【Fire HD 10レビュー】プライム会員なら1台は持っておくべき【コスパ高すぎ】

ガジェット

Amazonのタブレット端末「Fire HD 10」は、10.1インチのフルHDでは珍しく1万円台(15,980円)で購入できるため、「どうせ微妙なんだろう」などと思っていませんか?

Fire HD 10の商品レビューを見ると批判的なレビューも少なくないので、興味はあるけど実際買うとなると踏みとどまってしまう方もいるのではないでしょうか。

この記事を書いている筆者も、Fire HD 10を買う前までは、そのように思っていうちの1人でしたが、Amazonタイムセール祭りでFire HD 10が10,980円で販売されていたので、1万円なら失敗しても気にならないと思い、お試しで買ってみました。

Fire HD 10(第9世代)2019年モデル

結論から言うと、1万円台で買えるタブレットとは思えないほどコスパが高いです。プライム会員の方には特におすすめです。

またセールで5,000円オフで販売されていたら、おかわりでもう1台購入しようと思ってます。

スポンサーリンク

Amazon Fire HD 10レビュー

Fire HD 10 パッケージと付属品

Fire HD 10のパッケージと付属品を順番に紹介します。

パッケージ

Fire HD 10(2019)のパッケージは、Amazon Fireでおなじみのオレンジのパッケージに梱包されて届きます。

ちなみに、Amazonあるあるかもしれませんが、やたら大きい段ボールに入って届きます。

Fire HD 10(2019)の純正カバーも同時に買いました。

Fire HD 10の箱を開けると、Fire HD 10本体と付属品が下図のような形で入っています。

Fire HD 10の付属品

Fire HD 10本体、充電器とUSBケーブル(USB-C to A)、説明書が同梱されています。

fire hd 10の付属品

選べるカラーは3色

Fire HD 10の本体カラーはブラック、ホワイト、ブルーの3色から色を選べます。

ちなみに、筆者はブラックを購入しました。

ブラックだけがタイムセールで5,000円オフだったので、ブラックにしました。

iPad AirとFire HD 10の大きさ比較

iPad Air(9.7インチディスプレイ)とFire HD 10(10.1インチディスプレイ)のサイズ感は下図のとおりです。

画面を縦にして並べてみると、Fire HD 10の方が若干、縦に長いです。

 

Amazon Fire HD 10のおすすめポイントは9つ

Amazonのタブレット端末、Fire HD 10を実際に使ってみて、筆者が感じたおすすめポイントは9つあります。

  • 1万台のタブレットなのに高機能
  • アレクサ対応で声で操作できる
  • プライムビデオが見やすい
  • 画面解像度がフルHD(1920 x 1200ピクセル)で綺麗
  • 雑誌が見やすい
  • 物理キーボードの接続も簡単
  • コントローラーを接続してゲームができる
  • 子供のおうち学習に便利
  • ペアレンタルコントロールが便利

上記のとおりです。

1万台のタブレットなのに高機能

Fire HD 10は、1万円台で買えるタブレットとは思えないほど高機能です。

オクタコアのCPUを搭載しているため、動画再生などの重たい処理も、サクサク動きます。

 

Fire HD 10のスペック
  • ディスプレイ:10.1インチ・フルHD(1920×1200)
  • スピーカー:Dolby Atmos オーディオステレオスピーカー
  • CPU:オクタコア MT8183@2.0GHz
  • GPU:Mail-G72 MP3
  • RAM:2GB
  • ストレージ:32GB/64GB
  • バッテリー:12時間
  • 外部ストレージ:microSDカード(512GBまで)

3万円~5万円台のタブレットやiPadなどと比較してしまうと、力不足に思えるかもしれませんが、1万円台で買える事を考えると、十分過ぎる程のスペックだと思います。

アレクサ対応で声で操作できる

Fire HD 10はアレクサに対応しているので、声でタブレットを操作できます。

また、「Showモード」に切り替えることで、echo showと同じように使うこともできます。

プライムビデオが見やすい

待機画面の「おすすめ」メニューに、現在視聴中のビデオや、おすすめのプライムビデオ、視聴リストが表示されるので、タブレットを立ち上げたらすぐにプライムビデオが見れるようになってます。

また、タブレットのメニューにもプライムビデオの項目があるので、プライムビデオにすぐにアクセスできるようになっているので見やすいです。

画面解像度がフルHD(1920 x 1200ピクセル)で綺麗

Fire HD 10の画面解像度はフルHDなので、画質が綺麗です。

ちなみに、上図は「JIN -仁-」の1話目の江戸の様子です。

雑誌が見やすい

画面がフルHDなので、雑誌も見やすいです。

サンプルとして、ナショナルジオグラフィック日本版の画面を使用しています。

タブレットを縦にして表示させると、1ぺージのみ表示されます。

タブレットを横にして表示させると、見開きで2ページ表示されるので見やすいです。

テキストもクッキリ表示されるので読みやすいです。

物理キーボードの接続も簡単

Fire HD 10はワイヤレスキーボードとの接続も簡単です。

ワイヤレスキーボードを接続すれば、メモアプリ(Evernote、Google Keepなど)、使って文章を書く事もできます。

【Fire HD 10】ワイヤレスキーボード「Logicool K380」レビュー
AmazonのFireタブレット、「Fire HD 10」に接続可能なワイヤレスキーボードの情報をお探しの方向け。 Fire HD 10は画面が大きいので、仮想キーボードも大きく、文章が書きやすいですが、やはり、物理キーボードと比較し...

コントローラーを接続してゲームができる

ゲームコントローラーを接続すれば、コントローラーを使ってゲームができます。

ゲームアプリによっては、コントローラーを認識しないゲームもあります。

ちなみに、この記事を書いている筆者は「【RyzeTech Tello】ゲームコントローラー「GameSir T1s」を使ってドローンを操縦【操作性向上】」という記事で紹介している「GameSir T1s」を接続して試してみましたが、問題無く使えました。

 

詳しくは「【FireHD10】ゲームコントローラーでゲームすると仮想パッドよりも快適」をどうぞ。

子供のおうち学習に便利

Fire HD 10で「Amazon FreeTime Unlimited(フリータイムアンリミテッド)」を利用すると、子供のおうち学習にも非常に便利です。

フリータイムアンリミテッドとは、Amazonが提供している3歳から12歳向けの有料コンテンツです。

ゲームアプリや絵本や図鑑、学習用アプリなど、様々なコンテンツを月額480円(プライム会員以外は月額980円)で利用できます。

ペアレンタルコントロールが便利

ペアレンタルコントロール機能があるため、タブレットの利用可能時間を制限できます。

ベッドタイムを設定して、設定時間以外の利用を制限したり、学習タイムを設定する事もできます。

また、アクティビティ毎に利用可能時間を制限できるため、ゲームは30分、ビデオ視聴は30分、本は何時間読んでもOKというように、細かい設定もできます。

お子さんがいらっしゃる家庭には非常に便利だと思います。

 

ちなみに、ペアレントコントロールを活用することで、筆者の娘に読書習慣がつくようになりました。

詳しくは「【ステマなし】Amazon FreeTime Unlimitedの感想【読書習慣がついた】」をどうぞ。

 

Fire HD 10の微妙なところは4つ

1万円台で帰るタブレット端末としては、大満足なFire HD 10ですが、実際に使ってみて微妙に感じた部分が4つあります。

  • 持ち運びには不向き
  • 対応アプリが少ない
  • 子供用アカウントとの切り替えが分かり難い
  • カメラの画質は良くない

上記のとおりです。

持ち運びには不向き

Fire HD 10は画面が大きく、重量も500g近くあるため、持ち運びには不向きです。

テーブルや机の上に置いて使う分には良いタブレットですが、外での使用は向いて無いと思います。

純正カバーを付けると、重量は793gになります。意外とずっしりします。

対応アプリが少ない

Amazonの「Fire タブレット」のOSは、Amazonが独自に開発したOSなので、対応アプリが少ないです。

FireタブレットにGoogle Playのアプリをインストールする方法もあるにはあるのですが、正しい使い方では無いため、万が一、不具合が起きてしまった場合、自己責任となります。

子供用アカウントとの切り替えが分かり難い

子供アカウントとの切り替えは若干分かり難いです。筆者は何回かつまづきました。

電源ボタンを押して起動した後、右上に表示されるアカウントをタップすると通常のアカウントから子供用のアカウントに切り替えることができます。

子供用アカウントから通常のアカウントに戻すときは、下図のメニューの「プロフィール切り替え」でアカウントを切り替える事ができます。

微妙に見難いので、もう少し分かりやすくても良いのでは?と思いました。

カメラの画質は良くない

Fire HD 10は、フロントとリアの2ヶ所にカメラがありますが、いずれも2メガピクセル(200万画素)しかありませんので、画質は良くないです。

SkypeやZoomなどのWebカメラとして使う分には問題無いと思いますが、写真撮影には適していないと思います。

写真撮影はスマホで撮影した方が高画質な写真が撮れます。

 

Fire HD 10はこんな方にはおすすめ

Fire HD 10タブレットは、こんな方におすすめです。

  • 大画面のタブレットが欲しい
  • 家での使用がメイン
  • YouTubeやプライムビデオをよく見る
  • 子供と一緒に使えるタブレットを探している

Fire HD 10タブレットは、大画面で高画質が魅力のタブレットです。

1万円台で買えるタブレットとしては、コスパが高いのでおすすめです。

 

ちなみに、「Fire HD 10のおすすめアクセサリーまとめ【使いやすさアップ】」という記事でおすすめなアクセサリーを紹介していますので、併せてこちらもご確認下さい。

 

また、Fire HD 10に興味があるけどプライム会員じゃない人でも使えるのかな?と、心配されている方向けに「AmazonのFireタブレットはプライム会員以外でも使える?【できる事を解説】」という記事でできることを解説していますので、興味のある方は是非どうぞ。

 

Fire HD 10専用カバーがあるとさらに快適

Fire HD 10専用カバーがあると、さらに快適にFire HD 10を使う事ができます。

下図はカバーを閉じた状態です。

カバーを開くと、下図のように端末を立たせることができるので、echo showのような使い方もできます。

背面は下図のような感じです。

かなり安定していますので、画面を強めにタップしても後ろに倒れるようなことはありません。

横から見ると下図のような感じです。

純正カバーは4,780円と、若干金額が高めですが、あると便利なのでこちらもおすすめです。

¥4,780(2020/09/26 16:37:29時点 Amazon調べ-詳細)

 

まとめ

以上、Amazonのタブレット端末「Fire HD 10」 のレビューでした。

1万円台で買えるタブレットとしては、かなり高機能で、使い勝手の良いタブレットだと思います。

プライム会員なら1台持っておいても損は無いと思います。

お子さんのおうち学習用にも是非!

 

 

人気記事【Fireタブレット】アプリで見れる動画配信サービスまとめ【快適】

人気記事【オーディオブック】Audible(オーディブル)で多読を効率化【スキマ時間に本を読めます】

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました