Joomla!からWordPressへ移行する方法【手順や注意点を解説】

Joomla!からWordPressへ移行する方法【手順や注意点を解説】WordPress

Joomla!(ジュームラ)からWordPressへの移行方法をお探しの方向け。

 

Joomla!からWordPressに移行する方法は、「FG Joomla to WordPress」というプラグインを使うことで簡単に移行できます。

この記事では、Joomla!(ジュームラ)からWordPressへ移行する手順を解説します。

スポンサーリンク

Joomla!からWordPressに移行する【全体像】

Joomla!からWordPressに移行する全体像は次のとおりです。

  1. WordPressをインストールする
  2. 移行プラグイン FG Joomla to WordPress をインストール
  3. FG Joomla to WordPress の設定を行う
  4. Joomla!サイトの URL・データベース情報を入力
  5. データベースの接続テスト後に移行開始
  6. Joomla!サイトのコンテンツが移行できたか確認
  7. サイトの調整(投稿から固定ページへ変換、リダイレクト設定など)

本記事では、上記の順に解説していきます。

Joomla!からWordPressに移行する時の注意点

「FG Joomla to WordPress」というプラグインを使ってJoomla!からWordPressサイトに移行すると、Joomla!で作成したページは全て「投稿」に入ってしまいます。

通常、会社概要、個人情報保護方針、サービス案内等といったページは固定ページで作成すると思いますが、こうしたページが全て「投稿」に入ってしまうのです。

そのため、移行後に固定ページと投稿を分ける作業が発生するので、「プラグインを使えば簡単に移行完了!」という訳にはいきません。

ページ数が多いと、ある程度の作業時間が必要になります。

ただ、投稿から固定ページに一括で変換できるプラグインがありますので、プラグインを使えばそこまで時間はかからないと思います。

記事の後半で一括変換する方法を解説していますので、本記事の手順どおりに移行作業を進めれば問題ありません。

 

Joomla!からWordPressに移行する手順

Joomla!からWordPressに移行する手順を解説します。

  • 手順①:WordPressをインストールする
  • 手順②:移行プラグイン FG Joomla to WordPress をインストール
  • 手順③:FG Joomla to WordPress の設定
  • 手順④:Joomla!サイトの URL・データベース情報を入力
  • 手順⑤:データベースの接続テスト後に移行開始
  • 手順⑥:Joomla!サイトのコンテンツが移行できたか確認
  • 手順⑦:サイトの調整(投稿から固定ページへ変換、リダイレクト設定など)

上記のとおりです。

手順①:WordPressをインストールする

最初に、Joomla!サイトのコンテンツの保存先となるWordPressサイトを用意する必要がありますので、サーバーの適当なスペースにWordPressをインストールします。

 

ちなみに、WordPressをインストールする方法は「WordPressでアフィリエイトを始める手順を5ステップで解説【超初心者向け】」で解説していますので、是非どうぞ。

手順②:移行プラグイン FG Joomla to WordPress をインストール

WordPressをインストールしたら、Joomla!からWordPressへのデータ移行を行うプラグイン「FG Joomla to WordPress」をインストールします。

FG Joomla to WordPressをインストールする手順

ダッシュボード>プラグイン>新規追加 を選択します。

プラグイン検索窓に「FG Joomla to WordPress」と入力するとプラグインが表示されますので、「今すぐインストール」をクリックします。

インストール終了後「有効化」をクリックして、プラグインを有効化します。

手順③:FG Joomla to WordPress の設定

プラグインを有効化したら、「FG Joomla to WordPress」の設定を行います。

ダッシュボード>ツール>インポート を選択します。

①インポートをクリックすると、「Joomla(FG)」という項目がありますので、②「インポーターの実行」をクリックします。

設定画面が表示されますので、ここで移行時の設定を行うのですが、このプラグインは、インストールしたら初期設定のまま使えますので、特に何か設定する必要はありません。

サンプル記事を消したい方はチェックを入れる

WordPressのインストール時に入っているサンプル記事を削除したい方は、下図の場所にチェックを入れて下さい。

他は何もする必要がありません。

手順④:Joomla!サイトの URL・データベース情報を入力

旧サイト(Joomla!)のURLやデータベース情報を入力します。

各項目の詳細は次のとおりです。

  1. URL of the live Joomla web site:Joomla!サイトのURLを入力します
  2. Hostname:ホスト名を入力します
  3. Port:このままでOKです
  4. Database:データベース名を入力します
  5. Username:データベースのユーザー名を入力します
  6. Password:データベースのパスワードを入力します。
  7. Joomla Table Prefix:データベースプレフィックス(接頭辞)を入力します。

データベース情報を忘れてしまった方は

Joomla!サイトのデータベース情報を忘れてしまった方は、Joomla!の管理画面にログインすると確認できます。

システム>グローバル設定 を選択し、「サーバ」というタブをクリックすると下図のような画面が表示されますので、ここでJoomla!サイトのデータベース情報を確認できます。

ちなみに、データベースのパスワードはこの画面では確認できないので、パスワードを忘れてしまった方はシステムファイルを開いて確認します。

データベースパスワードは「configuration.php」で確認できる

Joomla!をインストールしているローカルファイルに「configuration.php」というシステムファイルがあります。

このファイルを開くと、データベース情報を確認する事ができます。

「configuration.php」ファイルの52行目に「public $password =”xxxxxxxxxx(パスワード)”」という項目がありますので、ここでデータベースのパスワードを確認できます。

データベースへの接続テスト後、移行開始

Joomla!サイトのURLとデータベース情報を入力したら、「Test the datebese connection」をクリックします。

Joomla!サイトのURL・データベース情報が正しく入力されていれば、「Connection successful」と表示されます。

接続テストが成功したら、画面下に移動します。

ここでも特に設定することが無いので、「Start / Resume the import」をクリックして移行作業をスタートします。

「Start / Resume the import」をクリックすると、Joomla!サイトからデータを取り込みます。

何秒か待つと100%と表示されます。

以上でJoomla!からWordPressへのデータ移行は完了です。

手順⑥:Joomla!サイトのコンテンツが移行できたか確認

Joomla!サイトのコンテンツが移行できたか確認します。

投稿一覧を選択すると、コンテンツが全て移行されたことが確認できます。

画像データも全てJoomla!サイトから移行できているか確認します。

こちらはメディアを選択すれば確認できます。

手順⑦:サイトの調整(投稿から固定ページへ変換、リダイレクト設定など)

コンテンツの移行が完了したら、最後にサイトの調整を行います。

主な調整項目は次のとおりです。

  • サイト名、キャッチフレーズ(ディスクリプション)の修正
  • 投稿から固定ページを選別して、固定ページへ変換
  • サイト運営に必要なプラグインの追加
  • テーマの選定
  • カテゴリ階層の修正

「FG Joomla to WordPress」を使って移行すると、コンテンツと画像データをコピーできますが、その他の情報はコピーできません。

そのため、サイト名やサイトのディスクリプション、カテゴリ階層の修正を自分で調整する必要があります。

 

ちなみに、ディスクリプションの言葉の意味については「【SEO】meta descriptionとは?文字数や書き方、設定方法を解説」をどうぞ。

投稿から固定ページを選別し、固定ページへ変換する

Joomla!からWordPressに移行する時の注意点」でJoomla!サイトをWordPressに移行すると、全てのページが投稿に入ってしまうと説明しましたが、WordPressに移行すると投稿と固定ページを選別する手間が発生します。

1ページずつ個別に設定するのは非常に面倒なので、プラグインを使って一括で変換すると楽です。

投稿と固定ページを変換するには、「pTypeConverter」というプラグインがあります。

「pTypeConverter」の詳しい使い方は「投稿や固定ページを一括で変更できるプラグイン「pTypeConverter」の使い方を解説」をどうぞ。

旧URLから新URLへ自動転送(301リダイレクト)

Joomla!からWordPressへ移行すると、記事のURLが変更されます。

URL変更を放置すると、旧URLへアクセスしてきたユーザーに「404エラー(存在しないURLへのアクセス)」が表示されてしまいます。

ユーザービリティの観点から、こうした問題を放置するのは好ましくありません。

そこで、旧URLにアクセスがあった際に、新URLへ強制的にジャンプさせる「自動転送(301リダイレクト)」を設定しましょう。

リダイレクトを設定することで、旧URLに訪問してきたユーザーに「404エラー」というページを表示させずに済みます。

また、検索エンジンにURLが変更したという事を通知することができるため、旧URLの評価を引継がせることができます。

リダイレクトの設定方法については「【WordPress】URL変更で旧URLから新URLへ自動転送(リダイレクト)する方法を解説」をどうぞ。

 

まとめ

以上、Joomla!サイトからWordPressサイトへの移行する方法を解説しました。

Joomla!で作成したコンテンツはプラグインで簡単にコピーできますが、カテゴリ等はご自身で修正する必要があります。

この辺りが面倒かもしれませんが、コンテンツをまとめて移行できるのは楽なので、Joomla!からWordPressに移行される方は、「FG Joomla to WordPress」を使って移行される事をおすすめします。

 

ちなみに、WordPressサイトへ移行後はテーマ変更もお忘れなく。

 

人気記事【無料あり】オンラインプログラミングスクールおすすめ3選【通学不要】

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました