますので、「新規追加」をクリックします。

テーマの追加画面が表示されますので、画面上にある「テーマのアップロード」をクリックします。

先程ダウンロードした「子テーマカスタマイズサンプル」をアップロードします。

アップロードしたら有効化します。

これで子テーマが有効になります。

手順③:子テーマの編集

子テーマの編集は以下から行う事ができます。

ダッシュボード>外観>テーマの編集 を選択します。

 

子テーマのスタイルシート(style.css)が表示されますので、スタイルシートをカスタマイズする時は、このファイルを編集します。

PHPファイル(functions.php)を編集する時は、右側にある「テーマのための関数」を選択するとPHPファイルを編集できます。

75行目以降を編集すると良いかと思います。

 

まとめ

以上、WordPressの子テーマの仕組みや使い方を解説しました。

テーマをカスタマイズする際は、子テーマを設置するとアップデートによる上書き削除を防止できます。

テーマをカスタマイズされる方は、親テーマをカスタマイズするのではなく、子テーマを設置して、子テーマをカスタマイズすると、テーマアップデートの影響を受けずに済みます。

 

 

人気記事【無料あり】オンラインプログラミングスクールおすすめ3選【通学不要】

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました