【2020】Amazonブラックフライデーでお得に買い物する方法

Web集客の基礎を徹底解説【目的やメリット・デメリット、注意点】

Web集客の基礎を徹底解説【目的やメリット・デメリット、注意点】Web集客

Web集客の基礎知識やメリット・デメリット、注意点などの詳しい情報をお探しの方向け。

 

これからWeb集客に取り組もうと考えている方や、Web集客担当になったばかりの方を対象に、Web集客の基礎知識や、メリット・デメリット、Web集客の注意点をまとめました。

 

この記事を上から順に読む事で、Web集客の最低限の基礎知識が身に付くと思います。

それではさっそく本題に入りましょう。

スポンサーリンク

Web集客とはインターネットツールで集客すること

Web集客とは、インターネットで繋がった様々なWebツールを使って、ユーザー(お客様)を集める集客方法のことを言います。

Webマーケティングとも呼ばれています。

Web集客の目的

Web集客の目的は主に3つあります。

  • 自社の認知度や好感度を高めるため
  • 商品・サービスを直接的に販売するため
  • 名刺代わり

上記のとおりです。

自社の認知度や好感度を高めるため

企業や商品・サービスの情報を発信することで、企業や商品・サービスの認知度を高めたり、高感度を高めることができます。

認知度や好感度を高めることで、見込客(将来、お客様になる可能性が高い層)に商品・サービスを選んでもらうきっかけを醸成できます。

商品・サービスを直接的に販売するため

公式サイトやブログの商品・サービス紹介ページや、運営しているECサイト(自社サイトや楽天・AmazonなどのECモール)にユーザー(お客様)を誘導して、商品やサービスを買ってもらいます。

人材募集(リクルーティング)にも活用できます

商品やサービスを販売する外にも、採用ページに誘導することで人材募集や応募の受付ができます。

名刺・会社案内代わり

Webで直接、商品やサービスを販売しない場合、名刺や会社案内代わりに使われる事があります(BtoBで多いです。)

名刺や会社案内では、伝えられる情報に限りがありますが、Webサイトに誘導する事で、紙面では伝えきれない情報や魅力を伝えることができます。

なお、この手のサイトを作る場合は、自社で簡単なサイトを作るか、あるいは低価格でサイトを制作してくれる業者に依頼すれば良いです。

 

Web集客の方法は無料と有料併せて7つ

Web集客の方法は有料でできる手法と、無料でできる手法を併せて7つの方法があります。

有料と無料の違いや、それぞれの手法を解説します。

  • 有料と無料の違い
  • 有料のWeb集客方法は5つ
  • 無料のWeb集客方法は2つ
  • 有料と無料、どちらに力を入れるべき?

上記のとおりです。

有料と無料の違い

有料と無料の違いは次のとおりです。

  • 有料 → 広告費はかかるけど即効性がある
  • 無料 → 広告費はかからないけど時間がかかる

有料のWeb集客

有料の集客方法は広告を出稿する方法となります。

広告費はかかりますが、費用を払えばすぐに広告が出稿できるため、即効性があります。

無料のWeb集客

無料の集客方法は、コンテンツを基点に集客する方法です。

具体的には、ブログ記事を書いて上位表示を狙ったり、SNSで情報発信することで認知してもらう方法です。

 

無料の集客方法は、ブログ記事が上位表示されるようになったり、SNSで認知されるようになれば、費用ゼロで認知されるようになるというメリットがある一方、

ブログ記事が上位表示されるまでに多くの時間がかかり、SNS上で認知されるようになるのも多くの時間を必要とするので、即効性がないというデメリットがあります。

有料のWeb集客方法は5つ

有料でできるWeb集客方法は5つあります。

  • リスティング広告
  • メルマガ広告
  • SNS広告
  • アフィリエイト広告
  • インフルエンサーによる宣伝

上記のとおりです。

リスティング広告

リスティング広告とは、キーワードに応じて、検索結果に表示される広告の事です。

「検索連動型広告」とも呼ばれています。

例えば、Google検索で「リスティング広告」と検索してみると、下図のような検索結果が表示されますが、これらは全てリスティング広告によるものです。

上図の赤枠部分を見ると、「広告」と書いてありますね。

これがリスティング広告です。

リスティング広告は「Googleアドセンス」と「Yahoo!スポンサードサーチ」の2つが有名です。

メルマガ広告

メルマガ広告は、他社が配信しているメールマガジンに広告を表示させる広告です。

ダイレクトにアプローチできるのが強みです。

 

なお、メルマガはオワコンだから効果が出ないと思っている方がいますが、そのような事はありません。詳しくは「メールマガジンはオワコン?LINE@の方が良い?【読まれるメルマガの始め方】」をどうぞ。

メルマガ広告は読者層が異なると効果が無い

メルマガ広告は、読者層の属性が合わないと殆ど効果を得られません。

例えば、英会話のメルマガを購読している読者層に対して、「ダイエットサプリ」等の商品をアプローチしても殆ど成約しません。

しかし、「英会話教材」や「英会話学習アプリ」の広告であれば、高い効果を得ることができます。

SNS広告

SNS広告は、Facebook、Twitter、LINE、YouTube、Instagram等といったSNSに広告を出稿する方法です。

SNS広告は、ユーザーの興味・関心に合わせた広告を表示させる事ができるため、費用対効果の高い広告です。

 

各SNS広告の特徴は次のとおりです。

  • Facebook:ユーザーの属性(年齢、性別、職業、地域など)を指定して広告を表示可能
  • Twitter:ユーザーがツイートした言葉に関連した広告を表示可能
  • LINE:タイムラインやLINEニュースに広告を表示可能
  • YouTube:ユーザーの属性(年齢、性別、職業、地域など)を指定して、動画再生の直前や再生中にに広告を表示可能
  • Instagram:ユーザーの属性(年齢、性別、地域など)に応じて広告を表示可能

アフィリエイト広告

アフィリエイト広告とは、成果報酬型の広告で、アフィリエイターと呼ばれる代理店が商品・サービスを宣伝してくれます。

売れた分だけ紹介料を払えば良いので、比較的リスクの低い広告手法と言えます。

 

アフィリエイト広告の詳しい仕組みについては「【超初心者向け】アフィリエイトとは?仕組みや始め方を解説【図解入り】」をどうぞ。

インフルエンサーによる宣伝

インフルエンサーとは、「世間に与える影響力が大きい行動を行う人物」の事で、具体的には、以下のような方々のことをいいます。

  • 月間PVが何十万~何百万もある「プロブロガー」
  • 登録者数がとてつもなく多い「ユーチューバー」
  • フォロワー数がとてつもなく多い「インスタグラマー」

インフルエンサーに依頼することで商品・サービスを紹介してもらう手法です。

無料のWeb集客方法は2つ

無料でできるWeb集客方法は2つあります。

  • コンテンツSEO
  • プレスリリース

上記のとおりです。

コンテンツSEO

コンテンツSEOとは、Webサイトやブログなどにコンテンツ(記事)を追加して、検索エンジン(Google、Yahoo!、Bingなど)経由で集客を狙う方法のことをいいます。

あなたのビジネスの見込み客へ向けて、見込み客が抱えている悩みや問題を解決する情報をWebサイトやブログで情報発信します。

 

検索で上位表示することができれば、あなたのビジネスの見込み客のアクセスが増加し、Webサイトやブログ経由で売上が上がるようになります。

上位表示を実現できれば無料で継続的に集客できる

コンテンツSEOは、コンテンツ(記事)を追加することで集客する手法なので、継続的に取り組まなければ効果は得られません。

そのため、「記事を書くのが面倒」とお考えの方から、ブログの集客はやりたくないというご意見を聞く事もありますが、「Web集客にブログは必要?【中長期的にはあった方がコスパが高い】」という記事でも解説しているとおり、中長期的な目線で考えるとコスパが高いので、ブログは必要です。

 

ブログを使った集客は即効性がなく、時間がかかる方法ではありますが、上位表示を実現できれば継続的かつ長期的に集客できるようになりますので、中長期的な視点で継続的に取り組むようにしましょう。

集客できるようになるまでどれぐらい期間がかかる?

ゼロからブログやオウンドメディアを立ち上げた場合、集客できるようになるまで最低でも1年ぐらいかかります。

経験者なら1年以内に集客できるようになりますが、初心者の方は記事の書き方から覚える必要があるため、どうしても時間はかかります。

 

詳しくは「ブログやオウンドメディアで集客できるまでの期間とは?【1年必要】」をどうぞ。

プレスリリース

プレスリリースとは、広報PRで使われる手法のことで、主に新聞社やテレビなどの報道機関に向けた情報の提供・告知の文書のことを言います。

「こんな情報があるから報道して下さい」とお願いするお知らせのようなものです。

 

プレスリリースは大企業が使う手法だと思っている方がいますが、中小企業や個人事業主、主婦、学生、市民団体でもプレスリリースを行えます。

プレスリリースを行ってマスコミに取り上げてもらうには、マスコミが記者に興味を持ってもらえるよう、工夫する事が大切です。

有料と無料、どちらに力を入れるべき?←バランスが重要

有料と無料、どちらの集客方法に力を入れた方が良いのかについては、一概には言えませんが、基本的な考え方は次のとおりです。

  • 広告予算がある → 有料
  • 予算が限られている → 有料+無料
  • 予算は無いが時間はある → 無料

広告予算があるなら有料

広告を出稿できる予算があるなら、有料がベストです。

短期間で売上を作る事ができますので、広告費用の回収も早いです。

ただし、商品・サービスの販売ページが微妙だったり、そもそも利益率の低い商品を扱っていると、広告を出稿しても収支トントン、あるいは赤字になる可能性もあります。

予算が限られているなら有料と無料の同時並行

予算が限られている場合、広告の出稿を抑えつつ、同時に無料の集客方法に取り組むのがおすすめです。

最初のうちは広告経由の売上しか期待できませんが、同時にコンテンツを追加することで、徐々にコンテンツ経由の見込み客が増加するようになり、広告費は徐々に減るようになります。

継続的にコンテンツを増やし、コンテンツ経由のアクセスを徐々に増やすことで、広告を出稿しなくても見込み客を集めることができるようになります。

 

有料の方法と無料の方法をバランスよく取り組む事で、最初の段階からお客様や見込み客を獲得する事ができるようになります。

予算は無いけど時間はあるなら無料がベスト

予算が無いけど時間はあるという場合は、無料のWeb集客方法の1つである「コンテンツSEO」がおすすめです。

コンテンツSEOはコンテンツの作成や検索結果で上位表示されるのに時間はかかりますが、情報を能動的に求めている検索ユーザーを購買に繋げやすいという特徴があります。

集客コストを極力かけたくないという方は、「コンテンツSEO」をメインに取り組むのがおすすめです。

 

Web集客のメリットとデメリット

Web集客のメリットとデメリットを解説します。

  • Web集客のメリットは6つ
  • Web集客のデメリットは5つ
  • メリット・デメリットの比較表

上記のとおりです。

Web集客のメリットは6つ

Web集客のメリットは6つあります。

  • コストが低い
  • 多くの人にリーチできるので商圏を拡大できる
  • コンテンツの価値を高める事により、資産として運用できる
  • 即時性があり、修正も簡単
  • 双方向性がある
  • ユーザーの属性や興味などのデータを取得できるためターゲットが絞れる

上記のとおりです。

コストが低い

Web集客は、テレビCMや、新聞、雑誌等のメディアの等の広告を使用した販促方法と比較すると、圧倒的にコストが低いです。

Web集客でかかる費用は、毎月のサーバー料金ぐらいしかかかりません。

Web集客の仕組みは無料で作れる?【成果を上げたければ課金必須】」という記事でも解説しているとおり、施策内容によってはコストゼロで集客する事も不可能ではありません。

 

広告に多額の予算をかけれないビジネスオーナーにとって、非常に大きなメリットだと言えます。

多くの人にリーチできるので商圏を拡大できる

Webを活用すると場所による制約を受けなくなるので、多くのお客様にリーチできるようになり、商圏を拡大しやすいです。

事務所や店舗を構えると商圏が近隣地域に限られますが、Webを活用すると商圏はいっきに全国に広まります。

 

ちなみに、この記事を書いている筆者も、起業した当初は群馬の下仁田という山に囲まれたところで起業しましたが、Webを活用する事で、全国のお客様からご連絡を頂くようになった経験があります。

Webを活用しなければ、お客様に認知すらしてもらえなかったのは間違いないと断言できます。

コンテンツの価値を高める事で資産として運用できる

Web上に公開したコンテンツは、削除しない限り、いつまでもお客様を集め続けてくれる資産となります。

 

資産となるコンテンツを作るには、「検索ユーザーにとって有益なコンテンツであること」ということが前提となりますので、ハードルは低くありません。

とはいえ、有益な情報を提供し続けているうちにコンテンツは徐々に増え、検索エンジン経由であなたの商品・サービスに興味をもったお客様が自動で集まるようになります。

即時性があり、修正も簡単

Web集客は即時性があるのが大きな特徴です。

 

通常、広告を出稿する場合、広告の出稿依頼をしてから実際に広告が出稿されるまで、何日もかかりますが、Web広告は広告メッセージが決まっていればすぐに広告を出稿することができます。

また、出稿予定の広告メッセージが間違っていた場合、一般的な販促手法を使った場合、途中で変更する事は非常に難しいですが、Webの場合、修正も簡単です。

双方向性がある

一般的に、オフラインの集客はお客様に対して一方通行的な情報提供となりますが、Web集客の場合、お客様から直接反応を貰う事ができます。

これは、Web集客の大きな特徴と言えます。

ユーザーの属性や興味などのデータを取得できるためターゲットが絞れる

Web集客は「誰が」、「いつ」、「どのような興味をもって」、Webサイトに訪問したのか?というユーザーのデータを取得する事ができます。

そのため、反応率や効果測定が行いやすく、「広告出稿 → 効果測定 → 検証 → 改善」というサイクルを回しやすいというメリットがあります。

Web集客のデメリットは5つ

Web集客のデメリットは5つあります。

  • 参入障壁が低いので競合が多い
  • 検索経由で集客できようになるのに、専門知識と時間が必要
  • 顧客フォローに手間と時間がかかる
  • 担当者のスキルに依存する
  • 地域密着だと成果を出しにくい

上記のとおりです。

参入障壁が低いので競合が多い

Web集客はコストが殆どかからず、思い立ったら取り組むことができるため、参入障壁がとてつもなく低いです。

基本的に、文章を書ければ何とかなりますので、誰でも気軽に参入できるため、競合が多いです。

検索経由で集客できようになるのに、専門知識と時間が必要

検索エンジン経由で集客できるようになるには、ある程度のSEOに関する専門知識が必要となります。

全く知識が無い状態で闇雲にコンテンツを増やしたところで露出が増える程、簡単ではありません。

 

また、検索エンジン経由での集客はある程度の時間が必要です。

すでに認知されているサイトであれば、新しいコンテンツを追加すれば見て貰える可能性はありますが、殆ど認知されていないようなサイトで商品・サービスに関するコンテンツを追加しても、ユーザーに見てもらえない場合が殆どです。

 

ちなみに、SEOに関する専門知識は、2~3冊本を読めばSEOの大部分を学べますので、専門知識を学びたいという方は、まずは本を読みましょう。

SEO対策が学べるおすすめな本3冊【全体像や内部対策が分かる】」という記事で、SEO対策が学べるおすすめな本を紹介していますので、是非どうぞ。

顧客フォローに手間と時間がかかる

ECサイトを活用した小売業(通信販売)であれば、商品を販売したら顧客フォローはそこまで必要としませんので、手間と時間はかかりませんが、そうでない業種の場合、顧客育成に手間と時間がかかるケースが少なくありません。

いったん、顧客育成の仕組みを構築してしまえば、定期的にメンテナンスするだけで済みますが、仕組みを構築するのに手間と時間がかかります。

 

Web集客の仕組みそのものは「【初心者】Web集客の仕組みを作る方法を5つの手順で解説【公開】」という記事でも解説しているとおり、5つの手順で作る事ができます。

 

とはいえ、初心者の方が仕組み作ろうとすると、「【初心者】Web集客の仕組み作りに必要な時間とは?【最低3ヶ月】」という記事でも解説しているとおり、最低でも3ヶ月はかかります。

担当者のスキルに依存する

Web集客を社内のスタッフに完全に任せてしまう場合、売上は担当者のスキルに依存します。

 

経営者自身にスキルがあり、社内のスタッフに経営者がレクチャーしている、という事であれば担当者が代わっても特に問題ありません。

しかし、もし、担当者に任せっきりにしているような場合、担当者が退職したら売上が減少する可能性がありますので、担当者のスキルに任せっきりにするのも問題です。

地域密着だと成果を出しにくい

地域密着型のビジネスの場合、Web集客による成果を出しにくいです。

例えば、地域密着型の店舗ビジネス等がこれに該当します。

Webで情報発信して、遠方の方に情報を届けても機会損失になります。

Web集客のメリットとデメリットの比較表

Web集客のメリットとデメリットを比較表にしてまとめると次のとおりです。

メリットデメリット
  • コストが低い
  • 多くの人にリーチできるため、商圏を拡大できる
  • コンテンツの価値を高める事により、資産として運用できる
  • 即時性があり、修正も簡単
  • 双方向性がある
  • ユーザーの属性や興味などのデータを取得できるためターゲットが絞れる
  • 参入障壁が低いので競合が多い
  • 検索経由で集客できようになるのに、専門知識と時間が必要
  • 顧客フォローに手間と時間がかかる
  • 担当者のスキルに依存する
  • 地域密着だと成果を出しにくい

 

Web集客の注意点は3つ

最後に、Web集客の注意点を3つ紹介します。

  • 流行に振り回されない
  • 短期的な視点で成果を期待しない
  • Web集客をWebマーケティング会社に丸投げしない

上記のとおりです。

流行に振り回されない

インターネットのツールには流行がありますので、流行に振り回されないよう注意しましょう。

例えば、「Facebookで集客できる!」と聞けばFacebookに飛びついてしまったり、「Twitter」や「Instagram」が良いと聞けば、飛びついてしまったりするのがよくあるケースです。

 

もちろん、嘘ではなく多少なりとも効果があるのでしょうが、こうしたものは全て流行り廃りのある手段でしかありません。

実際、こうした媒体を使わなくてもWebサイトやメルマガだけで見込み客を集め続け、売上を上げている企業はたくさんあります。

 

大切なことは、「どのような手法が有効なのか?」と考えるのではなく、「1つ1つの手段をどのように組み合わせて集客、販売促進プロセスとして確立させるのか?」という全体設計です。

インターネット上にある様々な媒体は、Web集客の手段の1つに過ぎないということ押さえておきましょう。

短期的な視点で成果を期待しない

短期的な視点で成果を期待しないよう注意しましょう。

Web集客は最初の仕組み作りに時間がかかりますが、仕組みがうまく回るようになれば、売上は確実に増加します。

とはいえ、仕組みを作ったからといって、すぐに成果を上げられるものではありません。

広告を出稿すればすぐに成果を得られるが、広告頼りになる危険性も

Web集客は広告を出稿すればすぐに成果を得ることができます。

Web広告(リスティング広告など)なら費用を払えばすぐに広告が出稿されますので、短期的に成果を上げる事ができます。

ただ、短期的な施策に頼ってしまうと、売上が広告に依存するビジネスモデルになってしまいます。

中長期的な目線での仕組み作りが重要

Web集客は、広告を出稿する事も必要な施策ですが、広告に依存しないよう、中長期的な視点に立った仕組み作りが重要です。

Web集客をWebマーケティング会社に丸投げしない

Web集客をWebマーケティング会社に丸投げするのはやめましょう。

Webマーケティング会社はWeb集客を専門にしているだけの事はあり、Web集客について詳しいと思いますが、あなたのビジネスに詳しい訳ではありません。

 

当然、あなたのビジネスのターゲット顧客層や、既存のお客様の事について詳しく知っている訳ではありません。

Webマーケティング会社と協力してWeb集客を実践していく、ということであればWebマーケティング会社に集客を手伝ってもらう事は良い事だと思いますが、Webマーケティング会社に集客を丸投げするのは止めた方が良いでしょう。

 

まとめ

以上、Web集客の基礎知識や目的、メリット・デメリット、注意点を徹底解説しました。

Web集客は覚えることが多く、やらなければならない事も多いため、最初のうちは情報収集と仕組み作りの同時並行で行う必要があり、かなりの労力を必要としますが、時間の経過とともに労力は少なくなります。

また、Web集客は長期的に取り組めば必ず成果が出るようになりますので、じっくりと腰を据えて取り組むようにしましょう。

 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました