GoogleアナリティクスをWordPressに設置する方法【簡単】

GoogleアナリティクスをWordPressに設置する方法【簡単】Google Analytics

GoogleアナリティクスをWordPressに設置する方法をお探しの方向け。

 

Webサイトのアクセスをアップ図るには、アクセス解析が欠かせません。

アクセス解析を行う事で、どのコンテンツがユーザーにどれぐら見られているのかを把握できるようになるからです。

アクセス解析ツールは色々ありますが、最もおすすめな解析ツールは「Googleアナリティクス」です。

Googleアナリティクスは無料とは思えないほど高機能で、詳細なアクセス解析ができるようになるので、Webサイトを立ち上げたら必ず入れておきたいツールです。

この記事では、トラッキングIDの取得方法から、WordPressサイトにGoogleアナリティクスを設置する方法を解説します。

スポンサーリンク

GoogleアナリティクスをWordPressに設置することでできること

Googleアナリティクスは、Googleが無償で提供している高機能アクセス解析ツールです。

Googleアナリティクスでできるアクセス解析は主に次のとおりです。

  • どのような経路(検索経由、SNS経由、ダイレクトにアクセスなど)から流入があったのか。
  • どれぐらいのユーザー数がサイトに訪問したのか?(ユーザー数、ページを見た(PV)数など)
  • どこの地域からアクセスしているのか?
  • どの端末からアクセスされているのか(スマートフォン、パソコンなど)?
  • どのOS・ブラウザからのアクセスが多いのか?
  • 過去のアクセスの推移
  • Webサイトに訪れて人がどれくらいの時間滞在しているのか?
  • どんなキーワードでサイトに訪問したのか
  • どのページがよく見られ、どれくらいの時間滞在しているのか?

などなど、非常に多くの事を調べる事ができます。

 

アクセス解析を行うことで、Webサイトのアクセス状況が把握できますので、今後、どのように改善すればアクセスアップを図ることができるのか、「ヒント(課題)」を見つけることができます。

このヒントをもとに、Webサイトを改善していくことで、アクセスは増えるようになります。

 

GoogleアナリティクスをWordPressサイトに設置する手順

それでは、WordPressサイトにGoogleアナリティクスを設置する手順を解説します。

  • 手順①:Googleアナリティクスの利用登録
  • 手順②:アクセス解析の対象となるWebサイトの情報を入力
  • 手順③:トラッキングIDを取得

上記のとおりです。

なお、Googleアナリティクスの登録にはGoogleアカウントが必要になりますので、Googleアカウントをお持ちでない方は、事前にアカウント登録しておきましょう。

手順①:Googleアナリティクスの利用登録

Googleアナリティクスを利用するには、「Googleアナリティクスのアカウント」を作成する必要があります。

以下のリンクをクリックして、Googleアナリティクスの登録画面にアクセスして下さい。

https://analytics.google.com

トップページが表示されたら、画面右側にある「お申込み」をクリックします。

この時、Googleアカウントにログインしていなければログインを求められます。

ログイン済みで「お申し込み」クリックすると、下図のように画面上部に「完了しました」という利用登録完了が表示されます。

表示された画面で、すぐにWebサイトの情報を入力できるようになっています。

手順②:アクセス解析の対象となるWebサイトの情報を入力

アクセス解析の対象となるWebサイトの情報を入力します。

各項目の設定方法は次のとおりです。

  • ①トラッキングの対象:Webサイト
  • ②アカウント名:わかりやすい名前を入力しましょう。後から変更可能です。
  • ③ウェブサイト名:アクセス解析の対象となるWebサイト名を入力します。
  • ④ウェブサイトのURL:アクセス解析の対象となるWebサイトのURLを入力します。
  • ⑤業種:導入サイトの内容に沿う業種を選択します。選択した業種によって、目標設定のテンプレートが変わります
  • ⑥レポートのタイムゾーン:「日本」にしておきましょう

入力項目の下に移動すると、下図のように「データ共有設定」というチェック済みの項目が出現しますが、特にチェックを外すような事はありませんので、画面下の「トラキングIDを取得」をクリックします。

Googleアナリティクスの利用規約が表示されますので、2ヶ所あるチェック項目にチェックを入れ、「同意する」ボタンをクリックします。

手順③:トラッキングIDを取得

規約に同意すると、下図のようにトラッキングIDが発行されます。

発行されたトラッキングIDをコピーして、解析対象となるWebサイトに貼り付けます。

 

Googleアナリティクスで発行されたトラッキングIDをWebサイトに設置する

Googleアナリティクスで発行されたトラッキングIDをWebサイトに設置します。

ちなみに、有料テーマの多くはトラッキングIDの登録項目が予め用意されいる場合が殆どですが、無料テーマの場合、用意されていない場合が少なくありません。

本記事では、Lightningテーマと他テーマの設置方法を2つ紹介します。

  • Lightningテーマに設置する方法
  • 入力項目が用意されていないテーマに設置する方法

上記のとおりです。

Lightningテーマに設置する方法

LightningテーマにトラッキングIDを設置する方法を解説します。

ダッシュボード>ExUnit>メイン設定 を選択します。

ExUnitの設定画面が開きますので、「Google Analytics設定」に移動します。

移動後、先程取得したトラッキングIDを入力します。

各項目の設定方法は次のとおりです。

  • ①トラッキングID入力項目:トラッキングIDを入力します。
  • ②アナリティクスコードの種類:ユニバーサルアナリティクスのコードのままでOKです。
  • ③変更を保存:トラッキングID入力後に設定を保存します。
トラッキングIDの数字のみ入力して下さい。「UA」まで入力するとカウントされませんのでご注意ください。

ちなみに、トラッキングIDは下記赤枠内の数字のことをいいます。

入力項目が用意されていないテーマに設置する方法

テーマにトラッキングIDを設置する項目が用意されていない場合、直接、テーマファイルにタグを貼り付けることになります。

ダッシュボード>外観>テーマの編集 を選択します。

テーマファイル編集画面が表示されますので、右側にあるファイル一覧から「ヘッダー(header.php)」を選択します。

Googleアナリティクスの解析タグは、ヘッダーファイルに設置します。

「ヘッダー(header.php)」を選択しましたら、トラッキングIDが表示されている画面からタグを取得します。

下記赤枠内のタグをコピーします。

タグコピーしたら、テーマファイルの「ヘッダー(header.php)」に貼り付けます。

貼り付ける部分は、<head>~</head>タグ内に貼り付けます。

具体的な場所は、下図のように、</head>タグの1行上に貼り付けた方が分かりやすいと思います。

トラッキングコードを貼り付けたら、「ファイルを更新」ボタンをクリックして保存します。

以上で設置完了です。

 

レポートの確認(きちんと設置されたかどうか確認する)

トラッキングコードを設置したら、正しく設置されたかどうか確認します。

①「テストトラフィックを送信」をクリックし、その後、②画面左わきにある時計のアイコンをクリックします。

時計のアイコンをクリックするとリアルタイムレポートが表示されます。

これで、正常に動いているかどうか確認できます。

ソースの部分を確認して頂き、「analytics.test」からのアクセスが確認できればOKです。

以上でGoogleアナリティクスをWordPressに設置する作業は完了です。

まとめ

以上、GoogleアナリティクスをWordPressに設置する方法を解説しました。

Webサイトやブログを集客のメインに考えている方は、サイトを立ち上げたら、必ず設置するようにしましょう。

アクセス解析をしないとサイトの現状分析ができませんし、アクセスアップの方向性の検討しようがありません。

立ち上げたばかりのサイトを毎日チェックする必要はありませんが、定期的にアクセス数をチェックして、サイトの現状分析うようにしましょう。

 

ちなみに、Googleアナリティクス設置したら、正確なデータを取得するために自分のアクセスを除外するための設定も忘れずに行うようにしましょう。

詳しい設定方法は「【Googleアナリティクス】自分のアクセスを除外する方法【簡単】」をどうぞ。

 

 

人気記事【SEO】検索順位チェックツールおすすめ比較【無料試用あり】

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました