【悲報】自分のブログを検索しても記事が表示されない!【原因と対策を解説】

SEO
  • 自分のブログ記事が検索結果に表示されないのだけど、何でかな?
  • 記事タイトルをコピーして検索しても、全く表示されないよ。
  • 検索結果に表示されない原因や対処法を教えて欲しいよ。

この記事では、こういった疑問にお答えします。

スポンサーリンク

自分のブログ記事が検索結果に表示されない原因は1つ

自分のブログ記事を検索エンジンで調べた際に、検索結果に表示されない原因は1つです。

  • あなたの書いた記事が検索エンジンに認識されていない

上記のとおりです。

あなたの書いた記事が検索エンジンに認識されていない

検索エンジンの仕組みや上位表示を獲得する最適化方法について解説」でも解説しているとおり、検索エンジンはクローラーと呼ばれるロボットがリンクを辿りながら巡回し、Webページの情報を認識しています。

クローラーが認識したページは検索エンジンのデータベースに登録されます。

このことを「インデックス」と呼びます。

検索エンジンは新しく公開された記事をリンクを辿って発見するので、リンクを辿れないと認識して貰えず、インデックスされません。

つまり、クローラーが見つける事ができた記事はインデックスされて、検索結果に表示されるようになり、クローラーが見つけられなかった記事は、検索結果には表示されないのです。

 

ブログ記事を検索エンジンに認識してもらう方法は3つ

  • 対策①:sitemapを登録する
  • 対策②:新着記事をインデックスしてくれるプラグイン「PubSubHubbub」を使う
  • 対策③:Googleサーチコンソールで直接URLを登録する

上記のとおりです。

対策①:sitemap(サイトマップ)を登録する

「sitemap(サイトマップ)」とは、Webサイト全体のページ情報(URL)をリスト形式で記述したファイルの事をいいます。

サイトマップを検索エンジンに登録する事で、検索エンジンのクローラーがWebページの情報を収集しやすくなり、ページの情報がインデックスされるようになります。

Webサイトやブログを立ち上げて、サイトマップを登録してい方は必ず登録するようにしましょう。

サイトマップを検索エンジンに登録する方法は、以下の記事で解説していますので、参考にして下さい。

対策②:新着記事をインデックスしてくれるプラグイン「PubSubHubbub」を使う

新着記事を素早くインデックスしてくれる「PubSubHubbub」というプラグインを入れておくことで、記事を公開したら素早くインデックスされるようになります。

ちなみにこのプラグイン、あくまで「新着記事」が対象なので、過去記事は対象外となります。

とはいえ、プラグインを入れておけば、新しい記事を書いた時に素早くインデックスされるようになりますので、プラグインを入れておくことをおすすめします。

「PubSubHubbub」の使い方は、以下の記事で解説していますので参考にして下さい。

対策③:Googleサーチコンソールで直接URLを登録する

プラグインを入れたくないという方は、Googleサーチコンソールの画面から直接新しい記事のURLを送信するという方法があります。

やり方は非常に簡単で、まずはGoogleサーチコンソールにログインします。

Google Search Console

サーチコンソールにログインすると、画面の上部に検索窓がありますので、ここに新しい記事のURL、エンターキーを押します。

エンターを押すと以下の画面が表示されますので、10秒ぐらい待ちます。

データのチェックが終了すると、以下のように「URLがGoogleに登録されていません」と表示されますので、右下にある「インデックス登録をリクエスト」をクリックします。

「公開 URL がインデックスに登録可能かどうかをテストする」という表示のポップアップが表示されますので、数十秒待つと、「インデックス登録をリクエスト済み」というポップアップが表示されます。

以上でインデックス登録は完了です。

 

ブログ記事が検索エンジンに認識されているか確認する方法は2つ

  • Googleサーチコンソールのカバレッジで確認する
  • 検索窓に「site:調べたいドメイン名」と入力して確認する

上記のとおりです。

Googleサーチコンソールのカバレッジで確認する

ブログ記事が検索エンジンに認識されているかどうかは、Googleサーチコンソールで確認できます。

左側メニューにある「カバレッジ」をクリックすると、インデックス状況がチェックすることができます。

検索窓に「site:調べたいドメイン名」と入力して確認する

検索エンジンの仕組みや上位表示を獲得する最適化方法について解説」でも解説しているとおり、検索で「site:調べたいドメイン」と入力すると、インデックス状況を確認することができます。

インデックス状況を確実に調査するならGoogleサーチコンソールがおすすめ

SEO界隈では超有名な「海外SEO情報ブログ」を運営している鈴木さんによると、インデックス状況を確実に調査するなら、「site:調べたいドメイン名」で検索するのではなく、サーチコンソールの「カバレッジ」で確認した方が良いとの事です。

管理サイトのインデックス状況を調べる際に site: 検索を使ってはいけません。
site: 検索はインデックスを調査する目的で提供されているツールではないからです。
インデックス状況を確実に調査したいのであれば、Search Console を利用します。

出典:Google検索のインデックス確認にsite:を使ってはいけない、Search Consoleを使う | 海外SEO情報ブログ

詳しい内容については出典元のサイトをご確認下さい。

 

まとめ

以上、検索エンジンで自分のブログを検索しても記事が表示されない時の原因や対策について解説しました。

おわり。

 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました