【公開】Web集客初心者が4ヶ月で顧問契約を獲得した全手順を解説

Web集客
  • コンサルタントとして独立起業しようと考えているけど、足を使って営業するのも効率が悪いからWeb集客したいけど、実際のところどうすれば良いのかな?
  • 実際にWeb集客でお客様を獲得している人から、具体的にどこから手を付ければ良いのか、具体的に教えて欲しいよ。

この記事では、こういった疑問にお答えします。

 

本記事の内容

  • Web集客初心者が4ヶ月で顧問契約を獲得した全手順

 

なお、本記事の筆者はブログ歴が12年以上あり、10年近くブログ収益でご飯を食べています。

主な集客方法はブログとメルマガで、基本的にこの2つだけで10年以上生きながらえております。

こういった経験を元に、この記事では、2009年にWeb集客初心者だった筆者が、周りは畑だらけの田舎という最悪の立地条件にもかかわらず、コンサルタントとして起業して、Web集客に取り組んでから4ヶ月で顧問契約を獲得した全手順を紹介します。

 

2009年に実施したWeb集客手法なので、内容が古いのでは?と感じるかもしれませんが、今現在、同じ方法で集客している方が沢山いるので、今でも普通に通用する方法だと思います。

 

これからWeb集客で見込み客や顧客を獲得したいとお考えの方の参考になれば幸いです。

前置きはこれぐらいにして、さっそく本題に入りましょう。

スポンサーリンク

Web集客初心者が4ヶ月で顧問契約を獲得した全手順

Web集客初心者だった筆者が、4ヶ月で顧問契約を獲得した全手順を解説します。

  • 手順①:会社案内となる企業サイトを作った
  • 手順②:見込み客獲得のためにブログを立ち上げた
  • 手順③:セールスをするためにメールマガジンをはじめた
  • 手順④:自社商品(オリジナル教材教材)を作った
  • 手順⑤:商品販売のためのランディングページを作った
  • 手順⑥:infotopとinfocartに商品を掲載した
  • 手順⑦:自動でセールスするためにステップメールを作った
  • 手順⑧:リスト獲得用のランディングページを作った

上記のとおりです。

手順①:会社案内となる企業サイトを作った

Web集客を考えた時、真っ先に考えたのが「独自ドメインの企業サイト」を作ることでした。

これからWebで見込み客やクライアントを獲得しようとしているのに、会社案内となる企業サイトが無ければ「会社として存在しているの?」と不安に思われかねません。

ですので、まずは企業サイトを作りました。

 

ちなみにこの当時の筆者は、HTML、CSSといったWebサイト作成の知識ゼロからのスタートだったので、当時、妻が持ってた「ホームページビルダー」と「ホームページビルダーの使い方の本」を借りて、自力で企業サイトを作りました。

 

さすがにデザインまで自力で作る事はできないので、「テンプレート 無料」等のキーワードでテンプレートを探し、企業サイト向けのテンプレートをダウンロードして、本を読みながら作りました。

当時は必死に作っていましたが、今振り返ってみると、デザインがとてつもなくダサ過ぎて、今考えれば本当に恥ずかしいです。

テンプレート自体は悪くないのですが、筆者のカスタマイズがダサ過ぎたのでしょう、今振り返ると、ダサ過ぎて恥ずかしいです。

このことは、筆者のなかでは黒歴史となっています。

 

ちなみに、いま、企業サイトを作るとしたら、「【WordPress】企業サイトの作り方【図解入りで手順を解説】」という記事でも解説しているとおり、WordPressで作ります。

数ページの企業サイトなら2~3時間あれば作れますので。

CMSを使うようになって、まあまあ見栄えするサイトを作れるようになった

3~4ヶ月ほど、ホームページビルダーでサイトを更新してましたが、更新の手間が大きく、しかも、ページを増やすとリンク切れの問題も発生するようになり、ホームページビルダーでサイトを作る事に限界を感じました。

もっと便利なものは無いのか?システムで作れるような…。

 

もっと手軽に更新できる方法がないか調べていたら、CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)を使えばWebサイトの更新が手軽にできると知りました。

この当時、「なんて画期的なシステムなんだ!」と衝撃を受け、独学でCMSを導入しました。

ちなみに、この時導入したCMSは「XOOPS(ズープス)」CMSでした。

その後、色々調べていたらCMSはXOOPS以外にも沢山ある事を知り、以下のCMSを手当たり次第に片っ端から試しました。

  • Joomla!(ジュームラ)
  • WordPress(ワードプレス)
  • MODx(モッドエックス)
  • Soy CMS(ソイ・シーエムエス)
  • Movable Type(ムーバブルタイプ)
  • Drupal(ドルーパル)
  • concrete5(コンクリートファイブ)

色々触った結果、この当時は「Joomla!(ジュームラ)」に落ち着きました。

WordPressはブログとしては使いやすいのですが、企業サイトを作るとなると、使い勝手が悪かったので使いませんでした。

手順②:見込み客獲得のためにブログを立ち上げた

企業サイトだけではアクセス流入は殆ど無く、また、この当時はホームページビルダーでWebサイトの更新作業していたため、情報更新がとてつもなく面倒でした。

この2つの問題をカバーするため、ブログを始めることにしました。

 

ブログならホームページビルダーと違って、オフィスソフトのように簡単に文章入力ができ、更新作業の負担も大幅に軽減できるため、「これを使わない手は無い」と思い、ブログを使って情報発信しました。

ブログを更新するとアクセスが増えるので、少しづつ、ブログからWebサイトにアクセスが流れるようになりました。本当に少しでしたけど…。

 

ちなみに、当時使っていたブログはFC2とアメブロでした。

アメブロ経由でそこそこアクセスが増えるようになりしたが、アクセスが伸びてきた時に、突如、ブログを削除されました。

無料ブログは「【初心者】無料ブログの収益化はワードプレスと比較すると不利ですよ」という記事でも解説しているとおり、ブログ削除のリスクがあります。

趣味で使う分には良いですが、収益目的で無料ブログを使うとビジネスが詰みやすいのは間違いないです。

手順③:セールスをするためにメルマガをはじめた

Webサイトとブログは「待ちのメディア」です。

待っているだけでは仕事を獲得するのは困難だと思い、メルマガを始めました。

この当時、メルマガを配信している人の殆どが「まぐまぐ」というメルマガ配信サービス兼ポータルサイトを利用していたため、筆者も真似してまぐまぐを使用しました。

 

まぐまぐは無料で利用でき、しかも、迷惑メールボックスに入りにくいというメリットがある一方、

読者登録があっても登録メールアドレスがメルマガ運営者が取得できない仕組みなので、これが大きなデメリットでした。

もし万が一、まぐまぐにアカウント削除されようものなら、集客の術を失ってしまうという危機感を覚え、すぐに独自配信に切り替えました。

ちなみにこの当時、オレンジメールというシステムを使っていたと思います。

オレンジメールに興味がある方は「【無料あり】ステップメールが配信できるメール配信システム7選」という記事で紹介していますので、是非どうぞ。

 

独自配信に切り替えたとはいえ、まぐまぐにある程度、読者登録があったので、それを切り捨てるのはもったいないので、同時並行で運用しています(10年近く経った今でも利用してます)。

手順④:自社商品(オリジナル教材教材)を作った

ブログ、メルマガ、Webサイトを運営して1ヶ月ぐらい経つと、問い合わせが入るようになりました。

しかし、なかなか面談の申し込みに繋がらないので「面談から顧問契約という流れではダメだ。会ってみたいと強烈に思って貰えないと、契約にこぎつけるのは難しい。何か良い方法は無いか…」と日々試行錯誤していました。

 

そんなある日、メール配信システムのサービスを提供している経営者と知り合うきっかけがあり、その方から金言ともいえるアドバイスを頂き、「自社商品(オリジナル教材)を作ってWebで販売しよう」と決めました。

アドバイスの内容は「アフィリエイターに商品を紹介してもらう」ことだった

この時いただいたアドバイスの内容は次のとおりです。

  • いきなり面談(人)という形の無いものを売るのは難しい。
  • 最初は自社商品(オリジナル教材)を買ってもらい、商品を購入した人に面談をアプローチしましょう。
  • 教材を作ってもどうやって売るの?という問題が発生しますが、教材販売に特化したポータルサイトに登録すればOKです。
  • ポータルサイトに登録しているアフィリエイターと呼ばれる個人の広告代理店が成果報酬で教材を売ってくれるので、販売に力を入れなくも彼らが売ってくれる。
  • 成果報酬だから広告費をかけずに広げる事ができる

 

最初にこの話を聞いた時は、正直「へ~。こんな方法もあるんだ。」ぐらいにしか思いませんでしたが、次の話を聞いて180度考えが変わりました。

当社のシステムを使って下さっているお客様で、「早漏防止マニュアル」という教材を販売している人がいるのですが、
その方は、教材を作って、販売ページとステップメールを作った後、ほったらかしで毎月80万~100万程安定して売っているんですよ。
いろんなものが売れるから、面白いですよね~。

 

経営者の方からこの話を聞いた後、「これは自分もやるしかない!」と思い、家に帰ってすぐ、早漏防止マニュアルの販売ページからステップメールを登録して、実際にどのような流れでセールスするのかをそのページを見て研究しました。

その後、気合で教材作成に取り組みました。

手順⑤:商品販売のためのランディングページを作った

1ヶ月ぐらいかけて自社商品を作りましたが、商品だけできても商品を販売するセールスページが無いと意味がありません。

そこで、教材ができ上がったと同時にランディングページ作る事に着手しました。

 

ホームページビルダーで1から作るのが面倒だったので、

  • ランディングページ テンプレート
  • セールスレター テンプレート 無料

というキーワードで探しまくりました。

 

この当時はホームページビルダーでランディングページを作ってましたが、今は「ランディングページの作り方を3つの手順で解説【初心者でも作れる】」という記事でも解説しているとおり、WebツールやWordPressで簡単に作れますので、時代を感じます。

 

セールスレターの文章は、「究極のセールスレター(ダン・ケネディ)」を参考にしながらレターを書きました。

 

セールスレターの執筆は難しく、思うように書けませんでしたが、集中するために部屋に閉じこもり、携帯の電源も切り、パソコンはワードしか開かなかい状態にして、3日間集中して書きました。

手順⑥:infotopとinfocartに商品を掲載した

教材とランディングページが準備できたので、教材を販売するためにinfotop(インフォトップ)とinfocart(インフォカート)という情報商材ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)に商品登録の申請をしました。

商品審査は3日前後かかったと思いますが、セールスレターを修正するよう指導をされ、販売開始まで1週間程かかりました。

 

販売開始から2週間ぐらい経った頃、聞いたことのない新聞社や下ネタメインの雑誌を出版している会社から「今なら特別に〇万円で広告が出せます!」等といった営業電話がかかって来ただけで、教材は売れませんでした。

しかし、販売開始から3週間ぐらい経った頃、教材が1つ売れました。これにはちょっと驚きました。

 

教材を売るために2ヶ月ぐらい費やし、売れる前は「これだけ時間かけて売れなかったら2ヶ月無駄だな。」ぐらいにしか考えていませんでした。

でも、いざ、商品が売れると「えっ、売れたんだけど…どうしよ」という訳の分からない動揺がありました。

 

それから1週間ぐらい経った頃でしょうか、有名なアフィリエイター(超有名な方で、現在は香港に移住されてます。)さんがメルマガで紹介してくれて、その日だけで商品が5~6本売れました。

数日後も数本、商品が売れて驚いた記憶があります。

この時に商品を購入されたお客様から「直接会って相談したい」と言われ、そこから顧問契約を2件獲得できました。

手順⑦:自動でセールスするためにステップメールを作った

教材の審査をしてもらっている間、購入率を少しでも上げるためにステップメールの執筆に着手しました。

infotopやinfocartに商品掲載の審査をして貰っている間、商品が掲載されるまでに時間があったので、「ステップメールは最低でも7日分は作成しよう」と考えていたこともあり、いろいろ構成を考えながら、ステップメールを書きました。

 

ステップメールは教材販売のアドバイスをもらった際、「ステップメールを使うと、見込み客の教育から販売まで自動でできるから、必ず作成した方が良い」と言われていたため、「絶対作らないとダメだ」と思っていました。

 

ちなみに、以下の記事でステップメールが配信できるツールを紹介していますので、興味のある方は是非どうぞ。

手順⑧:リスト獲得用のランディングページを作った

教材販売をきっかけに、ブログ、メルマガの反応が増え、Webだけで仕事を獲得できるようになりました。

 

ここからさらにメルマガの読者を増やすために、メルマガ登録用のランディングページを作り、ブログやWebサイトから誘導したり、リスティング広告を出稿するなどして、読者を増やしました。

 

この他にやったことは、ブログの更新ぐらいです。

教材はアフィリエイターの方が売ってくれるので、筆者のやることはブログの更新や、後はたまに、ランディングページのキャッチコピーの見直しや、ボディーコピーの修正ぐらいしかやることが無いのです。

Web集客は最初の準備が大変ですが、一度作ればメンテナンスだけで済みますので、その点、集客効率はかなり良いと思います。

 

まとめ

以上、Web集客初心者が4ヶ月で顧問契約を獲得した全手順を解説しました。

2009年の事なので、当時はホームページビルダーでサイトやランディングページを作ってましたが、今はツールやWordPressテーマが充実しているので、もっと早く、そして簡単に作ることができます。

 

独立してから12年近く経ちますが、独立当初と今現在とでやっている事がほとんど変わらないので、この方法がWeb集客の王道なのかなと思います。

ちなみに今現在、「独立・起業しよう!」と思ったら、「【コーチ・コンサルタント向け】Web集客方法【仕組み作りが重要】」という記事で解説している手順で仕組みを作ります。

本記事で紹介している手順と殆ど変わらないです。

あとがき

「教材を作ると良いですよ!」というアドバイスを頂いた経営者の方は、メール配信システムを提供しているビズクリエイト社の渡辺社長という方です。

「オートビズ」という配信サービスを提供しています。

許可なく名前を出してしまいましたが、渡辺社長は温和な方なので、多分「懐かしいですね~」と笑って許してくれると思います。

もし何か言われたら、直接、高崎のオフィスまで頭下げに行けば、笑って許してくれると思います。

 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました