【2021】Amazonタイムセール祭りでお得に買い物する方法

【WordPress】LightningテーマのCTAを設置する方法【成約率アップ】

【WordPress】LightningテーマのCTAを設置する方法【成約率アップ】WordPress

LightningテーマのCTAを設置する方法をお探しの方向け。

 

Lightningテーマ推奨プラグイン「ExUnit(VK All in One Expansion Unit)」、を使うとCTAを簡単に設定する事ができます。

この記事では、Lightningテーマを使っているサイトにCTAを設置する方法を解説します。

ExUnitをインストールしていれば、LightningテーマをインストールしなくてもCTAを設置できます。
スポンサーリンク

LightningテーマのCTA機能を使ってできること

Lightningテーマ推奨プラグイン「ExUnit」には、コンテンツの下にCTAを表示できる機能が付いており、投稿・固定ページの本文下に、画像やテキストを表示する事ができます。

本文下にCTAを設置することで、ユーザーの目にとまりやすくなりますので、ユーザーに次の行動につなげやすくなります。

CTAとは

CTAとは「Call To Action(コールトゥアクション)」の略で、日本語に訳すと「行動喚起」という意味です。

行動喚起とは、つまり、ユーザーに取ってもらいたい行動を喚起する(呼びかける)イメージです。

 

CTA設置することで、資料請求やサンプル請求ページへの移動を促したり、ランディングページやメルマガ登録ページへの誘導を促しやすくなります。

 

LightningテーマにCTAを設置する手順

LightningテーマにCTAを設置する手順を解説します。

  • 手順①:ExUnitのメイン設定を開く
  • 手順②:ExUnitのCTAを選択
  • 手順③:新規CTAの作成
  • 手順④:作成したCTAを公開する

上記のとおりです。

手順①:ExUnitのメイン設定を開く

ExUnitのメイン設定を開きます。
ダッシュボード>ExUnit>メイン設定 を選択します。

手順②:ExUnitのCTAから一覧を表示を選択

「ExUnit」の設定画面が表示されますので、左側メニューの「Call To Action」をクリックしてCTAの設定画面に移動し、「CTAの一覧を表示」をクリックします。

手順③:新規CTAの作成

CTAの管理画面が表示されます。新たにCTAを作成するので「新規作成」ボタンをクリックします。

ちなみに、CTAを作る方法は以下2パターンあり、やりやすい方法でCTAを作りましょう。

  • ブロックエディタで作る
  • ExUnitの機能を使って作る

上記の順に解説します。

ブロックエディタで作る

一つ目の方法はブロックエディタで作る方法です。

使い方は、投稿・固定ページと使い方は殆ど同じです。

各項目の設定方法は次のとおりです。

  • :CTAのタイトルを入力します
  • :CTAの本文や画像を設定します。
  • :公開を押して終了です。

サンプルとして下図のように入力してみました。

リンクのボタンはブロックエディタを使えば簡単に追加できます。

ExUnitの機能を使って作る

2つ目の方法は、ExUnitの機能を使ってCTAを作る方法です。

最初に、ページのタイトルを入力して下さい。

CTAのタイトルはブロックエディタで編集することになります。

タイトルを入力したら、ブロックエディタ下部にある、下図入力項目にCTAの内容を入力します。

各項目の設定方法は次のとおりです。

  • ①従来のレイアウトを使用する:必ずチェックを入れて下さい。
  • ②CTA画像:CTAに表示する画像を追加します。
  • ③CTA画像の位置:画像の位置を指定します。
  • ④ボタンのテキスト:ボタンテキストを指定します。例)「ダウンロードはこちら」など
  • ⑤ボタンアイコン:ボタンテキストの前後にアイコンフォントを追加できます。
  • ⑥ボタンのリンク先URL:移動先のURLを指定します。
  • ⑦リンク先ターゲット:移動先URLを開く際に別ウィンドウを開く場合はチェックを入れます。
  • ⑧テキストメッセージ:CTAに表示するテキストメッセージを入力します。

サンプルとして下図のように入力してみました。

CTAを作成したら、ブロックエディタ(記事編集画面)右上にある「公開」ボタンをクリックします。

以上でCTAの作成は完了です。

手順④:CTAの公開

作成したCTAを公開します。

CTAの公開はExUnitのメイン設定から行います。
ダッシュボード>ExUnit>メイン設定 を選択します。

「ExUnit」の設定画面が表示されますので、「Call To Action」をクリックしてCTAの設定画面に移動します。

公開したいCTAを選択する

公開したいCTAを選択します。

公開したいCTAをページタイプ(投稿・固定ページ)単位で選択できます。

サンプルとして、投稿にCTAを公開します。

①公開したいCTAを選択して、②「変更を保存」をクリックします。

これで、投稿の記事下にCTAが表示されるようになります。

プレビューで表示を確認

記事を表示してみると、CTAが反映されることが確認できます。

以上でLightningテーマのExUnitでCTAを設置する方法は完了です。

 

LightningテーマのCTAの表示設定

最後に、LightningテーマのCTAの表示設定を2つ紹介します。

  • CTAのランダム表示
  • ページ毎に異なるCTAを表示

上記のとおりです。

CTAのランダム表示

複数のCTAを作成している場合、プルダウンで「ランダム表示」を選択すると、複数のCTAをランダムで表示させることが可能です。

ページ毎に異なるCTAを表示

予め、複数のCTAを作成しておく事で、ページ毎に異なるCTAを表示させる事ができます。

例えば、記事AにはCTA1を表示させて、記事BにはCTA2を表示させる、といった設定ができます。

  • 記事A → CTA1
  • 記事B → CTA2

ページ毎に異なるCTAを表示させる設定方法

投稿・固定ページの編集画面下部に、VK All in One Expansion Unit(ExUnit)があり、その中に「CTA設定」という項目があります。

ここでページ毎に異なるCTAを表示させる設定を行います。

  • 共通設定 → 「手順④:CTAの公開」で解説した設定が優先されます。
  • 表示しない → 「このページにCTAを表示させたくない」という場合はチェックを入れれば表示されません。

 

まとめ

以上、LightningテーマのCTAを設置する方法を解説しました。

記事の最後に表示されるCTAは、Webサイトの内容に興味をもってくれたユーザーに対して、資料請求やお問い合わせ、メールマガジンの登録を促しやすいので、是非、設置するようにしましょう。

 

 

人気記事【無料あり】メール配信システムおすすめ比較7選【選び方・比較表】

人気記事【無料あり】オンラインプログラミングスクールおすすめ3選【通学不要】

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました