デジタルコンテンツをダウンロード販売可能なツール5選【無料あり】

マーケティング
  • デジタルコンテンツを販売しようと考えているけど、コンテンツの販売から決済までできるツールは何があるかな?
  • 売れるかどうか分からないから、なるべくなら月額費用のかからないツールを教えてもらえると助かるよ。

この記事では、こういった疑問にお答えします。

スポンサーリンク

デジタルコンテンツのダウンロード販売可能ツール5選

デジタルコンテンツのダウンロード販売が可能なツールを5つ紹介します。

  • BASE(ベイス)
  • infotop(インフォトップ)
  • Note(ノート)
  • WordPress+WooCommerce(ウーコマース)
  • teachable(ティーチャブル)

上記のとおりです。

BASE(ベイス)

「BASE(ベイス)」は、BASE株式会社がサービス提供するネットショップ作成サービスです。

「BASE(ベイス)」の公式サイトはこちら

基本的にネットショップを開設するサービスなので、形ある商品を販売している事業者が殆どですが、デジタルコンテンツの販売も可能です。

 

ちなみに、以下の記事でBASEでデジタルコンテンツを販売する方法を詳しく解説していますので、興味のある方は是非どうぞ。

BASE(ベイス)の特徴

  • 初期費用:ゼロ
  • 販売手数料:決済手数料3.6%+40円のほか、サービス利用料3%がチャージされます。
  • 売上入金日:申請から10営業日(土日祝日を除く):早期振込サービスを利用すると1~2営業日以内に振り込まれます。

 

ちなみに、以下の記事でBASEを紹介していますので、興味のある方は是非どうぞ。

ネットショップを簡単開設!おすすめのショッピングカート5選
自社サイトにショッピングカートが付いているけど、今のシステムは使い難いから他のシステムに変更したいよ 操作が難しいとスタッフに憶えて貰うのが大変だから、簡単に使えるシステムを使いたいよ。 決済サービスと連動しているショッピングカートのおす

 

「BASE(ベイス)」の公式サイトはこちら

infotop(インフォトップ)

「infotop(インフォトップ)」は、株式会社ファーストペンギンがサービス提供する老舗ASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)です。

「infotop(インフォトップ)」の公式サイトはこちら

 

販売者として登録する事で、デジタルコンテンツを販売する事ができます。

コンテンツを販売する際は審査が必要

infotopでデジタルコンテンツを販売する際は以下4つの審査が必要になります。

  • 販売者の審査(主に所在地確認)
  • 商品(商品の内容)
  • 商品ページ(誇大表示の有無)
  • 特定商取引法の表記

4つの審査にパスすると、商品を販売する事ができるようになります。

infotop(インフォトップ)の特徴

  • 初期費用:ゼロ
  • 販売手数料:クレジットカード決済の場合、1決済につき販売額の8.38%+トランザクション手数料96円(別途消費税)
  • 売上入金日:末締めの翌々5日
ちなみに、この記事を書いている筆者は「独立して、ウェブだけで集客するために取り組んだ8つのこと」でも解説しているとおり、2009年から現在まで、infotopでデジタルコンテンツを販売しています。

note(ノート)

「note(ノート)」は、株式会社ピースオブケイクがサービス提供する、クリエイターとユーザーをつなぐWebサービスです。

「note(ノート)」の公式サイトはこちら

 

クリエイターは文章、写真、イラスト、音楽、映像などの作品(ノート)を無料公開したり、販売したりすることができます。

コンテンツを手軽に販売する事ができるという事もあり、クリエイターとユーザーの両方が多いため、集客力のあるプラットフォームです。

ただ、販売手数料が実質的に14.5%かかるのが難点です(集客力がある分、致し方ないところはあると思いますが…)。

note(ノート)の特徴

  • 初期費用:ゼロ
  • 販売手数料:クレジットカード決済5%、携帯キャリア決済15%(売上から決済手数料を引いた額の10%はプラットフォーム利用料がチャージされます)
  • 売上入金日:末締めの翌月末払い

WordPress+WooCommerce(ウーコマース)

「WooCommerce(ウーコマース)」は、WordPressにショッピングカートを実装できるプラグインなので、既存のWordPressサイトに決済機能を実装したい方はおすすめです。

「WooCommerce(ウーコマース)」の公式サイトはこちら

 

WooCommerceはオープンソースなので、プラグインの利用料は一切かかりません。

拡張性が高いプラグインなので、単純なオンラインショップはもちろん、会員サイト、予約販売サイト、マーケットプレイス等々、様々なショップを構築できます。

WooCommerce(ウーコマース)の特徴

  • 初期費用:決済システムに準ずる
  • 販売手数料:決済システムに準ずる(PayPalを使った場合、3.6%+40円)
  • 売上入金日:決済システムに準ずる

Thinkific(シンキフィック)

「Thinkific(シンキフィック)」はデジタルコンテンツ販売はもちろん、オンラインスクールを運営する事ができる非常に高機能なツールです。

「Thinkific(シンキフィック)」の公式サイトはこちら

 

定期購入(月額課金)やアップセル機能、アフィリエイト機能、API連携など、集客から販売・決済までコンテンツ販売やオンラインスクール運営に必要な機能の殆どを網羅しています。

海外製のツールではありますが、30以上の言語に対応しており、日本語も一応対応しています(翻訳が微妙ですが…)。

API連携で販売を自動化できますので、MailChimpBenchmark Emailをお使いの方におすすめです。

Thinkific(シンキフィック)の特徴

  • 初期費用:ゼロ(スタータープランなら無料で使えます)
  • 販売手数料:決済システムに準ずる(StripeまたはPayPal)
  • 売上入金日:決済システムに準ずる(StripeまたはPayPal)

 

まとめ

以上、デジタルコンテンツをダウンロード販売可能なツールを5つ紹介しました。

おわり。

 

 

人気記事Web集客におすすめなメール配信システム4選【ニーズ別に紹介】

人気記事【無料あり】メールマーケティングにおすすめなツール3選【販売を自動化】

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました