【2021】Amazonタイムセール祭りでお得に買い物する方法

【テレワーク】無料から使えるWeb会議ツール6選比較【画面共有】

work

Amazonタイムセール祭り[9月25日9時~]

  • テレワークに対応するために無料から使えるWeb会議ツールを探しているよ。
  • 資料やファイル、実際の画面を見せながら会話したいから、画面共有機能は絶対に外せないよ。
  • 操作を覚えるのも面倒だから、初心者でも手軽に使えるWeb会議ツールがあれば教えて欲しいよ。

この記事では、こういった疑問にお答えします。

 

本記事の内容

  • 無料から使えるWeb会議ツールを6つ紹介
  • 無料から使えるWeb会議ツール比較表

 

無料から使えて、画面共有機能があるWeb会議ツールをお探しですか?

この記事では、初心者でも直感的な操作で使える、画面共有機能があるWeb会議ツールを6つ紹介します。

なお、本記事で紹介するツールはすべて無料から使えますので、「テレワークに極力コストをかけたくない」という方はもちろん、「ツールを比較検討するのが面倒」といった方のツール選びの参考になれば幸いです。

それではさっそく本題に入りましょう。

スポンサーリンク

無料から使えるWeb会議ツールを6つ紹介【画面共有機能付き】

無料から使える画面共有機能付きのWeb会議ツールは6つあります。

  • LINEミーティング
  • Zoom
  • Skype(Meet Now)
  • Cisco Webex Meetings
  • Microsoft Teams
  • Google Meet

上記のとおりです。

LINEミーティング

LINEミーティングは、LINEアカウントをお持ちの方なら誰でも無料で利用できるビデオ通話ツールです。

LINEはグループを作成すれば複数人でもビデオ通話を行えますが、LINEミーティングはグループを作らなくても、指定のURLにアクセスするだけでグループビデオ通話ができますので、手軽にWeb会議ができます。

LINEユーザー数は国内人口の7割をカバーしている

LINEミーティングを使うには、LINEアカウントが必要となるのですが、LINEの国内ユーザー数は、2020年10月28日に公表された第3四半期決算短信によると、8,600万人のユーザーがLINEを利用しています。

参考リンク:IR資料室 | LINE株式会社

これは、国内人口の約7割の人が、LINEアカウントを保有しているということになります。

そのため、利用スタート時にありがちな面倒なアカウント作成を必要とすることなく、Web会議スタートできます。

 

LINEミーティングの詳しい使い方は、公式サイトに記載されていますので、是非確認してみて下さい。

参考リンク:LINEミーティングの使い方|LINEみんなの使い方ガイド

Zoom

zoomのトップページ

Zoomは簡単操作で高度なWeb会議を実現できる、クラウド型のビデオチャットツールです。無料アカウントを登録するだけで、すぐにWeb会議をスタートできます。

ミーティング

 

外部ツール(Googleカレンダー、Office365、Slack、Dropbox、Zendeskなど)との連携も豊富で、有料ツール並みの機能を備えているため、Web会議だけでなく、オンラインセミナーなどにも利用されています。

ちなみに、Web会議の主催者はアカウントが必要となりますが、参加者はアカウント不要で会議に参加できます。

Skype(Meet Now)

Skypeは2004年からサービスを提供している、老舗のビデオチャットツールです。

Skype での電話会議をクリック 1 回で開催 | Skype
最大 100 人との電話会議を無料で、Skype を利用して開催できます。 サインアップやダウンロードは不要です。専用のリンクを生成して参加者全員に伝えれば準備完了です。

 

Skypeは複数人でのグループ通話に対応していましたが、Web会議の需要の高まりを受け、2020年4月に「Meet now」という新機能を使いすることで、アカウント・アプリ不要で50人までの会議に対応できるようにバージョンアップしました。

 

使い方は簡単で、公式サイトにアクセスし、会議の名前を決めて、「無料の会議を作成する」というボタンをクリックするとURLが発行されますので、URLにアクセスするだけですぐにWeb会議をスタートできます。

Cisco Webex Meetings

Cisco Webex Meetingsは、世界シェア首位のWeb会議ツールです。Web会議だけでなく、Webセミナーやオンライントレーニング、リモートサービスなどでも利用されています。

Free Video Conferencing & Online Meetings | Cisco Webex
Free video conferencing, secure & reliable online meetings and conference calls made easy with Cisco Webex. HD video & audio, screen sharing. Sign up for free t...

 

Cisco Webex Meetingsは、他ツールと比較して通信の安定性が高く、映像の遅延が少なく音質が高いことが大きな特徴です。

また、セキュリティの高さに定評があり、ユーザー情報はもちろん、メッセージやホワイトボードの内容に至るまで通信が暗号化されており、セキュリティを重視する企業によく選ばれているツールです。

Microsoft Teams

Microsoft Teamsは、マイクロソフト社がサービス提供しているWeb会議ツールです。

Microsoft Teams | リモート ワークのためのコラボレーション ツール
チームワークを実現する安全なコラボレーション プラットフォーム、Teams に無料でサインアップして、リモート ワーク、テレビ会議、インスタント メッセージング、グループ チャットのためのツールを入手できます。

 

Web会議の主催者はMicrosoftアカウント(無料)が必要となりますが、参加者はアカウント不要で会議に参加できます。

複数人でのビデオ通話(無料アカウントは300人まで)はもちろん、ファイル共有機能でWeb版のWord、Excel、PowerPointの共同編集が可能です。

無料アカウントで最大10GBのクラウドストレージが利用できます。

外部ツールとの連携も豊富で、スケジュール管理、チャットツール、顧客管理ツール、クラウドストレージなど、様々な外部ツールと連携できるのも大きな特徴です。

Google Meet

Google Meetは、Googleアカウントをお持ちの方であれば無料で利用できる、Web会議ツールです。

Google Meet(旧称 Hangouts Meet) - 無料のビデオ会議
Google Meet(旧称 Hangouts Meet)のビデオ会議ソリューションはブラウザとモバイルアプリのどちらからでも使用できます。HD 動画でのセキュアなビデオ会議をぜひご利用ください。

 

Google Meetはこれまで、Google Workspace(旧 G suite)ユーザーのみが利用できるツールでしたが、Web会議の需要の高まりを受け、2020年5月上旬から、全てのGoogleユーザーが利用できるようになりました。

Googleアカウント利用者同士であれば、無料で最大通話時間60分までのWeb会議を利用できます(参加人数100人まで)。

使い方はシンプルで、Googleアカウント利用者にメールでWeb会議に招待するだけでWeb会議が利用できます。

 

無料から使えるWeb会議ツール比較表

本記事で紹介している無料から使えるWeb会議ツールを比較表にしてまとめました。

 LINEZoomSkype
(Meet Now)
Cisco Webex MeetingsMicrosoft TeamsGoogle Meet
参加可能人数500人100人50人100人300人100人
最大通話時間無制限40分
(1対1は無制限)
無制限50分60分60分
チャット機能
ホワイトボード機能×
会議の録画×有料有料
仮想背景
アプリのインストールPC:必要
スマホ:必要
PC:不要
スマホ:必要
PC:不要
スマホ:不要
PC:必要
スマホ:必要
PC:不要
スマホ:必要
PC:不要
スマホ:必要
なお、比較表記載の参加可能人数・最大通話時間は、無料プランを元に記載しており、有料プランにアップグレードすると機能が拡張します。

 

まとめ

以上、無料から使えるWeb会議ツールを6つ比較して紹介しました。

本記事で紹介したツールは全て画面共有機能が使えますので、資料やツールの操作画面を見ながらWeb会議ができます。

全てのツールは無料から使うことができますが、各ツールによって機能が異なりますので、利用シーンに合わせてツールを選びましょう。

 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました