お名前.comで取得した独自ドメインをエックスサーバーで使う方法

お名前.comで取得した独自ドメインをエックスサーバーで使う方法WordPress

お名前.comで取得した独自ドメインをエックスサーバーで使う方法をお探しの方向け

 

お名前.com(お名前ドットコム)で取得した独自ドメインを、エックスサーバー(Xserver)で使えるようにするには、ドメインとサーバーを紐付ける(関連付ける)必要があります。

この記事では、お名前.comで取得したドメインと、エックスサーバーを紐づける設定方法を解説します。

 

なお、紐付けの設定をせず、もっと簡単にWordPressを始めたいという方は、「【エックスサーバー】ワードプレスの始め方【初心者でも迷わない】」という記事をどうぞ。

スポンサーリンク

お名前.comで取得した独自ドメインをエックスサーバーで使う流れ【全体像】

最初に、本記事で解説するお名前.comで取得した独自ドメインをエックスサーバーで使う流れの全体像を解説します。

  • 手順①:お名前.com側でネームサーバーを変更する
  • 手順②:エックスサーバー側でドメインの追加設定を行う

上記のとおりで、全体的な手順は2つです。

難しく思えるかもしれませんが、手順どおり進めれば設定できますし、10分ぐらいあれば設定できます。

 

ドメインとサーバーを紐づける意味

お名前.comで取得したドメインと、エックスサーバーを紐づける設定方法を解説する前に、ドメインをサーバーを紐付ける意味を解説します。

早く手順を知りたいという方は読み飛ばしてOKです。

お名前.comでネームサーバーを変更する手順」という項目からお読みください(クリックすると移動します)。

ドメインとサーバーを紐付けないとブログやサイトは表示されない

お名前.comで取得したドメインをエックスサーバーで使うには、ドメインとサーバーを紐付ける必要があります。

この設定を行うことで、urlを入力するとWebサイトが表示されるようになります。

 

この設定を行わずに、レンタルサーバーにブログやサイトを設置しても、ブログやサイトが表示される事はありません。

ドメインとレンタルサーバーの関係は住居と住所と同じ

ドメインとレンタルサーバーの関係は、住居(建物)と住所と同じです。

例えば、今住んでいる住居から引っ越しする場合、まずは住居を探すことになると思います。

この住居は、ブログやサイトでいうところの「サーバー」にあたります。

住居を使用する契約を済ませたら、住所の届け出が必要になります。

この、住所が、Webサイトでいうところの「ドメイン(url)」にあたります。

  • ドメイン → 住所
  • レンタルサーバー → 住居(建物)

住所と住居が紐づいていないと、郵便物は届きませんよね。

Webサイトも同じで、ドメインとレンタルサーバーが紐づいていないと、ドメイン(url)を入力しても、ブログやサイトは表示されません。

そのため、ドメインとレンタルサーバーの紐付けを行う必要があるのです。

 

お名前.comでネームサーバーを変更する手順

最初に、お名前.comでネームサーバーを変更する手順を解説します。

  • 手順①:お名前.comの管理画面に移動する
  • 手順②:設定するドメインを選択
  • 手順③:エックスサーバーのネームサーバー情報の入力

上記のとおりです。

手順①:お名前.comの管理画面に移動する

まず最初に、お名前.comにログインして管理画面のトップページに移動します。

公式サイト:お名前.com

 

お名前.comにログインすると、最初にドメインの更新画面が表示される場合があります。
その場合、上部メニューの「TOP」をクリックしてトップページに移動して下さい。

 

トップページ中ほどに「よく利用されるお手続き」という項目がありますので、「ネームサーバーを設定する」を選択します。

手順②:設定するドメインを選択

ネームサーバー設定という画面が表示されますので、①設定するドメインにチェックを入れ、②「その他」というタブをクリックします。

手順③:エックスサーバーのネームサーバー情報の入力

エックスサーバーのネームサーバー情報を「その他のネームサーバーを使う」という項目に入力します。

なお、エックスサーバーのネームサーバーは以下のとおり5つありますので、全て入力します。

  • ns1.xserver.jp
  • ns2.xserver.jp
  • ns3.xserver.jp
  • ns4.xserver.jp
  • ns5.xserver.jp

 

ちなみに、エックスサーバーのネームサーバーは5つあるのに対し、①下図の入力項目を見ると3つしかありませんので、②「+」アイコンをクリックして入力項目を2つ増やして下さい。

下図のように5つのネームサーバーを入力したら、「確認」ボタンをクリックします。

最終確認画面が表示されますので、5つのネームサーバーを入力していることを確認したら、「OK」をクリックします。

以上で、お名前.comでネームサーバーを変更する手順は完了です。

続いて、エックスサーバー側の設定を行いましょう。

 

エックスサーバー側でドメインの追加設定を行う手順

続いて、エックスサーバー側でドメインの追加設定を行う手順を解説します。

  • 手順①:サーバーパネルにログイン
  • 手順②:ドメイン設定を選択
  • 手順③:ドメイン設定の追加

上記のとおりです。

手順①:サーバーパネルにログイン

エックスサーバーのサーバーパネルにログインします。

エックスサーバーサーバーパネル

 

サーバーパネルにログインしたら、画面右上にある「ドメイン設定」をクリックします。

手順②:ドメイン設定の追加

下図のようにドメイン設定画面が表示されますので、「ドメイン設定追加」というタブをクリックします。

手順③:ドメイン設定追加

①「ドメイン設定追加」タブをクリックし、②ドメイン名の入力項目に、お名前.comで取得したドメイン名を入力します。

③「無料独自SSL」と「高速化・アクセスか」チェックが入っていることを確認したら、④「確認画面へ進む」をクリックします。

確認画面が表示されますので、「追加する」をクリックします。

追加設定が完了すると、下図画面が表示されます。

以上でお名前.comで取得した独自ドメインとエックスサーバーを紐付ける設定は完了です。

 

【おまけ】WordPressをインストールする手順

最後に、おまけとしてWordPressをインストールする手順を解説します。

  • 手順①:WordPress簡単インストールを選択
  • 手順②:WordPressをインストールするドメインの選択
  • 手順③:WordPress情報の入力

上記のとおりです。

手順①:WordPress簡単インストールを選択

サーバーパネルの下の方にある「WordPress簡単インストール」という項目を選択します。

手順②:WordPressをインストールするドメインの選択

WordPressをインストールするドメインを選択します。

手順③:WordPress情報の入力

WordPress情報を入力します。

ちなみに、各項目の設定方法は次のとおりです。

  • ①サイトURL:空白でOKです。
  • ②ブログ名:ワードプレスサイトのタイトルになります。後でいつでも編集できます。
  • ③ユーザー名:WordPressのログインで使います。(推察されやすい「admin」とかは止めた方が良いです。)
  • ④パスワード:WordPressのログインで使います。
  • ⑤メールアドレス:メールアドレスを入力します。
  • ⑥キャッシュ自動削除:「ONにする」のままでOKです。
  • ⑦データベース:「自動でデータベースを生成する」のままでOKです。
  • ⑧確認画面へ進む:全て入力したらクリックします。

下図のように最終確認が表示されますので、内容に問題無ければ「インストール」をクリックします。

「インストール」をクリックして、30秒~1分ぐらい待つと、インストール完了画面が表示されます。

以上でWordPressをインストールする方法は完了です。

 

まとめ

以上、お名前.comで取得した独自ドメインをエックスサーバーで使う方法を解説しました。

 

お名前.comとエックスサーバーを紐付けた後に、すぐにWordPressをインストールすると、ブログやサイトが表示されない場合がありますが、1時間ぐらい待っていれば表示されるようになりますので、もし、表示されなければ時間を置いてからアクセスして下さい。

ネームサーバーを変更したという情報がWeb上に浸透するのに時間がかかります。

 

ちなみに、WordPressをインストールしたら、初期設定を行う必要がありますが、以下の記事で用途別に初期設定の方法を解説していますので、興味のある方は是非どうぞ。

 

 

人気記事【無料あり】オンラインプログラミングスクールおすすめ3選【通学不要】

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました