【初心者】Web集客の仕組みを作る方法を5つの手順で解説【公開】

【初心者】Web集客の仕組みを作る方法を5つの手順で解説【公開】Web集客
  • Web集客の仕組み作りをしたいけど、どのような手順で進めればよいのか分からないよ。
  • 自分でWeb集客の仕組みを作りたいから詳しく教えて欲しいよ。

この記事では、こういった疑問にお答えします。

スポンサーリンク

Web集客の仕組みを作る手順5つ

Web集客の仕組みを作る方法を5つの手順で解説します。

  • 手順①:Webサイトを立ち上げる
  • 手順②:ランディングページを作る
  • 手順③:オファーコンテンツを作る
  • 手順④:ステップメールを作る
  • 手順⑤:メールマガジンを配信する

上記のとおりです。

手順①:Webサイトを立ち上げる

まずは集客の起点となるWebサイトを立ち上げます。

ちなみに、Webサイト立ち上げの選択肢は下記3つあります。

  • WordPressで自作する
  • Webツールで自作する
  • 制作業者に作ってもらう

 

基本的にどれを選んでも良いですが、制作業者に依頼すると時間と費用がかかるので、自作した方が費用も安く早くできます。

ちなみに、Webサイトを自作する方法を下記記事で解説していますので、是非どうぞ。

無料サービスでサイトを作るのは止めましょう

スタートの時点で極力コストをかけたくないからと言って、無料サービスを使ってサイトを作るのは止めましょう。

ここで数千円のわずかな費用をケチると、後々高い勉強代を払うことになります。

自作すれば大きな費用はかかりませんから、有料サービスを使って、独自ドメインでWebサイトを立ち上げましょう。

手順②:ランディングページを作る

Webサイトを立ち上げたら、ランディングページを作りましょう。

ランディングページの言葉の意味は「【Web集客】ランディングページ(LP)の基礎知識【初心者向け】」をどうぞ。

 

通常のWebページと違い、1ページだけのランディングページはユーザーを成約に導きやすいので、成約率が高くなる傾向があります。

ですので、下記のようなページはランディングページで作りましょう。

  • 商品やサービスの販売ページ
  • メルマガ登録を促すページ

ランディングページはツールで簡単に自作できます

ランディングページはWebサイト同様、ツールを使えば自作できます。

WordPressでサイトを立ち上げることができる方はランディングページが作れるテーマを使って作れば良いですし、WordPressが難しいという方はWebツールを使えばOKです。

 

両方選択できるよう、ランディングページが作れるWordPressテーマや、ランディングページが作れるWebツールを下記記事で紹介していますので、是非どうぞ。

 

また、「ランディングページの作り方を3つの手順で解説【初心者でも作れる】」という記事でランディングページの作り方を詳しく解説していますので、是非どうぞ。

ランディングページの文章が書けない場合

ランディングページという「箱」を作る自体はそこまで難しくありませんが、ランディングページを作るうえで最も重要かつ難しい部分があります。

それは、ランディングページに記載する文章、「セールスライティング」です。

 

ランディングページの成約率はライティングによって大きく左右しますので、セールスライティングを学ぶ必要があります。

ちなみに、「ランディングページの作り方が学べるおすすめな本5冊【作り方の手順も解説】」という記事でセールスライティングの書き方が学べる本を紹介していますので、是非どうぞ。

手順③:オファーコンテンツを作る

ランディングページを作成したら、オファーコンテンツを作成します。

オファーコンテンツとは、見込客の個人情報を取得することを目的に、無料or無料に近い価格でユーザーに提供する付加価値商品のことをいいます。

 

オファーコンテンツは以下の形式で用意します。

  • PDFファイル
  • 音声
  • 動画

コンテンツ内容はランディングページの内容に関連するテーマで作成するようにしましょう。

オファーコンテンツを用意する理由

オファーコンテンツを用意する理由は「メルマガ登録を増やす2つの方法」という記事でも解説しているとおり、登録率が上がるからです。

 

ユーザーにアクションを起こしてもらうには、動機づけが必要です。

ユーザーの興味・関心がありそうなオファーコンテンツを用意し、ユーザーに「コンテンツが欲しい」と思って貰えることで、ユーザーは個人情報(メールアドレス)を入力してくれるようになります。

メールアドレスを獲得できればいつでもアプローチできる

ユーザーのメールアドレスを獲得できれば、メールで商品やサービスのアプローチを何時でも行う事ができるようになります。

この手法は、①無料登録による見込み客の獲得、②販売による顧客化という2ステップの段階を踏むので、「2ステップマーケティング」と呼ばれています。

 

「2ステップマーケティング」の詳しい解説は「【初心者】ブログでWeb集客できない!【理由と集客のコツを解説】」をどうぞ。

手順④:ステップメールを作る

オファーコンテンツを作成したら、ステップメールを作成します。

ステップメールとは、登録した日(資料請求日、申込日、初回購入日等)を起点に、あらかじめ準備したシナリオメールをスケジュールに沿って配信するメールマーケティングの仕組みです。

出典:【基礎知識】ステップメールとは?メルマガとの違いや使い方を解説

ステップメールの内容は、オファーコンテンツの内容を補足するようなものを作りましょう。

 

ちなみに、ステップメールを配信できるメール配信サービスを下記記事で紹介していますので、是非どうぞ。

手順⑤:メールマガジンを配信する

ステップメールに登録してくれた読者にメールマガジンを配信しましょう。

メールマガジンの配信内容は

  • コラム(ブログ記事のコピペ含む)
  • キャンペーン情報、新商品・新サービスの告知
  • 商品の使い方・機能説明などアフターフォロー
  • 関連商品・サービスの紹介
  • アンケート結果

など、考えられる内容は様々です。

基本的に、見込み客が知りたい情報や、見込み客の役に立つ情報(売り込み含む)であれば何でもOKですので、まずは何回か配信してみましょう。

 

何回か配信しているうちに下記の差が分かるようになりますので、まずは配信してみましょう。

  • 読まれやすい記事 → 開封率・クリックが高い
  • 読まれない記事 → 開封率・クリック率が低い

 

Web集客の仕組みを作る時の注意点は2つ

なお、Web集客の仕組みを作る時の注意点は2つあります。

  • Web集客の仕組みを作るのに3ヶ月は必要
  • 仕組みを作るだけでは成果は得られない

上記のとおりです。

Web集客の仕組みを作るのに3ヶ月は必要

Web集客の仕組みを全て準備するのに、トータルで3ヶ月ぐらいの期間を見ておきましょう。

 

なぜ、準備に3ヶ月ぐらいかかるのか、「【初心者】Web集客の仕組み作りに必要な時間とは?【最低3ヶ月】」で詳しく解説していますので、参考にして下さい。

仕組みを作るだけでは成果は得られない

Web集客の仕組みを作ったからといって、成果を得られる訳ではありません。

理由は、見込み客を獲得しない限り、成果の上げようがないからです。

 

なお、見込み客を獲得する方法は、次のパートで解説します。

 

見込み客を獲得する方法は2つ

最後に、見込み客を獲得する方法を2つ紹介します。

  • 広告を出稿して見込み客を引き付ける
  • コンテンツSEOで見込み客を引き付ける

上記のとおりです。

広告を出稿して見込み客を引き付ける

Web広告を出稿すれば、見込み客をすぐに集めることができます。

Web広告ならキャッチコピー考えて、費用を払えばすぐに広告が表示されますので、あなたのビジネスに興味・関心のある層に対して、すぐにアプローチできます。

 

ちなみに、「Web集客の基礎を徹底解説【目的やメリット・デメリット、注意点】」という記事でWeb広告の種類をいくつか紹介していますので、興味のある方は是非どうぞ。

コンテンツSEOで見込み客を引き付ける

時間がかかる施策ではありますが、コンテンツSEOで見込み客の悩みや問題を解決するコンテンツを追加する事で、見込み客を引き付ける方法です。

  • メリット → 費用がかからない、継続的に見込み客を集められる
  • デメリット → コンテンツ作成に時間がかかる、上位表示されるのにSEOスキルが必要

 

成果を得られるまでに時間はかかりますが、上位表示を実現できれば継続的かつ長期的に見込み客を集める事ができるようになるというメリットもあります。

 

ちなみに、コンテンツSEOで見込み客を集める場合、大量のアクセスを集める必要はありません。

アクセス数は多いに越したことはありませんが、大量に集めなくてもWeb集客は可能です。詳しくは「Web集客は大量のアクセスを集めなくてもOK【理由も解説】」をどうぞ。

 

まとめ

以上、Web集客の仕組みを作る方法を5つの手順で解説しました。

Web集客の仕組み作りを難しく考える方がいますが、シンプルに5つの手順で作れますので、Web集客で成果を得るために着実に準備を進めましょう。

 

 

人気記事【無料あり】メール配信システムおすすめ比較7選【選び方・比較表】

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました