【初心者】Web集客の仕組みを作る手順を5ステップで解説

マーケティング
  • Web集客の仕組み作りをしたいけど、どのような手順で進めればよいのか分からないよ。
  • 自分でWeb集客の仕組みを作りたいから詳しく教えて欲しいよ。

この記事では、こういった疑問にお答えします。

スポンサーリンク

Web集客の仕組みを作る手順

Web集客の仕組みを作る手順は5ステップで作る事ができます。

  • 手順①:WordPressサイトを立ち上げる
  • 手順②:ランディングページを作る
  • 手順③:オファーコンテンツの作成
  • 手順④:ステップメールの作成
  • 手順⑤:メールマガジンの配信

上記のとおりです。上から順に解説していきます。

手順①:WordPressサイトを立ち上げる

まずは集客の起点となるWebサイトをWordPressで構築します。

独自ドメインを取得して、レンタルサーバーを契約しましょう。

 

独自ドメインの取得からWordPressをインストールする流れについては、「WordPressでアフィリエイトを始める手順を5ステップで解説【超初心者向け】」という記事を参考にして下さい。

サイトを作る時の注意点

スタートでコストをかけたくないからと言って、無料ブログや無料Webサイト作成サービス等を使うような事はやめましょう。

ここで数千円のわずかな費用をケチってしまうと、後々、高い勉強代を払うことになりますので、独自ドメインとレンタルサーバーを契約して、WordPressで構築しましょう。

WordPressでサイトを立ち上げたら記事を書きましょう

WordPressでサイトを構築したら記事を書きましょう。

記事を書かないと検索結果に表示されませんから、手を動かす事が重要です。

 

当面の目安としては、100記事を目安に記事を書くと良いです。

100記事必要な理由は「ブログのアクセスアップに必要な記事数は100本と言われる理由を解説」を参考にして下さい。

 

とはいえ、いきなり「100記事書きましょう」と言われても、げんなりすると思いますので、最初は10記事書く事を目標に記事を書くと良いです。

10記事書く時に意識するべき事を「ブログ初心者におすすめ!ブログの立ち上げで意識するべき3つのこと」という記事でまとめていますので、是非どうぞ。

手順②:ランディングページを作る

WordPressでサイトを構築したら、ランディングページで商品・サービスの案内ページを作成します。

 

ちなみに、ランディングページの詳しい解説は「Web集客に必須の「ランディングページ(LP)」とは?基礎知識や作り方を解説」をどうぞ。

ランディングページの作成もWordPressがおすすめ

ランディングページの作成は、WordPressで作成する事をおすすめします。

 

サイトのドメインでランディングページを作成することで、わずかではありますが、SEOの恩恵を受ける事ができるので、ランディングページもWordPressで作成しましょう。

ちなみに、以下の記事で紹介しているテーマを使えば、ランディングページを簡単に作る事ができます。

WordPressで作成するのが難しい場合

WordPressでランディングページを作るのがどうしても難しいという場合、無料ツールで代用してもOKです。

ちなみに、ランディングページを無料で作成できるWebツールを「【無料】ランディングページが作成できるWebツール8選【おしゃれ】」という記事で紹介していますので、是非どうぞ。

ランディングページの文章が書けない場合

ランディングページという「箱」を作る自体はそこまで難しくありませんが、ランディングページを作るうえで最も重要かつ難しい部分があります。

それは、ランディングページに記載する文章、「セールスライティング」です。

 

ランディングページの成約率はライティングによって大きく左右しますので、セールスライティングを学ぶ必要があります。

ちなみに、「ランディングページの作り方が学べるおすすめな本5冊【作り方の手順も解説】」という記事でセールスライティングの書き方が学べる本を紹介していますので、是非どうぞ。

手順③:オファーコンテンツの作成

ランディングページを作成したら、オファーコンテンツを作成します。

オファーコンテンツは以下の形式で用意します。

  • PDFファイル
  • 音声
  • 動画

コンテンツの内容はランディングページの内容に関連するテーマで作成するようにしましょう。

なぜ、オファーコンテンツを用意する必要があるのか

ユーザーにオファーコンテンツをプレゼントするためです。

オファーコンテンツをプレゼントする代わりに、ユーザーに個人情報(メールアドレス)を登録してもらいます。

ユーザーのメールアドレスを獲得することができれば、メールで商品やサービスのアプローチを何時でも行う事ができるようになります。

この手法は、①無料登録による見込み客の獲得、②販売による顧客化という2ステップの段階を踏むので、「2ステップマーケティング」と呼ばれています。

 

「2ステップマーケティング」の詳しい解説は「ブログ集客ができない理由【集客できるようになるための改善方法】」をどうぞ。

手順④:ステップメールの作成

オファーコンテンツを作成したら、ステップメールを作成します。

ステップメールの内容は、オファーコンテンツの内容を補足するようなものを書きます。

 

ちなみに、ステップメールを配信できるメール配信サービスを以下の記事で紹介していますので、参考にして下さい。

手順⑤:メールマガジンの配信

ステップメールに登録してくれた読者にメールマガジンを配信します。

日々のブログ記事執筆が大変なのに、メールマガジンを書くのはキツイと思うかもしれませんが、大丈夫です。

ブログの記事をそのままメールで配信しても全く問題ありません。

もし、ブログ記事をそのままメール配信する場合、記事のURLも貼っておいてあげると親切だと思います。

メールよりもサイトの方が読みやすいという方もいますので、両方で読めるようにしておきましょう。

【補足】Web集客の仕組みを作るのに3ヶ月は必要

Web集客の仕組みを作るステップを解説しましたが、全てを準備するのにトータルで3ヶ月ぐらいの期間を見ておきましょう。

 

なぜ、準備に3ヶ月ぐらいかかるのか、「【初心者】Web集客の仕組み作りにどれぐらい時間がいる?【3ヶ月必要】」で詳しく解説していますので、参考にして下さい。

 

【悲報】Web集客の仕組みを作っただけでは成果は得られない

Web集客の仕組みを作ったからといって、成果を得られる訳ではありません。

見込み客に見つけて貰えない限り、成果の上げようがないからです。

では、どうやって見込み客に見つけて貰えば良いのか。

方法は2つあります。

  • 広告を出稿して見込み客を引き付ける
  • コンテンツSEOで見込み客を引き付ける

上記のとおりです。

広告を出稿して見込み客を引き付ける

Web広告を出稿すれば、見込み客をすぐに集めることができます。

Web広告ならキャッチコピー考えて、費用を払えばすぐに広告が表示されますので、あなたのビジネスに興味・関心のある層に対して、すぐにアプローチする事ができます。

 

ちなみに、「Web集客の施策は無料と有料の2種類!それぞれの手法と特徴を解説」という記事でWeb広告の種類をいくつか紹介していますので、興味のある方は是非どうぞ。

コンテンツSEOで見込み客を引き付ける

時間がかかる施策ではありますが、コンテンツSEOで見込み客の悩みや問題を解決するコンテンツを追加する事で、見込み客を引き付ける方法です。

  • メリット → 費用がかからない、継続的に見込み客を集められる
  • デメリット → コンテンツ作成に時間がかかる、上位表示されるのにSEOスキルが必要

成果を得られるまでに時間はかかりますが、上位表示を実現できれば継続的かつ長期的に見込み客を集める事ができるようになるというメリットもあります。

 

ちなみに、コンテンツSEOで見込み客を集める場合、大量のアクセスを集める必要はありません。

アクセス数は多いに越したことはありませんが、大量に集めなくてもWeb集客は可能です。

詳しくは「Web集客は大量のアクセスを集めなくてもOK【理由も解説】」をどうぞ。

 

まとめ

以上、Web集客の仕組みを作る手順を5ステップで解説しました。

Web集客の仕組み作りを難しく考える方がいますが、シンプルに5ステップで作ることができますので、Web集客で成果を得るために着実に準備をすすめるようにしましょう。

 

 

人気記事Web集客におすすめなメール配信システム4選【ニーズ別に紹介】

人気記事【無料あり】メールマーケティングにおすすめなツール3選【販売を自動化】

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました