【2021】Amazonタイムセール祭りでお得に買い物する方法

メルマガを独自ドメインで配信すべき理由【迷惑メール判定回避】

メルマガ
  • フリーメールでメルマガを配信しようと思っているけど、独自ドメインの方が良いのかな?
  • フリーメールをメインに使ってるし、お問い合わせ先もフリーメールでやり取りしてるから、統一した方が便利で楽なんだけど…。
  • 独自ドメインで配信すべき具体的な理由を知りたい。

この記事では、こういった疑問にお答えします。

 

本記事の内容

  • メルマガを独自ドメインで配信すべき理由2つ
  • 独自ドメインでメルマガ配信する手順3つ
  • メルマガを独自ドメインで配信する時のよくある疑問

 

なお、本記事の筆者はメルマガ運営歴が12年以上あり、メルマガとブログ収益で生計を立てております。

 

こういった経験を元に、この記事では、メルマガを独自ドメインで配信すべき理由や、独自ドメインを設定する時の注意点を解説します。

スポンサーリンク

メルマガを独自ドメインで配信すべき理由2つ

メルマガを独自ドメインで配信すべき理由は下記のとおり2つあります。

  • フリーメールはなりすましによる迷惑メール判定を受けやすい
  • 独自ドメインは送信ドメイン認証でなりすまし判定を回避できる

上記のとおりです。

フリーメールはなりすましによる迷惑メール判定を受けやすい

送信者アドレスをフリーメールに設定してメルマガ配信すると、「なりすまし」による迷惑メール判定を受けやすくなります

 

なりすましとは、メールの送信元アドレスの情報を偽ることをいいます。

詳しくは、エンタープライズITさんの「送信ドメイン認証(SPF / DKIM / DMARC)の仕組みと、なりすましメール対策への活用法を徹底解説」というページを参考にして下さい。

送信先がフリーメールだと高確率で迷惑メールボックス直行

特に、送信先(読者さん)が下記フリーメールの場合。

  • Gmail:@gmail.com
  • Yahoo!メール:@yahoo.co.jp
  • Outlook.comメール(旧msnメール):@hotmail.co.jp、@outlook.jp、@live.jpなど
  • iCloudメール:@icloud.com

強力なスパムフィルタでなりすまし判定を受けてしまい、迷惑メールボックスへ直行です。

送信先がプロバイダーのアドレスで、メールツールがパソコンにインストールするタイプであれば、そのまま届くこともあります。

 

メルマガ読者さんの多くはフリーメールで登録します。

そして、フリーアメールの殆どは強力なスパムフィルタを実装してますので、メールボックスに届く前に迷惑メールボックスに直行となります。

 

防ぐ術はありませんので、フリーメールでの配信は避けるべきです。

独自ドメインは送信ドメイン認証でなりすまし判定を回避できる

独自ドメインの場合、「送信ドメイン認証」の設定ができますので、なりすましによる判定を回避できます。

 

送信ドメイン認証とは、メールを受信するサーバーに「なりすましメールではない」ということを伝える仕組みです。

 

独自ドメインでメルマガ配信する手順3つ

独自ドメインでメルマガ配信する手順を解説します。手順は下記3つです。

  • 手順①:独自ドメインを取得する
  • 手順②:送信ドメイン認証が設定できる配信システムを選ぶ
  • 手順③:送信ドメイン認証を行う

上記のとおりです。

手順①:独自ドメインを取得する

まずは独自ドメインを取得しましょう。

Webサイトやブログを独自ドメインで運用している方は、新規取得の必要性はありません。

 

独自ドメインの取得方法や基礎知識を解説【自分だけのサイトを作ろう】」という記事でも解説しているとおり、独自ドメインは早い者勝ちです。

取得予定のドメイン名が決まっているのであれば、すぐに取得しておきましょう。

 

一応、ドメインを取得できるサービスを3つ紹介しておきます。

どこで取得してもOKですが、時期によって初年度1円で取得できたりしますので、是非比較してみて下さい。

手順②:送信ドメイン認証が設定できる配信システムを選ぶ

独自ドメインを取得したら、送信ドメイン認証ができるメール配信システムを選びましょう。

とはいえ、殆どのメール配信システムは送信ドメイン認証に対応してますので、これからメルマガを始める方は、無料から使えて、ステップメールが配信できる配信システムを使えばOKです。

 

ちなみに、無料プランがあるメルマガ配信システムのおすすめは下記3つです。

  • Benchmark Email:月間250通まで無料(海外ツールですが、日本語化されてます)
  • MailChimp:2,000アドレスまで無料(海外ツールなので全て英語)
  • める配くん:120アドレスまで無料(国産ツール)

 

他にも、「【無料あり】メール配信システムおすすめ比較7選【選び方・比較表】」という記事でおすすめなメール配信システムを紹介していますので、興味がある方は是非どうぞ。

筆者はMailChimpBenchmark Emailの有料プランを使ってます。

手順③:送信ドメイン認証を行う

独自ドメインを取得して、メール配信システムの利用申込みを行ったら、送信ドメイン認証を行います。

 

具体的な設定方法は、利用するメール配信システムによって異なりますので、サービス事業者のQ&Aで設定方法を確認しておきましょう。

 

ちなみに、筆者が使ってるMailChimpBenchmark Emailであれば、下記記事で設定方法を解説していますので、是非参考にして下さい。

 

メルマガを独自ドメインで配信する時のよくある疑問2つ

最後に、メルマガを独自ドメインで配信する時の良くある疑問を2つ紹介します。

  • 送信ドメイン認証を設定すれば迷惑メール判定を受けなくなるの?
  • 送信ドメイン認証はどのメール配信システムでも設定できるの?

上記のとおりです。

送信ドメイン認証を設定すれば迷惑メール判定を受けなくなるの?

確実に迷惑メール判定を回避できる訳ではありませんが、すくなくとも、なりすまし判定は回避できます。

 

迷惑メール判定は「なりすまし」の他に、下記要因も関係するため、送信ドメインを設定しても迷惑メール判定を受けることがあります。

  • 配信サーバー自体が汚れている
  • メルマガ本文に禁止ワードを使っている(儲かる、稼げるなどの言葉や、アダルト系のワードなど)
  • フリーの短縮URLを使用している

送信ドメイン認証はどのメール配信システムでも設定できるの?

メール配信システムの多くは送信ドメイン認証に対応しています。

 

ただし、配信システムによって下記違いがありますので、利用申込みをする際に、自分で設定するのか、オプションで設定代行はあるのかなど、料金システムを確認しておきましょう。

  • 自分で設定:自分で設定すればタダ
  • 設定代行サービス:自分で設定できない方はオプション料金で設定
  • 自分では設定できず、運営会社が設定を行う:設定料金が必要

 

まとめ

以上、メルマガ配信はフリーメールではなく、独自ドメインで配信すべき理由を解説しました。

おわり。

 

 

人気記事【無料あり】メール配信システムおすすめ比較7選【選び方・比較表】

【MailChimp】迷惑メール判定を回避する送信ドメイン認証(DKIM)の設定方法
MailChimp(メールチンプ)のアカウントを作成し、独自ドメインでメールマガジンを配信しようと準備している方向け。 MailChimpはアカウントを作成するとすぐに利用できますが、メール配信する前に、必ず設定して頂きたいことが一つ...
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました