FC2ブログからWordPressへ移行する方法【手順や注意点を解説】

FC2ブログからWordPressへ移行する方法【手順や注意点を解説】WordPress

FC2ブログからWordPressに移行する方法をお探しの方向け。

 

FC2ブログには記事データをエクスポートする機能がありますので、WordPressに側でデータをインポートする事で、FC2ブログからWordPressに記事データを移行する事ができます。

この記事では、FC2ブログからWordPressに移行する方法を解説します。

スポンサーリンク

FC2ブログからWordPressに移行する全手順【概要】

FC2ブログからWordPressに移行する全手順の概要は次のとおりです。

  1. FC2ブログから記事データをエクスポート
  2. WordPressにインポートする前に記事の行間を修正する
  3. インポートツールのインストール
  4. インポートツールのカスタマイズ
  5. 記事データをWordPressへインポート
  6. インポート時に挿入されるタグを削除する
  7. 記事内容を一括で置換できるプラグイン「Search Regex」のインストール
  8. 記事内容を「Search Regex」で置換える
  9. FC2ブログから画像データをエクスポート
  10. 画像データをWordPressにアップロードする
  11. 記事内の画像リンクを修正

上記のとおりです。

 

工数がかなり多いため、本記事では記事データの移行と画像データの移行と2つのパートに分けて解説します。

  • 記事データを移行する手順
  • 画像データを移行する手順

 

FC2ブログからWordPressに記事データを移行する手順

最初に、FC2ブログからWordPressに記事データを移行する手順を解説します。

  • 手順①:FC2ブログから記事データをエクスポート
  • 手順②:WordPressにインポートする前に記事の行間を修正する
  • 手順③:インポートツールのインストール
  • 手順④:インポートツールのカスタマイズ
  • 手順⑤:記事データをWordPressへインポート
  • 手順⑥:インポート時に挿入されるタグを削除する
  • 手順⑦:記事内容を一括で置換できるプラグイン「Search Regex」のインストール
  • 手順⑧:記事内容を「Search Regex」で置換える

上記のとおりです。

手順①:FC2ブログから記事データをエクスポート

FC2ブログの管理画面に移動し、「ツール」から「データバックアップ」を選択します。

https://admin.blog.fc2.com/control.php

データバックアップの画面が表示されますので、「全ての記事」の項目のダウンロードをクリックします。

デスクトップ等に記事データを保存したら、記事データのエクスポートは完了です。

手順②:Wordpressにインポートする前に記事の行間を修正する

FC2ブログから記事データをエクスポートしたら、データをWordPressにインポートするのですが、インポートする前にWordPress側で設定する必要があります。

エクスポートしたデータをそのままWordPressにインポートすると、改行が1つなくなってしまい、行間が詰まってしまいます。

インポート前に<br><br>と改行していた文章が、<br>が一つ消えてしまう為、文章が詰まってしまうのです。

この現象を修正するために、WordPressのインポートプラグインをカスタマイズします。

手順③:インポートツールのインストール

まずはインポート用プラグインをインストールします。

ダッシュボード>ツール>インポート を選択します。

インポート設定画面の「Movable Type と TypePad」にある「今すぐインストール」をクリックします。

インストールすると、「インポーターを実行」と表示されますが、まだ実行しないで下さい。

手順④:インポートツールのカスタマイズ

以下の場所にあるファイルをカスタマイズします。

wp-content>plugins>movabletype-importer というフォルダ内に、「movabletype-importer.php」という名称のファイルがあります。

このファイルを以下のようにカスタマイズしていきます。

455~456行目に、以下のように記述されているコードを、

下図のように変更して下さい。

元々記述されているコードの前に「/(スラッシュ)」を2つ挿入してコメントアウト(無効化)し、上記のコードを下に貼り付けて下さい。

ファイルを変更したら上書き保存して、サーバーへアップロードして下さい。

以上でインポートツールのカスタマイズは完了です。

手順⑤:記事データをWordPressへインポート

カスタマイズが終了したら、FC2ブログの記事データをWordPressにインポートします。

ダッシュボード>ツール>インポート を選択します。

インポート画面が表示されますので、「インポーターの実行」をクリックします。

①ファイルを選択をクリックし、FC2ブログからエクスポートしたデータを選択し、②「ファイルをアップロードしてインポート」をクリックします。

投稿者名変更の設定画面が表示されますので、①「admin(メインユーザー名)」を選択し、②「実行」ボタンをクリックします。

これでFC2ブログの記事データをWordPressに移行する事ができました。

投稿一覧画面から、FC2ブログの記事データが反映されているか確認しましょう。

手順⑥:インポート時に挿入されるタグを削除する

記事をインポートすると、全ての記事の文末に下図のようなタグが挿入されてしまいます。

全ての記事の文末に挿入されてしまうので、プラグインを使って一括で削除しましょう。

手順⑦:記事内容を一括で置換できるプラグイン「Search Regex」のインストール

「Search Regex」というプラグインを使うと、一括で記事内容を置換できますので、記事数が多い方は「Search Regex」を使います。

ダッシュボード>プラグイン>新規追加 を選択します。

プラグイン検索窓に「Search Regex」と入力するとプラグインが表示されますので、「今すぐインストール」をクリックします。

インストール終了後「有効化」をクリックして、プラグインを有効化します。

手順⑧:記事内容を「Search Regex」で置換える

ダッシュボード>ツール>Search Regex を選択します。

「Search Regex」の設定画面が表示されますので、以下のように設定します。

  1. Serch pattern:「|<br>\n<!--more-->\n<br>|」と入力
  2. Regex:チェックを入れて下さい
  3. Replace & Save:実行ボタンをクリックします。

以上で全ての記事から余計なタグを削除する事ができます。

 

FC2ブログからWordPressに画像データを移行する手順

記事データをWordPressにインポートしたら、FC2ブログからWordPressに画像データを移行します。

画像データを移行する手順は次のとおりです。

  • 手順①:FC2ブログから画像データをエクスポート
  • 手順②:画像データをWordPressにアップロード
  • 手順③:記事内の画像リンクを修正

上記のとおりです。

手順①:FC2ブログから画像データをエクスポート

先程記事データをエクスポートした画面の下部に「ファイルバックアップ」という項目があり、その中に「画像ファイル」というメニューがありますので、「リストを開く」をクリックして下さい。

解説で使用している画面は画像が16件しか無いので、上記のような表示になっていますが、100件以上あると、「ページ1、ページ2…」というように、100件づつ表示されますので、画像ファイルのページを全て保存して下さい。

リストを開くと、画像ファイルが一覧で表示されます(1ページ100枚が上限)。

画像ファイルをまとめて保存するために、ブラウザ上で画像に被らないよう、「右クリック」して「名前を付けてページを保存」をクリックします。

保存形式の選択画面が表示されますので、一番下の「ファイルの種類」を「ウェブページ、完全」を選択して保存します。

すると、以下のように画像データがパソコン上に保存されます。

この時、「sh_help_icon.gif」というデータが保存されてしまいますが、必要ないので削除しておいて下さい。

以上で画像ファイルの保存作業は完了です。

画像が100枚以上ある方は、この作業をページ分繰り返して下さい。

手順②:画像データをWordPressにアップロード

保存した画像データをWordPrssのサーバーにアップロードします。

ダッシュボード>メディア を選択します。

FC2から保存した画像データをWordPressにアップロードします。

フォルダからドラッグするだけで簡単にアップロードできます。

画像データをWordPressにアップロードできました。

以上で画像データの移行は完了です。

手順③:記事内の画像リンクを修正

画像をWordPressにアップロードしたら、記事内の画像リンクを修正します。

記事をインポートすると、画像込みで記事が表示されますが、この画像はFC2ブログのサーバーからデータを読み込んで記事内に表示されているに過ぎません。
そのため、記事内の画像リンクを修正しないと、FC2ブログのアカウントを削除した時に画像が表示されなくなります。

WordPressをインストールしているサーバーから画像を読み込むために、画像リンクを修正する必要があるのです。

インポートした記事を開き、「ビジュアルエディタ」から「テキスト」で表示に変更すると、画像のリンクを確認できます。

blog-imgs-●●.fc2.com/▲/▲/▲/FC2ブログのID/

FC2ブログの画像URLは固定ではありません。画像データが多いと、「●●」の部分が複数存在している事があります。

▲の部分、及びブログIDはアカウントで固定されています。

したがって、画像データが多い方はSearch Regexを使って「/▲/▲/▲/FC2ブログのID/」というように検索をかけ、●●の部分が異なるURLが存在していないか確認が必要です。

上記のURLを「Search Regex」を使い、WordPressサイトにアップロードした画像のURLに変更します。

ツール>Search Regex を選択し、以下のように画像のURLを変更します。

各項目の詳細は次のとおりです。

  • ①Search pattern:画像のURLを入力します「blog-imgs-●●.fc2.com/▲/▲/▲/FC2ブログのID/」
  • ②Replace pattern:WordPressサイトのURLパスを入力します「ドメイン名/wp-content/uploads/2018/12/」
  • ③Replace& Save:URLを入力したらクリックします。
WordPressサイトのURLパスの最後に、年月の表示がありますが、作業時の日時に合わせて変更が必要となります(2019年1月に作業した場合、「/2019/01/」となります)。

画像リンクがキチンと修正されているか、記事を確認してみましょう。

先程、画像URLを確認した記事を開いてみます。

以下のように画像URLが変更された事が確認できます。

  • 旧画像URL → blog-imgs-124.fc2.com/t/a/k/FC2ブログのID/
  • 変更後画像URL → /wp-content/uploads/2018/12/

以上で画像データの移行作業は完了です。

 

FC2ブログからWordPressに移行後に修正が必要な箇所は2つ

記事データと画像データの移行は完了しましたが、必要に応じて次の2つの項目を修正するようにしましょう。

  • 投稿のパーマリンク修正
  • カテゴリ・タグのスラッグの修正(スラッグとはURLの事をいいます)

修正せずにそのままにすると、カテゴリ・タグのスラッグが日本語表記になってしまい、不具合を起こす可能性が高くなります。

 

また、日本語表記はSNSでシェアされ難いので、必ず英語表記(半角英字)に修正するようにしましょう。

詳しくは「【SEO】URLは日本語表記と英語表記(半角英字)どちらがSEOで有利?」をどうぞ。

 

全て修正したら、FC2ブログから移行先となるWordPressサイトにリダイレクトさせて、移行作業は完了です。

 

まとめ

以上、FC2ブログからWordPressサイトへの移行する方法を解説しました。

インポートツールのカスタマイズが若干難しいと感じるかもしれませんが、解説どおりに進めれば移行できますので、FC2ブログからWordPressの移行を検討されている方は是非参考にして下さい。

 

 

人気記事【無料あり】オンラインプログラミングスクールおすすめ3選【通学不要】

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました