【初心者OK】ランディングページの作り方を3つの手順で解説

マーケティング
  • ランディングページを作りたいけど、どうやって作ればよいのかな?
  • 外注したり、制作会社に依頼すればいいのかもしれないけど、そこまでコストをかけれないよ…。
  • 商品・サービスの告知やリスト収集で必要だから、ランディングページの作り方を教えて欲しいよ。

この記事では、こういった疑問にお答えします。

スポンサーリンク

ランディングページを作るのに専門知識はいらない

ランディングページを作るのにWebサイト作成に関する専門知識が必要と思われがちですが、最近はランディングページを作れるWebツールや、ランディングページ作成に特化したWordPressテーマもありますので、専門知識が無くてもランディングページを作る事ができます。

正直、文章さえ書ければランディングページを作る事はできるのです。

なので、ランディングページを作るのにコストと時間をかけたくないという方は、自作した方が早いです。

 

ランディングページを作る流れ【全体像】

ランディングページを作る全体的な流れは大まかに3つの手順で作成する事になります。

  • 手順①:ランディングページに必要な構成要素を考える
  • 手順②:ツールを使ってランディングページを作る
  • 手順③:デザインツールでヘッダー画像を作る

本記事では、上記の順に解説します。

 

①ランディングページに必要な構成要素を考える

まず最初に、ざっくりでも構わないので、ワードやGoogleドキュメント等で、ランディングページに必要な構成要素の下書きを作成しましょう。

ランディングページに必要な構成要素は大きく3つあります。

  • キャッチコピー(ヘッダー)
  • ボディコピー(本文)
  • クロージング

上記のとおりです。

キャッチコピー(ヘッダー)

ランディングページに訪問したユーザーが離脱しないように、魅力的なキャッチコピーでユーザーの注意を引き付けましょう。

キャッチコピーに魅力が無ければ、ユーザーはページからすぐに離脱します。

ランディングページの中で最も重要な部分なので、ここは力を入れましょう。

ボディコピー(本文)

ボディコピー(本文)は、キャッチコピーの下に記載する文章で、主に以下の文章を記載しているケースが多いです。

  • ブレッド → ユーザーの悩みや疑問などを箇条書きにすることで、商品やサービスに期待を持ってもらったり、悩みを解決する期待をもたせます。
  • オファーの提示 → 商品やサービスの紹介をします。
  • ベネフィット → 商品やサービスを利用する事でユーザーが得られる利益

クロージング

クロージングは、申込を促す部分となります。

  • リスト集め → フォーム設置(ユーザーに迷いを与えないよう、ボタンデザインやテキストを工夫する)
  • 商品・サービスの販売 → 返品や返金保証に関する説明を記載したり、競合との差別化のポイントをアピールする

 

構成を考えるのが面倒ならパクればOK

  • 構成を考えても全然思いつかない
  • そもそも考えるのが面倒

こういった場合、正直、参考となるページや本からパクった方が早いです。

コピペは違法行為(著作権法違反)なので、コピペは絶対ダメですが、パクるのは全く問題ありません。

 

ちなみに、「パクりましょう」とお伝えすると、「パクる=悪いこと」と考えてしまう方を見かけますが、そのような事を気にする必要はありません。

著名なコピーライターの方々でさえ、「スワイプファイル」と呼ばれる他人が作成したセールスレターのサンプル集を参考に、キャッチコピーやセールスレターの構成をパクっている訳です。

プロのコピーライターでさえ、他社のコピーをパクっているのですから、「このコピーいいな!」、「このセールスレターの構成いいな」と感じたら、どんどんパクりましょう。

 

②ツールを使ってランディングページを作成する

ランディングページの下書きを書いたら、ツールを使ってランディングページを作ります。

ランディングページを作る方法は2つあります。

  • ランディングページが作成できるWebサービスを使う
  • WordPressでランディングページを作れるテーマを使う

上記のとおりです。

ランディングページが作成できるWebサービスを使う

1つ目の方法は、ランディングページが作成できるWebサービスを使う方法です。

無料から利用できますし、Webサービスによってはランディングページの作成に特化しているものもあり、シンプル操作で使いやすいサービスが多いです。

 

ちなみに、「【無料】ランディングページが作成できるWebサービス5選【おしゃれ】」という記事でおすすめなWebサービスを紹介していますので、是非どうぞ。

WordPressでランディングページを作れるテーマを使う

2つ目の方法は、WordPressでランディングページを作成できるテーマを使う方法です。

Webサービスのドメインではなく、独自ドメインでランディングページを公開したいという方に、WordPressで作成するのがおすすめです。

 

ランディングページを作れるテーマは「【WordPress】ランディングページが作れるテーマ7選【無料あり】」という記事で有料と無料のテーマを紹介していますが、おすすめは有料テーマです。

理由は、有料テーマは画像素材や文字装飾が用意されているため、初心者でも見栄えの良いランディングページ作成できるからです。

無料テーマでも作成できなくはないですが、シンブル過ぎる見た目になりがちです。

自分でカスタマイズできる方なら良いですが、そうでなければ数千円払って有料テーマを買った方が早いです。

 

③デザインツールでヘッダー画像を作る

最後に、キャッチコピーを入れたヘッダー画像を作成します。

ヘッダー画像はランディングページに訪問したユーザーが最初に目にする部分なので、ユーザーの目に止まりやすくするためにも、画面いっぱいのサイズの画像で、大々的にアピールするようにしましょう。

 

ヘッダー画像はツールを使えば初心者の方でも簡単に作成できます。

ちなみに、「【デザイン初心者向け】バナー作成ツールおすすめ4選【画像素材つき】」という記事で無料と有料のツールを紹介していますが、正直、無料のツールだけでも十分だと思います。

 

まとめ

以上、初心者の方向けに、ランディングページの作り方を3つの手順で解説しました。

ランディングページはWeb制作会社に依頼しなくても、ツールを使えばそこそこ見栄えするページを作る事ができます。

ですので、とりあえず自作して反応を確認しつつ、自作したページから何らかの反応を得られてから、制作会社に奇麗なページを作ってもらうか、あるいは広告費に回すかを選択すれば良いかと思います。

 

 

人気記事【無料あり】オンラインプログラミングスクールおすすめ3選【通学不要】

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました