【比較】エックスサーバーとConoHa WING、選ぶならどっち?

【比較】エックスサーバーとConoHa WING、選ぶならどっち?WordPress
  • WordPressでブログやWebサイト始めたいのだけど、レンタルサーバーはエックスサーバーとConoHa WINGのどちらを選べば良いのかな?

  • 公式サイトの料金表やスペックを確認したけど、自分にはどちらのサーバーが合っているのかよく分からないよ。

  • 実際に両方のサーバーを使っている人のリアルな意見を聞きたいよ。

この記事では、こういった疑問にお答えします。

 

本記事の内容

  • エックスサーバーの特徴
  • ConoHa WINGの特徴
  • エックスサーバーとConoHa WINGのサーバースペック比較表
  • エックスサーバーがおすすめな人
  • ConoHa WINGがおすすめな人

 

この記事を書いている筆者は、2008年から現在までWebサイトやブログを運営しており、10年以上にわたって、15社以上のレンタルサーバーを利用してきました。

 

現在はエックスサーバーとConoHa WING、2つのレンタルサーバーを利用しており、各サーバーの利用期間は次のとおりです。

  • エックスサーバー(2015年3月契約):現在6年目
  • ConoHa WING(2019年10月契約):現在1年目

 

このように、実際に2つのレンタルサーバーを利用している経験から、エックスサーバーとConoHa WING、どちらがおすすめなのか、比較検証しながら解説します。

 

最初に結論からいうと、エックスサーバーとConoHa WING、どっちもおすすめなので、どちらを選んでもOKです。

両方とも高性能なので、Webページは高速に表示されますし、料金も1ヶ月あたり200円ぐらいの差しかありません。

 

ですので、どちらのレンタルサーバーを選ぶかは、少しでもコストが低い方が良いのか?、あるいはスピード・安定性を重視しているのか?という部分だけとなります。

 

いきなりこのように言われても、すぐに判断するのは難しいと思いますので、各レンタルサーバーの特徴を順番に見ていきましょう。

エックスサーバーの特徴

エックスサーバーは、190万件以上のサイトが運用されている、国内シェアNo.1の老舗レンタルサーバーです。

公式サイト:エックスサーバー

 

エックスサーバーの主な特徴は次のとおりです。

  • 現時点で国内No.1のサーバースペック
  • 国内シェアNo.1
  • 運用実績が長く、安定性が高い
  • 利用者が多いのでネットの情報が充実

 

国内No.1のサーバースペック

エックスサーバーは現時点において、国内No.1のサーバースペックです。

下図は国内主要サービスの調査結果ですが、他社サービスと比較して圧倒的に速いです。

サーバースペックが高いのでWordPressが高速に表示されます。

高速表示はユーザー満足度はもちろん、SEOにも影響しますので、表示速度が速いということは非常に重要なポイントです。

 

 

ConoHa WINGの特徴

ConoHa WING(コノハウィング)は、GMOインターネット社(一部上場)が2018年からサービス提供しているレンタルサーバーです。

公式サイト:ConoHa WING

 

ConoHa WINGの主な特徴は次のとおりです。

  • 初期費用なしで、最低利用期間なしで利用できる
  • 料金プランが2種類あり、フレキシブルに変更可能
  • サーバースペックが高いのに月額料金が安い
  • ストレージ容量250GBと50GB多い

 

スペックが高いのに月額料金が安い

ConoHa WINGはサーバースペックが高のに月額料金が安いです。エックスサーバーと比較すると、月額200円ぐらい安いです。

最低利用期間もありませんので、数日~数週間使ってみて、「やはり止めよう」となってもすぐに解約できます。

 

料金プランが2種類あり、フレキシブルに変更可能

ConoHa WINGは料金プランが「通常」と「WINGパック」の2種類あります。

  • 通常 → 1時間2円(1ヶ月最大1,200円(税込総額1,320円))
  • WINGパック → 最低3ヶ月契約(3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月、24ヶ月、36ヶ月)

通常プランは1時間単位で使えますので、「とりあえず管理画面を見てみたい」、「とりあえずWordPressをインストールしてみて、どんな感じか見てみたい」という事も手軽にできます。

一方のWINGパックは、エックスサーバーと同じように、契約期間を選択して利用します。

プラン変更も管理画面で簡単にできます。

 

 

どちらのサーバーも国内No.1の処理速度と書いてあるけど、どっちが速いの?

エックスサーバーとConoHa WING、各サーバーのサイトを見ると、どちらも「サーバーの処理速度が国内No.1」ということをアピールしています。

下図は各サービスのトップページですが、速度No.1、国内最速との記載があります。

 

サイト内にも、処理速度がNo.1であることをアピールしているグラフも表示してあります。

下図はエックスサーバーのサイト内に記載されています。

下図はConoHa WINGのサイト内に記載されています。

 

このグラフを見ると、結局、どっちのサーバーが速いのか?という疑問が出てくると思いますが、処理速度に関しては、現時点においてはエックスサーバーが最も早いと思われます。

 

ConoHa WINGのグラフの右下を見ると、2020年3月自社調べとの記載があります。

一方、エックスサーバーは、2020年2月27日にサーバーのハードウェアを増強していますので、日付から推察して、ハードウェア増強前のデータを公開しているのではないかと考えられます。

そのため、純粋なスペックはエックスサーバーの方がスペックが高いと推察されます。

 

とはいえ、体感ではどっちが速いとか分からないので、どちらも高速であることは間違いありません。

 

エックスサーバーとConoHa WINGのサーバースペック比較表

エックスサーバーとConoHa WINGは体感スピードは殆ど変わりませんが、料金やサービスに違いがあります。

各サーバーの違いを比較検討しやすいよう比較表をご用意しましたので、比較表を確認しつつ、検討してみましょう。

サービス名エックスサーバーConoHa WING
比較対象プランスタンダードプランWINGパック ベーシック
初期費用3,300円(税込)0円
月額料金(1年)1,100円(税込)891円(税込)
月額料金(3年)990円(税込)792円(税込)
ストレージ200GB250GB
ドメイン数無制限無制限
データベース数無制限無制限
無料お試し期間10日間初月無料(最大31日間)
※事前に料金発生
サーバー引っ越し
オプション
ありあり
Wordpress
自動インストール機能
ありあり
独自ドメイン永久無料ありあり
無料SSLありあり
運営会社エックスサーバー(株)GMOインターネット(株)
サービス運用開始2003年2018年
最低利用期間ありあり
サポート電話、メール電話、チャット、メール
支払方法クレジットカード
銀行振込
コンビニ決済
Pay-easy
クレジットカード
ConoHaチャージ
ConoHaカード
自動DBバックアップ14日間14日間
自動ファイルバックアップ7日間14日間
バックアップ復元コスト無料無料
CPU第2世代「AMD EPYC™」(Rome)非公開
メモリ512GB非公開
サーバーソフトnginxnginx
ドメイン毎の
PHPバージョン変更
可能不可
転送量課金なしなし
転送量目安600GB/日
日区切り
18TB/月
月区切り
(1日平均600GB)

上記の比較表を見てわかるとおり、コスト以外に目立つ部分は、サービスの運用歴ぐらいしかないと思います。

 

エックスサーバーがおすすめな人

これまでの情報をまとめると、エックスサーバーがおすすめな人は次のとおりです。

  • 表示速度を重視している
  • サーバーの安定性と信頼性を重視している
  • ネットの情報量の多さを重視している

 

エックスサーバーは国内シェアと処理速度がNo.1です。

レンタルサーバー事業も17年以上運営しており、大きな障害も出すことなく、安定して運営しています。

利用者数が多いため、ネットの情報も多く、分からないことがあっても、検索で調べれば大抵の問題は解決できます。

 

ConoHa WINGと比較すると月額料金は高くなるとはいえ、1ヶ月あたり200円ぐらいの差しかありませんので、スピードと安定性を重視している方は、エックスサーバーがおすすめです。

月額990円(税込)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

 

ConoHa WINGがおすすめな人

Conoha WINGがおすすめな人は次のとおりです。

  • とにかく安く始めたい(初期費用ゼロ)
  • 低コストでハイスペックなサーバーを使いたい

 

ConoHa WINGはサーバースペックは高いのに、初期費用がかからず、月額料金も安いので、コストパフォーマンスが高いです。

ネットの情報はエックスサーバーと比較して少ないですが、サポート体制が整っているので、何か問題が発生した時はサポートに問い合わせれば解決できます。

 

2018年にサービススタートしたという事もあり、運営実績は短く感じると思いますが、運営会社はGMOインターネット(株)という上場企業なので、大手ならではの安心感はあると言えます。

 

コスパを重視しているけど、処理速度も速いサーバーを使いたいという方は、ConoHa WINGがおすすめです。

ConoHa WINGの公式サイトはこちら

 

まとめ

以上、エックスサーバーとConoHa WING、2つのサーバーを比較して、どちらを選ぶべきかを解説しました。

まとめると、次のとおりとなります。

 

両方とも体感スピードは殆ど変わりませんので、後は価格を重視するのか、あるいはスペック上の数字や安定性を重視するのか、というところが判断の分かれ目になります。

また、どちらのサーバーも、WordPressの自動インストール機能が付いているので、手軽にWordPressでサイトやブログを作ることができます。

どちらを選んでも間違いありませんので、目的にあったサーバーを選びましょう。

 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました