ContactForm7の自動返信が迷惑メール判定!WP Mail SMTPで解決

ContactForm7の自動返信が迷惑メール判定!WP Mail SMTPで解決WordPress

WordPressのお問い合わせフォームプラグイン「Contact Form 7」から送信される自動返信メールが迷惑メール判定を受けてしまい、解決方法をお探しの方向け。

 

お問い合わせフォームプラグイン「Contact Form 7」は、ショートコードを貼り付けるだけでフォームを設置できるという非常に便利なプラグインですが、Contact Form 7から送信される自動返信メールが迷惑メール判定を受けることがあります。

このような時は、「WP Mail SMTP」というプラグインを入れておけば、迷惑メール判定を回避できます。

 

この記事では、お問い合わせフォームプラグイン、Contact Form 7の自動返信メールが迷惑メール判定を受けてしまうケースや、WP Mail SMTPの設定方法を解説します。

スポンサーリンク

Contact Form 7の自動返信メールが迷惑メール判定を受けるパターンは2つ

最初に、Contact Form 7の自動返信メールが迷惑メール判定を受けるパターンを2つ紹介します。

  • サイトのドメインと異なるメールを設定している
  • グループウェアを利用している

上記のとおりです。

サイトのドメインと異なるメールを設定している

Webサイトやブログのドメイン(URL)と異なるメールアドレスを設定すると、自動返信メールが迷惑メール判定を受けやすくなります。

具体的には以下のケース。

  • サイトドメイン:https://takapon.net
  • 送信元:hogehoge@gmail.com
フリーメールをメインに利用されている方によくあるパターンです。

 

下図のように、サイトドメインと異なるメールアドレスを送信元として設定すると、なりすまし判定を受け、その結果、迷惑メール判定を受けてしまいます。

グループウェアを利用している

独自ドメインのグループウェアを利用している方が送信元に独自ドメインのメールアドレスを設定すると、なりすまし判定を受け、迷惑メール判定を受けやすくなります。

 

ちなみに、当サイトは「takapon.net」というドメインで運用していますが、メールは独自ドメインのグループウェア(Google Workspace)を利用しているため、メールはエックスサーバーのメールサーバーから配信されるのではなく、Googleのメールサーバーから送信されます。

  • Webサイト(ブログ)設置サーバー → エックスサーバー
  • メール配信サーバー → Google Workspace

この状態で何の対策もせずにContact Form 7の送信元に、独自ドメインのメールアドレスを設定しても、なりすまし判定を受け、迷惑メール判定を受けやすくなります。

 

迷惑メール判定を受ける原因は1つ

迷惑メール判定を受ける原因は1つです。

  • フォーム設置サーバーとメール配信サーバーが異なる

上記のとおりです。

フォーム設置サーバーとメール配信サーバーが異なる

フォーム設置サーバーとメール配信サーバーが異なると、なりすまし判定を受けますので、迷惑メール判定を受けます。

具体的には以下のケース。

  • フォーム設置サーバー → レンタルサーバー(ipアドレス/12.345.67.899)
  • メール配信サーバー → Gmail等のフリーメール・グループウェア(ipアドレス/22.456.13.117)

上記の状態でメール送信すると、メールを受信サーバーは「なりすましの可能性あり」と判断し、その結果、迷惑メール判定を受けてしまうのです。

 

SMTPサーバーでメール配信できるプラグイン「WP Mail SMTP」で迷惑メール判定回避

フォーム設置サーバーと、メール配信サーバーが異なっていても、SMTPサーバーでメール配信できるプラグイン「WP Mail SMTP」を使えば迷惑メール判定を回避できます。

WP Mail SMTPを使えば、Contact Form 7から送信されるメールは全てメール配信サーバー経由で送信されるため、なりすまし判定を受けることなくメール送信できます。

Contact Form 7を使っていて、フォーム設置サーバーとメール配信サーバーが異なる方は、WP Mail SMTPもセットで使いましょう。

 

迷惑メール判定を回避する「WP Mail SMTP」を設定する手順

Contact Form 7から送信されるメールが迷惑メール判定を回避できるプラグイン「WP Mail SMTP」を設定する手順を解説します。

  • 手順①:WP Mail SMTPをインストールする
  • 手順②:メール送信サーバーの情報を設定する
  • 手順③:テストメールを送信して確認

上記のとおりです。

なお、本記事では、エックスサーバーとConoHa WINGを元に解説します。

手順①:WP Mail SMTPをインストールする

まずは、「WP Mail SMTP」をインストールしましょう。

ダッシュボード>プラグイン>新規追加 を選択します。

プラグイン検索窓に「WP Mail SMTP」と入力するとプラグインが表示されますので、「今すぐインストール」をクリックします。インストール終了後「有効化」をクリックして、プラグインを有効化します。

メニューの「設定」項目をクリックすると、「WP Mail SMTP」という名称でプラグインが追加されたことが確認できます。

手順②:メール送信サーバーの情報を設定する

WP Mail SMTPをインストールしたら、メール送信サーバーの情報を設定します。

ダッシュボード>設定>WP Mail SMTP を選択し、WP Mail SMTPの設定画面を開いて必要事項を入力します。

画面が収まらないので、2分割して解説致します。

Mail

各項目の設定方法は次のとおりです。

  • ①送信元アドレス:送信に使用するメールアドレスを入力します。
  • ②送信者名:送信に使用する名前を入力します。
  • ③メーラー:エックスサーバーのSMTPを使用してメールを送信するため、「Other SMTP」を選択してください。
  • ④返信先:返信先のチェックはどちらでも問題ありません。

上記の入力が済みましたら、SMTPを設定します。

Other SMTP

各項目の設定方法は次のとおりです。

  • ①SMTPホスト:送信メール(SMTPサーバー)をコピペします。
  • ②暗号化:「SSL」にチェックを入れます。
  • ③SMTPポート:「SSL」にチェックを入れると自動的に465と入力されます。
  • ④Auto TLS:ONにします。
  • ⑤認証:ONにします。
  • ⑥SMTP Username:サーバーのアカウント名(メールアドレス)を入力します。
  • ⑦SMTP Password:独自ドメインメールアドレスを取得した時のパスワードを入力します。
  • ⑧Save Settings:ボタンを押して設定を保存します。

SMTP情報の確認方法(エックスサーバー)

エックスサーバーのサーバーパネルにログインし、
メールアカウント設定>メールソフト設定 を選択すると下図画面が表示されます。

こちらの情報を確認してSMTP情報を入力して下さい。

SMTP情報の確認方法(ConoHa WING)

ConoHa WINGのコントロールパネルにログインし、
①サーバー管理>②契約情報>③メール/FTP/ネームサーバー情報、と進むとSMTP情報が表示されます。

こちらの情報を確認してSMTP情報を入力して下さい。

 

設定が完了すると下記のように「Settings were successfully saved.」と表示されます。

以上でプラグインの設定は完了です。

手順③:テストメールを送信して確認

最後に、きちんと設定されているかテストメールを送信して確認してみましょう。

プラグイン設定画面にある「Email Test」というタブを選択します。

①テストメール送信先のメールアドレスを入力し、②「Send Email」をクリックします。

メールボックスに下記のようなメールが届いていれば、設定は完了です。

 

まとめ

以上、Contact Form 7から送信される自動返信メールが迷惑メール判定を受けてしった時の解決方法を解説しました。

せっかくお客様からお問い合わせを頂いても、メールが届かなかったり迷惑メールに入ってしまえばお互いに見逃してしまう可能性が出てきます。

SMTPサーバーで送信されたメールは迷惑メール判定を受け難くなりますので、Contact Form 7をインストールしたら、「WP Mail SMTP」もセットでインストールしするようにしましょう。

 

 

人気記事【無料あり】オンラインプログラミングスクールおすすめ3選【通学不要】

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました