【初心者】WordPressでランディングページを作る方法

Web集客
  • WordPressでランディングページを作りたいけど、どうやって作れば良いのかな?
  • 具体的な手順や、注意点を詳しく知りたいよ。

この記事では、こういった疑問にお答えします。

 

本記事の内容

  • WordPressでランディングページを作る流れ【全体像】
  • WordPressでランディングページを作る手順
  • ランディングページを作る時の注意点は2つ

 

なお、この記事を書いている筆者は、WordPress歴は8年以上あり、この8年の間に、様々なランディングページを自作してきました。

WordPressで作ったランディングページは覚えているだけでも20~30以上あり、セールスレターや、スクイーズページ(メルマガ登録ページ)、セミナー告知など、様々なページを作りました。

 

こういった経験と実績を基に、この記事では、WordPressでランディングページを作る方法を解説します

スポンサーリンク

WordPressでランディングページを作る流れ【全体像】

最初に、WordPressでランディングページを作る流れの全体像を解説します。

  • 手順①:ランディングページの構成を考える
  • 手順②:WordPressをインストールする
  • 手順③:ランディングページが作れるテーマをインストールする
  • 手順④:固定ページでランディングページを作る
  • 手順⑤:フォームを設置する
  • 手順⑥:表示確認を行う

上記のとおりで、全体的な手順は6つです。

 

なお、上記の手順で最も難しく、時間がかかる作業はランディング構成を考えることです。

構成ができれば、WordPressでランディングページを作る作業自体は簡単ですので、1日〜2日あれば公開できるレベルまで仕上げられると思います。

WordPressでランディングページ作る時の予算

WordPressでランディングページを作る時の予算は概ね次のとおりです。

  • サーバー利用料 → 月額1000円ぐらい(既存のサーバースペースを使うなら0円)
  • ドメイン取得費 → すでに運用しているサイトのディレクトリやサブドメインを使う場合0円
  • テーマ → 8,000円〜(ランディングページが作れる有料テーマの購入費用)
  • デザインツール → 無料ツールで作るなら0円(有料でも月額数百円)

上記のとおりで、自作する場合は殆ど費用は掛からないです。

 

WordPressでランディングページを作る手順

WordPressでランディングページを作る手順は下記のとおりです。

  • 手順①:ランディングページの構成を考える
  • 手順②:WordPressをインストールする
  • 手順③:ランディングページが作れるテーマをインストールする
  • 手順④:固定ページでランディングページを作る
  • 手順⑤:表示チェックを行う

上記のとおりです。

手順①:ランディングページの構成を考える

最初に、ランディングページの構成を考えましょう。

ランディングページの作り方を3つの手順で解説【初心者でも作れる】」という記事でも解説しているとおり、ランディングページは構成が命です。

構成を考えずにWordPressでランディングページを作ろうとしても、多分、パソコンの前でフリーズするだけで何も進まないと思います。

ざっくりで構わないので、最低限の構成は考えておきましょう。

 

なお、ランディングページのよくある構成は下記のとおりです。

  • キャッチコピー
  • サブキャッチ(キャッチコピーを補足する文章)
  • 読み手の共感を得るための箇条書き(「こんな悩みはありませんか?」等の文章)
  • 商品・サービスの提案
    • スペック:品質や性能、こだわった部分など
    • メリット: どのように役立つのか。
    • ベネフィット:どのような変化が得られるのか。
  • 顧客の声(極力、あった方が良い。)
  • 商品やサービスを購入する流れ
  • よくある質問とその回答
  • クロージング(今買うべき理由を提示します。例えば、今だけ○%割引、期間限定など。
筆者がランディングページを作る時も、だいたい上記の流れで構成を作ります。

 

上記構成を文書作成ソフトなどを使って文章の下書きを作っておくと、ランディングページ作成がスムーズに進みます。

ランディングページに記載する文章が全然浮かばない場合

ランディングページに記載する文章が全く浮かばない場合、競合他社のランディングページをパクるか、本の内容をパクればOKです。

実際、この記事を書いている筆者も、文章が浮かばない時は競合他社のランディングページをパクったり、本の内容をパクって文章を作ってます(コピペは絶対ダメですよ)。

 

ちなみに、筆者がよく参考にしている本は2冊あります。

下記は、ランディングページ全体の構成を考える時によく読んでいます。

下記の本は、キャッチコピーが浮かばない時によく読みます。

上記の他に、「ランディングページの作り方が学べるおすすめな本5冊【作り方の手順も解説】」という記事でおすすめな本を紹介していますので、興味のある方は是非どうぞ。

手順②:WordPressをインストールする

ランディングページの構成を考えたら、WordPressをインストールしましょう。

すでにインストール済みの方は、「手順③:ランディングページが作れるテーマをインストールする」に進んで下さい。

 

なお、WordPressは以下のサーバーであれば、インストール作業不要で、ブログ感覚でスタートできます。

ちなみに、この記事を書いている筆者は、上記両方のサーバーを利用しています。

具体的なインストール方法は、下記記事で詳しく解説していますので、是非どうぞ。

手順③:ランディングページが作れるテーマをインストールする

WordPressをインストールしたら、ランディングページが作れるテーマをインストールしましょう。

 

ちなみに、ランディングページが作れるテーマは色々ありますが、おすすめは下記3つです。

  • Colorful(カラフル):デザイン性の高いランディングページが作れる
  • LIQUID LP:シンプルなページが作れる
  • Emanon Pro:ランディングページ作成機能を実装した企業向けテーマ

上記で紹介しているテーマの他に、「【WordPress】ランディングページが作れるテーマ13選【無料あり】」という記事で色々紹介していますので、是非参考にして下さい。

 

ちなみに、この記事を書いている筆者は、Colorfulをメインに使用してます。

手順④:ページを作る

テーマをインストールしたら、ページを作りましょう。

手順①:ランディングページの構成を考える」で構成を作っていれば、文章はコピペするだけでOKです。

 

ページを作成する際にデザイン素材が必要になりましたら、下記の記事で紹介している素材サイトやツールを使えば無料で使えますので、是非どうぞ。

お問い合わせフォーム

ランディングページにお問い合わせフォームを設置する場合、下記ツールを使えば簡単にフォームを設置できます。

決済ツール

ランディングページの目的が商品販売という事であれば、決済ツールが必要になります。

下記記事で簡単にネットショップが作れるツールを紹介していますので、是非どうぞ。

メール配信ツール

ランディングページの目的が資料請求の獲得の場合、メール配信ツールを使ってフォローステップメールを設定すれば、見込み客に自動でアプローチできます。

手順⑤:表示チェックを行う

ページができ上がったら、表示チェックを行ない、問題なければページを公開しましょう。

以上でWordPressでランディングページを作る方法は完了です。

 

ランディングページを作る時の注意点は2つ

最後に、ランディングページを作る時の注意点を2つ解説します。

  • 完璧を目指さない
  • 作りっぱなしにしない(PDCAを回す)

上記のとおりです。

完璧を目指さない

ランディングページを作る時に完璧を目指すのは止めた方が良いです。

完璧を目指すといつまで経っても公開できなくなりますし、時間だけが無駄に過ぎてしまいます。

筆者個人的な肌感覚としては、6〜7割程度の完成度で公開した方が良いです。

 

そもそも、自分の中では「完璧なページが作れた」と思ったとしても、公開してみたら「反応が殆どない」ということはよく起こります。

作ったページがどうなるかは、公開してみないと分かりませんので、完璧を目指さずに、公開した方が良いです。

作りっぱなしにしない(PDCAを回す)

ランディングページは「作って公開したら終わり」ではありません。

Webサイト(ブログ・ホームページ)と同じで、公開してからがスタートです。

 

下記PDCAサイクルを回す事で、少しずつ成約率が改善されるようになります。

  • アクセス解析を行う
  • クリック率、成約率の測定を行う
  • 改善する

一度作ったら放置せず、A/Bテストなどを行い、成約率が少しでも上がるように改善しましょう。

 

まとめ

以上、WordPressでランディングページを作る方法を解説しました。

おわり。

 

 

人気記事Web集客におすすめなメール配信システム4選【ニーズ別に紹介】

人気記事【無料あり】メールマーケティングにおすすめなツール3選【販売を自動化】

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました