【Fire HD 10】ワイヤレスキーボード「Logicool K380」レビュー

ガジェット

AmazonのFireタブレット、「Fire HD 10」に接続可能なワイヤレスキーボードの情報をお探しの方向け。

 

Fire HD 10は画面が大きいので、仮想キーボードも大きく、文章が書きやすいですが、やはり、物理キーボードと比較してしまうと、物理キーボードの方が文章が書きやすいです。

Fire HD 10に接続可能なワイヤスキーボードの情報を探すと、様々なキーボードの情報が出てきますが、なるべくならFire HD 10と同じような大きさのキーボードが欲しいところです。

そこで、Fire HD 10で文章を書くために、ロジクールのワイヤレスキーボード、「Logicool K380」を実際に購入して試してみました。

結論から言うと、物理キーボードを使った方が文章は書きやすく、しかもサイズ感がピッタリなので悪くないです。

スポンサーリンク

Fire HD 10にLogicool K380を使うおすすめポイントは3つ

Fire HD 10にワイヤレスキーボード「Logicool K380」を使うおすすめポイントは3つあります。

  • 物理キーボードだから文章が書きやすい
  • サイズ感がちょうど良い
  • ペアリング(接続)が簡単

上記のとおりです。

物理キーボードだから文章が書きやすい

これは、Logicool K380に限った話ではありませんが、やはり、物理キーボードを使った方が文章は書きやすいです。

ちなみに、Google Keepを使って文章を書いてみましたが、仮想キーボードよりも断然書きやすいと思います。

 

ちなみに、Google Keepの使い方や使い勝手は「【Google Keep】多機能なメモアプリに進化していたGoogle Keepの機能や使い方を解説」をどうぞ。

サイズ感がちょうど良い

Fire HD 10とLogicool K380はサイズ感が丁度良いです。

タブレットの前にキーボードを置くと分かりやすいですが、丁度良いサイズです。

Fire HD 10とLogicool K380を並べてみましたが、だいたい似たようなサイズ感です。

ちなみに、上図はFire HD 10の純正カバーです。

¥4,780(2020/10/02 01:05:44時点 Amazon調べ-詳細)

ペアリング(接続)が簡単

Fire HD 10とLogicool K380のペアリング(接続)も簡単で、5つの手順でペアリングできます。

  • 手順①:キーボードの電源を入れる
  • 手順②:Fire HD 10のBluetoothをONにする
  • 手順③:キーボードのEasy-Switchボタンをどれか押す
  • 手順④:Fire HD 10で「新しいデバイスとペアリング」を押す
  • 手順⑤:Bluetoothペア設定コードを入力

上記のとおりです。

手順①:キーボードの電源を入れる

まずはキーボードの電源を入れます。

電源はキーボード本体の左側面にあります。

手順②:Fire HD 10のBluetoothをONにする

Fire HD 10のBluetoothをONにします。

Fire HD 10の「設定」アイコンをタップすると下図設定画面が開きますので、「接続デバイス」を選択します。

接続デバイスのBluetoothの右側をタップししてONにします。

オレンジ色に変化したらOKです。

手順③:キーボードのEasy-Switchボタンを長押しする

キーボードのEasy-Switchボタンをどれでも良いので長押しします。

3秒以上長押しするとボタン上部が点灯しますので、チカチカ点灯したらOKです。

手順④:Fire HD 10で「新しいデバイスとペアリング」を押す

Fire HD 10に戻り、接続デバイスという設定画面にある「新しいデバイスとペアリング」をタップします。

Fire HD 10がLogicool K380の電波を探します。

手順⑤:Bluetoothペア設定コードを入力

Logicool K380の電波を探し出すと、6桁の設定コードをキーボードで入力するよう求められますので、キーボードで6桁の数字を入力します。

6桁の数字を入力すると、キーボードとの接続ができました。

以上でFire HD 10とLogicool K380の接続は完了です。

 

Fire HD 10にLogicool K380を使う懸念点は1つ

Fire HD 10にワイヤレスキーボード「Logicool K380」を使うのは全体的に問題無いと思いますが、懸念点が1つだけあります。

  • 半角全角の切り替えキーで日本語・英語の変換ができない

上記のとおりです。

半角全角の切り替えキーで日本語・英語の変換ができない

これは、Fire HD 10側の問題ではなく、Logicool K380キーボードの仕様でこのようになっているのですが、キーボード左上にある「半角/全角漢字」を押しても、日本語・英語の切り替えができません。

普通のパソコンを使っている感覚でボタンを押しても、日本語と英語が切り替わらないので、慣れないうちは使い難く感じると思います。

日本語・英語を切り替える方法

Logicool K380キーボードで日本語と英語を切り替える方法は次のとおりです。

  • 日本語と英語の切り替えshift + スペース
  • 英語の大文字・小文字の切り替えcaps lock

パソコン慣れしている方は、いつもの癖で左上にあるボタンを押してしまうかもしれませんが、押しても変換されませんので、これが唯一懸念点だと思います。

 

まとめ

以上、AmazonのFireタブレット、「Fire HD 10」にワイヤレスキーボード「Logicool K380」を実際に使ってみた時のレビューでした。

半角・全角が切り替えにくいという問題はありますが、サイズ感はちょうどよく、物理キーボードなので文章も書きやすいです。

「Fire HD 10」で接続可能なワイヤレスキーボードをお探しの方は、「Logicool K380」を使ってみて下さい。

 

 

人気記事【オーディオブック】Audible(オーディブル)で多読を効率化【スキマ時間に本を読めます】

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました