WordPressの初期設定【インストールしたら最初にやっておきましょう】

WordPressの初期設定【インストールしたら最初にやっておきましょう】WordPress
  • サーバーにWordPressをインストールしたら、記事を書く前に初期設定をした方が良いみたいだけど、どこを設定すれば良いのかな?
  • 必ずやるべき初期設定や、注意点があれば知りたいよ。

この記事では、こういった疑問にお答えします。

 

本記事の内容

  • WordPressのインストール後にやるべき初期設定は3つ
  • WordPressの初期設定の注意点は1つ
  • WordPressの初期設定後にやるべきことは2つ

 

なお、この記事を書いている筆者は、WordPressで複数のWebサイトやブログを運営しており、当サイトもWordPressブログで運営しています。

WordPress歴は8年以上あり、2018年にはWordPressサイトの作り方をレクチャーするワークショップも行ってました。

こういった経験や実績を元に、WordPressをインストールした後の初期設定を詳しく解説していきます。

 

ちなみに、まだWordPressをインストールしていない方は、「【簡単】WordPressブログの始め方【全手順を図解入りで解説】」という記事で簡単にインストールする方法を解説していますので、是非どうぞ。
スポンサーリンク

WordPressのインストール後にやるべき初期設定は3つ

WordPressのインストール後にやるべき初期設定は3つあります。

  • 設定①:一般設定
  • 設定②:ディスカッション設定(コメント機能)
  • 設定③:パーマリンク設定(URL表示形式の設定)

上記のとおりです。

設定①:一般設定

まずは一般設定を行います。

ダッシュボード左側メニューの
設定>一般 を選択します。

下図のように一般設定の画面が表示されます。

ここでは、タイトルとキャッチフレーズ、URLを確認します。

一般設定で確認する項目は次のとおりです。

  • ①サイトのタイトル:タイトルを変更したい方はここで変更します。
  • ②キャッチフレーズ:「Just another WordPress site」と入力されていますので削除します(空白でOKです)。
  • ③アドレス(URL):URLが「https://~」で始まっているか確認します。

タイトル・キャッチフレーズ・アドレスを変更したら、画面下部にある「変更を保存」をクリックして、設定を保存しましょう。

アドレス(URL)が「http://」になっている場合

エックスサーバーの簡単インストールを使ってWordPressをインストールすると、アドレスが「http://」になっている場合があります。

この場合、SSL設定が反映されていることを確認してから、「https」に修正しましょう。

SSL設定が反映されていない状態で「https」と変更してしまうと、WordPressにログインできなくなりますので、ご注意下さい。

もし万が一、ログインできなくなった場合、サーバーのphpMyAdminにログインしてデータベース情報を修正することになります。

設定②:ディスカッション設定(コメント機能)

ディスカッション設定では、記事のコメントに関する設定を行います。

  • コメントを受け付けたい方 → 初期設定のままOKです(アバターを変えたい方は変更します)。
  • コメントを一切受け付けたくない方 → 要設定

 

なお、コメントを許可しておくと、海外経由でスパムコメントをバンバン書き込まれるようになり、非常に鬱陶しくなりますのでご注意下さい。

コメントの停止方法

コメントを停止するには、「デフォルトの投稿設定」という項目にある「新しい投稿へのコメントを許可」のチェックを外せばOKです。

チェックを外したら、画面下にある「変更を保存」ボタンをクリックすると、設定が反映されます。

設定③:パーマリンク設定(URL表示形式の設定)

パーマリンク設定では、WebサイトやブログのURLの表示方法を設定できます。

パーマリンクとは、投稿・固定ページや、カテゴリー等の投稿一覧ページ等の恒久的(半永久的)なURLの事をいいます。

ダッシュボード>設定>パーマリンク設定 を選択します。

 

初期状態は「日付と投稿名」にチェックが入っていますので、下図のように「投稿名」にチェックを入れ、設定を保存します。

上図の「カスタム構造」という項目が「/%postname%/」となっていればOKです。

 

WordPressの初期設定の注意点は1つ

WordPressの初期設定を行う際、注意点が1つだけあります。

  • パーマリンク設定を後回しにしない

上記のとおりです。

パーマリンク設定を後回しにしない

パーマリンクの設定は後回しにしないようにしましょう。

理由は2つあります。

  • 検索エンジン対策上、好ましくない
  • サイト内のURL変更作業が面倒

良い事は1つも無いので、インストールしたらすぐにパーマリンクを設定しましょう。

 

WordPressの初期設定後にやるべきことは2つ

WordPressの初期設定後にやるべきことが2つあります。

  • ユーザーIDを表示させないようにする
  • 不要なページ、テーマの削除

上記のとおりです。

ユーザーIDを表示させないようにする

テーマにもよるのですが、ページを公開すると投稿者情報(ユーザーID)が表示されることがあります。

ユーザーIDは、WordPressのダッシュボードにログインする際に使用する、重要な情報ですので、極力、第三者に知られないようにする必要があります。

 

ユーザーIDを表示させないように、ユーザー設定で「ニックネーム」に変更しましょう。

ユーザーIDをニックネームに変更する方法

ユーザーIDをニックネームに変更する方法を解説します。

①ダッシュボード左側メニューの「ユーザー」を選択すると、下図ユーザー設定画面が表示されますので、②「ユーザー名」を選択します。

ユーザープロフィールが表示されますので、「ニックネーム(必須)」という項目に、ニックネームを追加して、ブログ上の表示名を変更します。

①「ニックネーム(必須)」に任意の名称を入力し、②「ブログ上の表示名」をクリックすると、入力した名称が表示されますので、ニックネームを選択します。

ニックネームに変更したら、設定画面の下にある「プロフィールを更新」をクリックして設定を保存します。

画面右上を見ると、ユーザーIDの表示から、ニックネームの表示に変更されていることが確認できます。

これで、投稿でも「ユーザーID」が表示されなくなりますので、第三者にユーザーが知られる事はありません。

 

もし、複数のユーザーを追加する場合、必ずニックネームに変更するようにしましょう。

不要なページ・テーマ・プラグインの削除

WordPressをインストールとすると、サンプルページや無料テーマ、不要なプラグインが追加されます。

放置しておいても良いのですが、必要無いので削除しましょう。

  • サンプルページの削除
  • 不要なテーマの削除
  • 不要なプラグインの削除

上記の順に解説します。

サンプルページの削除

サンプルページは投稿と固定ページ、各1ページずつあります。

  • 固定ページ → サンプルページ
  • 投稿 → Hello world!

上記の順に解説します。

固定ページの「サンプルページ」の削除

固定ページの「サンプルページ」を削除します。

ダッシュボード>固定ページ>固定ページ一覧 を選択します。

固定ページ一覧に表示されているサンプルページにマウスカーソルを合わせ、「ゴミ箱へ移動」をクリックします。

「サンプルページ」が一覧から消えました。

これで、固定ページの削除は完了です。

投稿の「Hello world!」の削除

投稿にあるサンプル記事「Hello world!」を削除します。

ダッシュボード>投稿>投稿一覧 を選択します。

投稿一覧に表示されているサンプル記事にマウスカーソルを合わせ「ゴミ箱へ移動」をクリックすれば削除できます。

「Hello world!」が一覧から消えました。

以上で投稿のサンプル記事の削除は完了です。

不要なテーマの削除

次に、不要なテーマを削除します。

使わないテーマをインストールしておいても、ファイルサイズが重くなるだけです。

必要無いので削除しましょう。

初期状態でインストールされているテーマは、テーマインストールで何時でも無料で再インストールできます。

 

ダッシュボード>外観>テーマ を選択して、
テーマの管理画面に移動します。

インストール済みのテーマが一覧表示されます。

削除対処となるテーマにマウスカーソルを合わせると、「テーマの詳細」という項目が出現しますので、クリックします。

テーマの詳細が表示されますので、右下にある「削除」をクリックします。

画面上部に、テーマ削除の確認が表示されますので「OK」をクリックします。

先程のテーマが、削除されていることが確認できます。

同じ要領で、使わないテーマはどんどん削除しましょう。

以上で不要なテーマの削除は完了です。

不要なプラグインの削除

WordPressをインストールすると、「Hello Dolly」という不要なプラグインがインストールされます。

使う事はありませんので、削除しておきましょう。

なお、WordPressをインストールしたサーバーによって、初期状態で入っているプラグインは異なりますが、とりあえず「Hello Dolly」だけ削除しておけばOKです。

 

エックスサーバー

エックスサーバーでWordPressをインストールすると、初期状態で3つのプラグインが入っています。

「Akismet Anti-Spam (アンチスパム)」は必要ですが、以下のプラグインは使わない場合が殆どなので、削除しても問題ありません。

  • Hello Dolly
  • TypeSquare Webfonts for エックスサーバー

 

ConoHa WING

ConoHa WINGでWordPressをインストールすると、初期状態で7つのプラグインが入っています。

「Akismet Anti-Spam (アンチスパム)」、「WP Multibyte Patch」、「ConoHa WING 自動キャッシュクリア」は必要ですが、以下のプラグインは使わない場合が殆どなので、削除しても問題ありません。

  • Hello Dolly
  • ConoHa WING コントロールパネルプラグイン
  • SiteGuard WP Plugin
  • TypeSquare Webfonts for ConoHa

 

まとめ

以上、WordPressのインストール後にやるべき初期設定を紹介しました。

おわり。

 

 

人気記事【無料あり】オンラインプログラミングスクールおすすめ3選【通学不要】

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました