【2021】Amazonファッションタイムセールでお得に買い物する方法

Web集客にブログは必要?【中長期的にはあった方がコスパが高い】

Web集客にブログは必要?【中長期的にはあった方がコスパが高い】Web集客
  • Web集客に取り組もうと思っているけど、ブログって必要なのかな?
  • 記事を書くのが面倒だから、なるべくならブログはやりたくないけど、無いと集客できないかな?
  • Web集客で成果を上げたいから、詳しく教えて欲しいよ。

この記事では、こういった疑問にお答えします。

スポンサーリンク

Web集客にブログは必ずしも必要とは限らない【結論】

Web集客に取り組もうと考えた際、「ブログが必要かどうか?」、「ブログが無くても集客できるならやりたくない」とお考えの方は多いと思います。

ブログ運営は「記事を書く」という運用負荷が発生しますので、文章を書くことに慣れていない方は、ブログ運営は極力避けたいところだと思います。

このことについて、先に結論を言ってしまうと、Web集客にブログはかならずしも必要なわけではありません

ブログが無くても仕組みさえあればWeb集客は可能です。

ブログがなくても仕組みがあればWeb集客はできる

ブログが無くても仕組みがあればWeb集客はできます。

Web集客はブログの有無より、仕組みの有無が重要なポイントとなりますので、ブログが無いからといってWeb集客ができないということはありません。

 

極論、下記2つのツールさえあれば、Web集客は可能です。

  • ランディングページ:メルマガ登録、商品販売ページ
  • メール配信システム:ステップメール、メルマガ

 

実際、ランディングページとメール配信システムの2つだけを使って、何年も集客し続けている方はいますし、筆者も新規ビジネスを立ち上げる時はこの2つしか準備しません。

準備が面倒ということもありますが、実務上、ランディングページの構成・原稿、ステップメールの構成・原稿を考えるとブログまで手が回りませんので、ランディングページとメール配信システムだけ準備すれば、後は仕組みを作るだけでWeb集客はできます。

 

ちなみに、「ランディングページの作り方を3つの手順で解説【初心者でも作れる】」という記事でランディングページの作り方を解説していますので、是非どうぞ。

 

また、Web集客に使うメール配信システムのおすすめを以下の記事で紹介していますので、メール配信システムを利用した事が無い方は、以下の記事もどうぞ。

広告を出稿すればすぐにアクセスを増やせる

ブログがなくても仕組みがあればWeb集客は可能」という項目で、ランディングページを作るとお伝えしましたが、基本的に作ったばかりのページは検索で上位表示される事はありません。

下手すると、上位表示どころか全く表示されないという事も考えられます。

 

普通にしていれば誰の目にも触れることがないページですが、下記のWeb広告を出稿することで、作ったばかりのページに見込み客のアクセスを集める事ができます。

  • Googleアドワーズ
  • Yahoo!プロモーション広告
  • Facebook広告

 

ページにアクセス流入さえあれば、無料プレゼントや無料お試し等のオファーコンテンツと引き換えに、見込み客リストを獲得することができます。

見込み客リストを獲得すれば、後はステップメールやメールマガジンで信頼関係を構築し、販売ページに誘導するだけで成果を上げることができるようになります。

 

このように、ブログが無くても広告を出稿すればアクセスを集めることができますので、Web集客に必ずしもブログは必要ではないのです。

ただし、中長期的な目線で考えるならブログは必要

ただし、中長期的な目線で考えるなら、ブログは必要です。

理由は、ブログが無いと広告頼りのビジネスモデルになってしまうからです。

 

ブログのアクセスはWeb広告のアクセスと違い、いくら流入があっても無料(タダ)です。

そのため、検索経由のアクセスが増えれば増える程、コストをかけずにページに誘導することができるようになります。

しかし、ブログのアクセスを増やすには時間がかかりますので、即効性はありません。

従って、短期的にはWeb広告で売上を作り、中長期的には検索経由のアクセスを増やすことに力を入れるのがベターです。

 

Web集客にブログが無い事によるデメリットは2つ

Web集客にブログが無い事によるデメリットは2つあります。

  • ブログが無いと広告頼りになるのでコスパが悪い
  • 広告費の予算が尽きたらアクセスが無くなる

上記のとおりです。

ブログが無いと広告頼りなのでコスパが悪い

ただし、中長期的な目線で考えるならブログは必要」という項目でも解説したとおり、ブログが無いと広告経由のアクセスしか無くなるため、広告を出稿し続けないとアクセスが増えないという、広告頼りのビジネスモデルになってしまうので、コスパが悪いです。

 

例えば、化粧品のような定期購入商品を扱っているようなビジネスモデルであれば、広告を出稿し続けても、利益計算がしやすいので、コスパを重視しなくても良いと思います。

しかし、単発の商品・サービスを販売するようなビジネスモデルの場合、広告に頼ると利益が広告費で殆ど食われてしまう危険性もありますので、そうなるとコスパは悪くなります。

広告費の予算が尽きたらアクセスが無くなる

広告メインでアクセスを増やす場合、広告費の予算が尽きた時点でほぼアクセスが無くなります。

アクセスが無いという事は、あなたの商品・サービスの露出が無くなることを意味しますので、予算が確保できるまでは、売上がゼロという状態になります。

広告費の予算が尽きれば露出が無くなりますから、当然、売上も無くなります。

 

まとめ:中長期的にWeb集客するならブログはあった方が良い

ブログは記事を書く手間がかかり、運用負荷が大きいので、Web集客でブログはやりたくないという方もいると思います。

 

また、「【ブログ初心者】記事を書いてもアクセス数が増えない【半年は我慢】」という記事でも解説しているとおり、ブログを開設してから3ヶ月~半年ぐらいは毎日のように記事を追加しても、そう簡単にはアクセスは増えません。

 

また、「【ブログ初心者】100記事以上書いてもアクセスが増えない原因10選」という記事でも解説しているとおり、100記事以上書いても、ブログのアクセスが全く増えないという事はザラにあります。

 

そのため、ブログ経由で収益を発生させることができるようになるまで、かなりの時間が必要となります。

ブログのアクセスが増えれば集客コストはゼロに近づく

ブログは時間がかかりますが、ブログのアクセスが増えれば集客コストはゼロに近づきます。

 

例えば、ランディングページに月間1,000アクセス集める場合。

1,000アクセス集めるために、ワンクリック100円で広告を出稿すると、10万円の広告費がかかります。

  • アクセス数:1,000
  • クリック単価:100円
  • 広告費:100,000円

毎月、広告を出稿すれば、毎月10万円の広告費が発生します。

 

しかし、ブログでアクセスを集める場合。

広告費は一切かかりませんので、どれだけアクセス集めても毎月の広告費はゼロです。

短期的な施策と中長期的な施策でバランスよく取り組むのがベスト

ブログはWeb集客に必ずしも必要ではありませんが、ブログがあれば広告頼りのビジネスモデルから脱却できます。

ですので、以下のようにバランス良く取り組む事が重要です。

  • 短期的な施策:広告メインで売上を上げる
  • 中長期的な施策:広告を徐々に減らし、ブログ経由の売上を徐々に増やす

 

期間限定で集客するならブログは必要ありませんが、中長期的に集客するのであれば、ブログはあった方が良いです。

 

なお、Web集客でブログ作る場合、無料ブログでブログを作るのだけはやめましょう。

【初心者】無料ブログの収益化はワードプレスと比較すると不利ですよ」という記事でも解説しているとおり、無料ブログはWeb集客には不向きです。

必ず、WordPressでブログを作るようにしましょう。

おわり。

 

 

人気記事【Twitter】効率的にフォロワーを増やすアカウント運用ツール「SocialDog」

人気記事デジタルコンテンツをダウンロード販売可能なツール5選【無料あり】

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました