ブログで集客できない?【顧客視点で記事を書くだけで8割は解決】

ブログ集客
  • ブログで集客するために頻繁に記事を投稿しているけど、全然集客できないよ。
  • ブログ経由で仕事を受注したなんて書き込みをよく見るけど、ブログで集客できるなんて本当なのかな?

この記事では、こういった疑問にお答えします。

スポンサーリンク

顧客視点で記事を書けばブログで集客できると断言します

ブログ集客に取り組んでいる方から、「記事を沢山書いているのに全然集客できない」、「半年ぐらいブログの記事を書いているのに全く反応が無い」等といったお話を聞く事がありますが、ブログで集客できると断言します。

記事を書いているという事は、少なくともブログ集客で最も難しい「継続して記事を書く」という事がクリアできていると思いますので、後はどんな記事を書いているか?という部分がポイントとなります。

自分視点で記事を書いていたら永遠に集客できない

ブログで集客できないという方のブログを見ると、以下のように「自分視点」の記事を書いているケースが殆どです。

  • 趣味や世間話などの日記のような記事
  • 商品やサービスの紹介
  • イベントの告知
  • セミナーや勉強会に参加した時の感想
  • そもそも検索キーワードを意識していない

このよう自分視点の記事はユーザーが知りたい情報ではなく、思いついたことや書きたいことを書いているだけに過ぎません。

ブログで集客するには自分視点ではなく、「顧客視点」で記事を書かない限り、ブログで集客する事はできません。

集客するために顧客視点で記事を書きましょう

自分視点の記事をいくら書いてもターゲットには響きません。

ブログで集客するためにはターゲットに響くよう、顧客視点で記事を書く必要があります。

顧客視点で記事を書くというのは、ターゲットが知りたい事や悩み・問題など、ターゲットの欲しい情報を提供することが、顧客視点で記事を書くという事になります。

 

ターゲットの欲しい情報を調べる方法は4つ

ターゲットの欲しい情報が分かっている方は、思いつくままどんどん記事を書いた方が良いですが、ターゲットの欲しい情報が分からない方は調べてから記事を書くようにしましょう。

ターゲットの欲しい情報を調べる方法は4つあります。

  • 既存のお客様に直接聞く
  • ターゲットに似たような人に聞いてみる
  • ネットで調べる
  • 悩み相談サイトをリサーチする

上記のとおりです。

この記事を書いている筆者も実践してます。

既存のお客様に直接聞く

一番手っ取り早く確実な方法は、既存のお客様に直接聞く事です。

  • どのような悩み・課題を抱えているのか
  • どのような事を知りたがってるのか

など、既存のお客様に直接聞いてみましょう。

具体的には、お客様から「検索で上位表示される記事の書き方のコツを知りたい」という話を聞いたら、その記事を書くというイメージです。

同じような事で悩んでいる人は沢山いますので、同じ悩みを抱えている方にアプローチする事ができます。

ターゲットに似たような人に聞いてみる

知人にターゲットと似たような方がいたら、悩みや課題を聞き出して記事ネタにすることで、ターゲットに響く記事が書けるよういなります。

ちなみに筆者の場合、知人の他に、パートナーの知り合いでターゲットに似たような人がいないか、パートナーにそれとなく聞き出したりして、記事ネタの参考にする事もあります。

ネットで調べる(検索・Twitterなど)

ターゲットを想定してGoogle検索やTwitterなどで調べます。

Google検索で調べる場合、以下のようなキーワードで調べてみます。

  • 経営者 悩み
  • 独立起業 悩み
  • 40代 男性 悩み

ターゲットと、「悩み」などの関連キーワードで検索してみて、検索結果に表示された上位5番目ぐらいの記事を参考に、ターゲットの悩みや求めている情報を参考にするという方法があります。

悩み相談サイトをリサーチする

「Yahoo!知恵袋」や「教えて!goo」などの悩み相談サイトでターゲットの悩みや知りたい事をリサーチします。

【ブログ初心者】記事ネタが出てこない!サジェストキーワードを網羅してネタを見つける方法」という記事でも解説しているとおり、悩み相談サイトの質問は検索ユーザーのニーズ、つまりターゲットの悩みや知りたい事そのものです。

悩み相談サイトはあまり当てにならない回答があったりしますので、キチンとした記事を書くと、その質問を見てるユーザーが検索経由で訪問してくる可能性が増えます。

 

顧客視点で記事を書きながら販売体裁を整えましょう

顧客視点で記事を書くと、あなたに興味を持ったユーザーが商品やサービスの販売ページを確認してくれるようになります。

この時、商品やサービスのページが無かったり、あっても情報が少なかったりすると「ブログでノウハウを提供しているだけ」と思われてしまう可能性があります。

機会損失にならないよう、自分の商品やサービスを販売できるよう、しっかり体裁を整えておくようにましょう。

商品・サービスの価格表を作っておく

最低限、扱っている商品・サービスの価格表は作っておきましょう。

筆者の場合、教材販売や資金繰りに関するコンサルが商品なのですが、概算の料金などを掲載しています。

料金を掲載しておかないとお問い合わせでのやり取りが発生して効率が悪いので、価格表は作っておいた方が良いです。

販売する体裁を整えたらひたすら継続

自分の商品やサービスを販売する体制を整えたら、後はひたすら継続して記事を書くだけです。

自分視点ではなく、顧客視点の記事をひたすら書き続けるようにしましょう。

 

まとめ

以上、ブログを書いているけど集客できないという方向けに、顧客視点で記事を書けば8割は解決できるという事を解説しました。

自分視点で記事を書いてるうちは、ブログで集客することはできません。

ターゲットが知りたい事や悩み・問題など、顧客視点で記事を書くようにしましょう。

 

 

人気記事【Twitter】効率的にフォロワーを増やすアカウント運用ツール「SocialDog」

人気記事Web集客におすすめなメール配信システム4選【ニーズ別に紹介】

人気記事【無料あり】メールマーケティングにおすすめなツール3選【販売を自動化】

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました