【2020】Amazonブラックフライデーでお得に買い物する方法

【WordPress】LightningテーマのCTAを設置する方法【成約率アップ】

【WordPress】LightningテーマのCTAを設置する方法【成約率アップ】WordPress

LightningテーマのCTAを設置する方法をお探しの方向け。

Lightningテーマ推奨プラグイン「ExUnit(VK All in One Expansion Unit)」、を使うとCTAを簡単に設定する事ができます。

この記事では、Lightningテーマを使っているサイトにCTAを設置する方法を解説します。

ExUnitをインストールしていれば、LightningテーマをインストールしなくてもCTAを設置できます。
スポンサーリンク

LightningテーマのCTA機能を使ってできること

Lightningテーマ推奨プラグイン「ExUnit」には、コンテンツの下にCTAを表示できる機能が付いており、投稿・固定ページの本文下に、画像やテキストを表示する事ができます。

本文下にCTAを設置することで、ユーザーの目にとまりやすくなりますので、ユーザーに次の行動につなげやすくなります。

CTAとは

CTAとは「Call To Action(コールトゥアクション)」の略で、日本語に訳すと「行動喚起」という意味です。

行動喚起とは、つまり、ユーザーに取ってもらいたい行動を喚起する(呼びかける)イメージです。

 

例えば、CTAに資料請求やサンプル請求ページへ促すためのボタンや誘導するためのテキスト、バナー画像を表示することで、ユーザーに行動を起こすよう導くことができます。

 

LightningテーマにCTAを設置する手順

CTAを設置する手順を解説します。

  • 手順①:ExUnitの設定を開く
  • 手順②:CTAを作成する
  • 手順③:作成したCTAを公開する

上記のとおりです。

手順①:ExUnitの設定を開く

ダッシュボード>ExUnit>メイン設定 を選択します。

「ExUnit」の設定画面が表示されますので、「Call To Action」をクリックしてCTAの設定画面に移動します。

手順②:CTAを作成する

下記の画面でCTAの設定をするのですが、その前に、CTAを作成する必要があります。

「CTAの一覧を表示」をクリックします。

CTAの管理画面が表示されます。

新規作成をクリックしてCTAを作成

CTAの新規作成ボタンをクリックします。

CTAの新規作成画面が表示されますので、CTAを作成します。

CTAの新規作成の項目解説

各項目の詳細は次のとおりです。

  1. CTAのタイトルを入力します。
  2. CTAに画像を追加したい場合は「画像を追加」をクリックして、画像を追加します。
  3. 画像の位置を「右寄せ」「中央」「左寄せ」で指定できます。
  4. ボタンの表記文言をここで指定できます。例)「ダウンロードはこちら」など
  5. ボタンの表記文言の前後にアイコンフォントを追加できます。
  6. ボタンのリンク先URLをここで指定します。
  7. リンク先ターゲット
  8. CTAに記載するテキストメッセージをここに記載します。
  9. 「下書きとして保存」をクリックすると、CTAを下書き保存できます。
  10. 「公開」ボタンをクリックすると、CTAを公開可能になります。

CTAのサンプル

実際に筆者がサンプルで下記のようなCTAを作ってみました。

上記はあくまで一例ですが、このような感じでCTAを作成します。

CTAを作成したら、「公開」ボタンをクリックし、公開できる状態にしておいて下さい。

手順③:作成したCTAを公開する

作成したCTAを投稿に公開できるよう設定します。

CTAの公開はCTAの設定から行いますので、
ダッシュボード>ExUnit>メイン設定 を選択します。

「ExUnit」の設定画面が表示されますので、「Call To Action」をクリックしてCTAの設定画面に移動します。

公開したいCTAを選択する

「Call To Action」が表示されたら、投稿の右横にあるプルダウン(「表示しない」と記載されているところ)をクリックします。

プルダウンをクリックすると、作成したCTAが表示されますので、①表示させたいCTAを選択して、②「変更を保存」をクリックします。

これで、全ての投稿にCTAが表示されるようになります。

プレビューで表示を確認

試しに、適当な投稿画面を表示して、CTAが反映されるか確認してみます。

投稿の下部にCTAが表示されていますね。

以上でLightningテーマにCTAを設置する方法は完了です。

CTAは固定ページにも表示可能

サンプルではCTAを投稿に表示させましたが、CTAを固定ページに表示させる事も可能です。

「Call To Action」の設定画面で固定ページの横にあるプルダウンで表示させたいCTAを選択し、保存ボタンをクリックします。

これで、固定ページにCTAを表示させることができます。

 

LightningテーマのCTAの表示設定

最後に、CTAの表示設定を2つ紹介します。

  • CTAのランダム表示
  • ページ毎に異なるCTAを表示

上記のとおりです。

CTAのランダム表示

複数のCTAを作成している場合、プルダウンで「ランダム表示」を選択すると、複数のCTAをランダムで表示させることが可能です。

ページ毎に異なるCTAを表示

予め、複数のCTAを作成しておく事で、ページ毎に異なるCTAを表示させる事ができます。

例えば、記事AにはCTA1を表示させて、記事BにはCTA2を表示させる、といった設定ができます。

  • 記事A → CTA1
  • 記事B → CTA2

ページ毎に異なるCTAを表示させる設定方法

投稿や固定ページ編集画面の下部に、「CTA設定」という項目がありますので、ここでページ毎に表示設定をおこなうことができます。

 

まとめ

以上、LightningテーマのCTAを設置する方法について解説しました。

記事の最後に表示されるCTAは、Webサイトの内容に興味をもってくれたユーザーに対して、資料請求やお問い合わせ、メールマガジンの登録を促しやすいので、是非、設置するようにしましょう。

 

 

人気記事【無料あり】オンラインプログラミングスクールおすすめ3選【通学不要】

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました